学ぶことそのものは本来独学であり、独学でなければならないのである。独学の姿勢こそ、学ぶ姿勢であり、学校教育によるか、よらないか、直接に師を持つか、持たないかは、何等関係のないことである。

池田 諭「序 独学時代がやってきた(現代は独学時代)
(池田 諭の会HPより)、
独学のすすめ―現代を生きる技術 (1963年)』より