いつだって選べる道は少なかった。時には道は1本しかなかった。その、少なかった可能性の中から自分で選んだ結果が、僕をここまで連れてきた。だからこそ僕はその選んだ道を……、選ばなくちゃならなかった道を、大切にしたい

Irvine Kinneas