ある日、朝4時過ぎごろのバイトの行きしに、
ガチガチ鳴る自転車(故障中)に乗りながらラジオ聞いてた。

85.1Mz のFM大阪。
これまで知らなかった、おっちゃんDJだった。

このおっちゃんがいい話してた。

今の子供たちに伝えたい5つの言葉、ってな内容だった。
(この人は小学校のPTAの会長さんで、子供たちにはレモンさんと呼ばれてるらしい)

聞きはじめのときは、
くっさいこといってんなー、どうせありがちなこと言って終わりでしょ、
って思ってた。

でも、実際はそうでもなかった。

その5つの言葉のひとつが、プライドって言葉だった。



よくオトナが、「あいつのせいでオレのプライドが傷つけられた」 とか言う。 でも、そういうのはプライドじゃない。 プライドっていうのは誰かに傷つけられたりするものじゃない。 プライドってのは、誰になんて言われても、たとえ誰も見てなくても、 オレってかっこいいって思えること。 いわば自尊心。
ほんとはもうちょっと長い話だったけど、要点はこんなカンジだったと思う。 これ聞いて、「プライドが傷つけられた」とか言ってる人は、 結局、他人に対する見栄や虚勢にすぎないんだって気づいて、ハッとさせられた。 逆に、たとえ他の人の理解が得られなくて、自分が軽視されてるって思うことがあっても、 自分の行動に自信を持っていれば、プライドを持って生きていけるんだってことにも。 自分の存在を否定されているようなときに、自分の行動に自信を持つのは難しいかもしれない。 でも、そういうときでも折れずに自分を支えてくれるものこそが、プライドなんだと思う。 プライドってのは、そんなことで欠けたり折たりするほど安っぽいもんじゃないんだ、きっと。 ちなみに、あとで調べたところ、 このFM大阪(85.1Mz)のおっちゃんDJの名前は、山本シュウさんで、 番組名は、「SHOO POWER REQUEST」(毎週金曜日25:00~29:00)。 Webサイト「レモンさん。.net」や書籍「レモンさんのPTA爆談」でおなじみの人、らしい。