僕はよく、「自殺する若者たちに向けて励ましの言葉を」と言われて、作家・ゴーリキーの言葉を引用します。彼自身、若い頃に自殺に失敗している人ですが、こう言うんです。「人生とはひどいものなんだ。。だけど君、自分で自分の命を、人生を放棄するほど、そこまでひどくはないよ」と。人生はすばらしい、ではなく、「惨たんたるものだ。かといって、退場するほどひどくはない」という言い方が、僕にはいちばん心の支えになりましたね。

五木寛之