「海外ネットビジネス見聞録」の記事一覧(2 / 10ページ)

クロードホプキンスの『広告マーケティング21の原則』がコピーライターたちに読み継がれてきた本当の理由とは?

本書を七回読むまでは、誰も広告に手を出すべきではない。

―――「広告の父」デイヴィッド・オグルヴィ(*1)

「広告の神様」クロード・C・ホプキンス(Claude C. Hopkins)
「広告の神様」
クロード・C・ホプキンス(Claude C. Hopkins)

広告の神様」と呼ばれるクロード・C・ホプキンス(Claude C. Hopkins)が書いた、『広告マーケティング21の原則』という本があります。(*2)

この『広告マーケティング21の原則』という本は、広告・コピーライティングについての古典として、いまでもたくさんのコピーライターやマーケターたちのあいだで読み継がれつづけている名著です。

「レジェンド」(伝説的存在)と呼ばれている過去の偉大なコピーライターたちも、現在、活躍している一流のコピーライターや大物マーケターたちも、みんな口をそろえて、クロード・C・ホプキンスの『広告マーケティング21の原則』を絶賛しています。

たとえば、「広告の父」と呼ばれているデイヴィッド・オグルヴィや、ジェイ・エイブラハムダン・ケネディなどの大物マーケターたちにビジネス戦略を教え、たくさんの億万長者を生み出してきた「マーケティング界のグル(大先生)」リッチ・シェフレンなども、この本を絶賛しています。

ここでは、「ビジネスを拡大させるうえで、『広告マーケティング21の原則』の本がどれだけ役に立ったか」ということについて、一流のコピーライターやマーケターたちが語っている絶賛の声を紹介します。

続きを読む

  1. 『広告マーケティング21の原則』の巻頭句より) [↩ Back]
  2. (『広告マーケティング21の原則』の英語の原題は、『Scientific Advertising
    です。) [↩ Back]

デイヴィッド・オグルヴィ(David Ogilvy)ってだれ? 『海外マーケッター列伝』

「広告の父」デイヴィッド・オグルヴィ(David Ogilvy)
「広告の父」
デイヴィッド・オグルヴィ(David Ogilvy)

デイヴィッド・オグルヴィは、「広告の父」と呼ばれる偉大な広告人です。

広告やマーケティングにたずさわるすべての人は、オグルヴィの本を読まなければならないと考えられているほど、現在も大きな影響を与え続けている人物です。

続きを読む

マイケルフォーティン(Michel Fortin)ってだれ? 『海外マーケター列伝』

マイケル・フォーティン(Michel Fortin)
世界的に有名なダイレクト・レスポンス・コピーライター
マイケル・フォーティン(Michel Fortin)

マイケル・フォーティンは、一流のダイレクト・レスポンス・コピーライターであり、起業家、マーケッター、作家、講演者、コンサルタントとしても活躍しています。

日本でも広く知られている、QUESTフォーミュラ(クエストフォーミュラ)や、3x3ヘッドラインルール(スリーバイスリーヘッドラインルール)、OATHフォーミュラ(オースフォーミュラ)などのコピーライティングにおける公式(フォーミュラ)の多くも、マイケル・フォーティンが最初に考案したものです。

ほかにも、ドラムの演奏を30年以上つづけていて、プロのドラマーとしても活動しています。

また、あまり知られていませんが、マイケル・フォーティンは、自分でワードプレスサイトを作成し、画像のデザインや、プログラミングまで、すべて一人でこなしてしまうほどの、ワードプレスマスターでもあります。

