必ず果し遂げんと思はん事は、機嫌を言ふべからず。

(必ずなし遂げたいことは、時機をとやかくいっている暇などない)

吉田 兼好「第155段」、『徒然草』