目次
  1. マイケル・フォーティンのブログに掲載されているコンテンツ・イズ・キング(太っ腹だぜマイケル・フォーティン!)
  2. QUESTフォーミュラや、3x3ヘッドラインルール、OATHフォーミュラなどの生みの親は、マイケル・フォーティンです
    1. QUESTフォーミュラ(QUEST Formula)(クエストフォーミュラ)
    2. 3x3ヘッドラインルール(3 x 3 Headline Rule)(スリーバイスリーヘッドラインルール)
      1. 人がもっとも追い求めている3つの「ゴール」(目標)
      2. 人がもっとも欲しがる3つの「ディザイア」(欲望)
      3. 人をもっとも行動に駆り立てる3つの「ティーザー」(じらし)
    3. お客さんが本当に買っているものとは?: 「フィーチャー」、「アドバンテージ」、「モーティブ」、「ベネフィット」の違い
    4. コピーライティングの5つの公式(フォーミュラ)のまとめ
  3. マイケル・フォーティンのブログに掲載されているコピーライティングのテクニック集
    1. マイケル・フォーティンがセールスレターを書くときにつかっている、コピーライティングの7ステップ
    2. 磁石のようにお客さんを引きつけるヘッドライン(見出し)を書くための7つのポイント
  4. ブログの無料コンテンツ:マイケル・フォーティンと一流のコピーライターたちの対談音声
    1. ゲイリー・ハルバートとマイケル・フォーティンの対談音声(1回目)
    2. ゲイリー・ハルバートとマイケル・フォーティンの対談音声(2回目)
    3. ジョン・カールトンとマイケル・フォーティンの対談音声
  5. ブログの無料コンテンツ:目標設定についてマイケル・フォーティンが書いた本『Drop Your Goals (And Manage Your Life)』
  6. ブログの無料コンテンツ:マイケル・フォーティンへのインタビュー
  7. ブログの無料コンテンツ:「広告の神様」クロード・C・ホプキンスの名著、"Scientific Advertising"(『広告マーケティング21の原則』)
  8. ブログの無料コンテンツ:ウォレス・D・ワトルズの名著、"The Science Of Getting Rich"(『富を手にする「ただひとつ」の法則』)
  9. 「おいらはドラマー♪ ロックなドラマー♪ おいらがコピーを書けば、嵐を呼ぶぜ♪」 嵐を呼ぶコピーライター、マイケル・フォーティン
    1. 一流のコピーライターには、アーティスト的な感性が必要なようです。
  10. ワードプレスマスターとしてのマイケル・フォーティン
  11. パワフルです!!!
  12. (※追記あり)奥さんのシルヴィー・フォーティンも起業家です
  13. マイケル・フォーティンのブログ、ソーシャルメディア
  14. マイケル・フォーティンについての関連記事

続きを読む

クロードホプキンス(Claude C. Hopkins)ってだれ? 『海外マーケッター列伝』

「広告の神様」クロード・C・ホプキンス(Claude C. Hopkins)
「広告の神様」
クロード・C・ホプキンス(Claude C. Hopkins)

 

本書を七回読むまでは、誰も広告に手を出すべきではない。
この本はわたしの人生の進路を変えた。

―――「広告の父」デイヴィッド・オグルヴィ(*1)

 

クロード・C・ホプキンス(Claude C. Hopkins)は、「広告の神様」と呼ばれる、有名な広告業界のレジェンド(伝説的な人物)です。

クロード・C・ホプキンスは、『広告マーケティング21の原則』という本のなかで、
「科学的な広告手法」という概念を提唱したことで有名です。

この本は、広告・コピーライティングについての古典として、いまでもたくさんのコピーライターやマーケターたちのあいだで読み継がれつづけている名著です。

「レジェンド」(伝説的存在)と呼ばれている過去の偉大なコピーライターたちも、現在、活躍している一流のコピーライターや大物マーケターたちも、みんな口をそろえて、クロード・C・ホプキンスの『広告マーケティング21の原則』を絶賛しています。

たとえば、「広告の父」と呼ばれているデイヴィッド・オグルヴィや、ジェイ・エイブラハムダン・ケネディなどの大物マーケターたちにビジネス戦略を教え、たくさんの億万長者を生み出してきた「マーケティング界のグル(大先生)」リッチ・シェフレンなども、クロード・C・ホプキンスのこの本を絶賛しています。

 

続きを読む

  1. 『広告マーケティング21の原則』の巻頭句より) [↩ Back]

ジョンカールトン(John Carlton)ってだれ? 『海外マーケッター列伝』

ジョン・カールトン(John Carlton)
世界トップクラスのコピーライター
ジョン・カールトン(John Carlton)

ジョン・カールトンは、世界トップクラスのコピーライターとして世界的に有名な人です。

また、彼はトッププレーヤーであるだけでなく、数多くの優秀なコピーライターを育ててきた教育者でもあります。

ジョン・カールトンからコピーライティングを学んだことで成功したコピーライターやマーケッター、コンサルタントは、世界中にたくさんいます。


ジョン・カールトン(John Carlton)のセミナーの映像

たとえば、「地球上で最も稼ぐコンサルタント兼コピーライター」と呼ばれ、マーケッターやコピーライター、コンサルタントとして、さまざまな輝かしい実績をもっているフランク・カーンという人がいます。

このフランク・カーンも、ジョン・カールトンからコピーライティングを学んで成功した人のひとりです。

フランク・カーン(Frank Kern)
フランク・カーン(Frank Kern)

フランク・カーンは、ジョン・カールトンにコピーライティングを学んだことで、世界トップクラスのマーケッターへと成長することができました。

つまり、ジョン・カールトンは、フランク・カーンにとって、コピーライティングの師匠だということです。

また、海外だけでなく、日本にも、ジョン・カールトンからコピーライティングを学んで成功した人がたくさんいます。

参考: コピーライティングのフックってなに?どうやって読み手を引き込むの? 『みんなのコピーライティング図鑑』

目次
  1. ジョン・カールトンの一番弟子、フランク・カーン(「地球上で最も稼ぐコンサルタント兼コピーライター」)
  2. ジョン・カールトンが、「片足のゴルファー」のセールスレターについて語っている映像
  3. マイケル・フォーティンとジョン・カールトンが、コピーライティングについて語り合う対談音声
  4. 「世界一のコピーライター」ゲイリー・ハルバートの息子とジョン・カールトンがコピーライティングについて語り合う対談音声
  5. ジョン・カールトンとハーラン・キルスティンのウェビナー映像
  6. 明日の「フック」のためのその1 「探偵ものの小説を読め!」
  7. ジョン・カールトンのセールスレター(ジョン・カールトンの教材やセミナーの販売ページ)
    1. 『シンプルライティングシステム』
    2. 『キックアスコピーライティングシークレット』
    3. 『ジョン・カールトン・フリーランスコース』
    4. プライベートコンサルティング
    5. プラチナマスターマインド
    6. 『マーケティングレベル・インサイダーズクラブ』
    7. 『ザ・マーケティングレベル・アクションセミナー』
    8. ウェブサイト制作
  8. 「Stay frosty」(ステイ・フロスティー)
  9. "Truth & order amidst the chaos"(トルース&オーダー・アミッドストゥ・ザ・カオス)
  10. ジョン・カールトンのブログ、ソーシャルメディア
  11. ジョン・カールトンについての関連記事

続きを読む

コピーライティングのフックってなに?どうやって読み手を引き込むの? 『みんなのコピーライティング図鑑』

Captain Hook, Smee and a Crocodile(*1)

コピーライティングの世界には、「フック」(hook)という言葉があります。

この「フック」という言葉は、

「セールスレター(販売ページ)の冒頭のヘッドライン(見出し)に『フック』の要素を入れて、読者を引きつけて、先を読まずにはいられなくさせる」

といったようなかんじでつかわれる専門用語です。

この「フック」(hook)という言葉の、本来の意味は、「留め金」や「鉤」(かぎ)、「つるす」、「引っかける」というような意味です。

たとえば、『ピーターパン』に、「フック船長」という登場人物が出てきます。

あのフック船長は、時計ワニに左手を食べられてしまったあとに、義手として左手に鉤爪(かぎづめ)をつけました。

フック船長が「フック」と呼ばれているのは、左手に鉤爪(フック(hook))をつけているのが特徴的だからです。

ちなみに、時計ワニに左手を食べられてしまったせいで、フック船長はワニが苦手になってしまいました(笑)。

Captain Hook(*2)

このように、「フック」(hook)というのは、もともとは、「留め金」や「鉤」(かぎ)、「つるす」、「引っかける」という意味でつかわれていました。

ですが、そこから派生して、だんだんと、「(魚を)釣る」、「(人を)とりこにする」、「(人を)引きつけるもの」という意味ももつようになっていきました。

コピーライティング用語としての「フック」の意味としては、この「(魚を)釣る」、「(人を)とりこにする」、「(人を)引きつけるもの」という意味の方がちかいです。

コピーライティング用語としての「フック」の意味

コピーライティングの世界で言う「フック」(hook)という言葉の意味は、 続きを読む

  1. Captain Hook, Smee and a Crocodile by Isidro Urena Photography, on Flickr) [↩ Back]
  2. Captain Hook by Mark Dumont, on Flickr) [↩ Back]

ライアン・ダイス(Ryan Deiss)ってだれ? 『海外マーケッター列伝』

ライアン・ダイス(Ryan Deiss)
ライアン・ダイス(Ryan Deiss)

ライアン・ダイス(Ryan Deiss)は、インターネットマーケティングの世界で10年以上活躍している有名なマーケッターです。彼は、ソーシャルメディアマーケティングや、継続課金モデル、ブログ、メールマーケティングなどのエキスパートです。

彼は25歳のときに複数のインターネットビジネスを立ち上げ、数億円の年収を得るようになりました。その後、30歳のときに、 続きを読む

YouTube動画に外部サイトへの外部リンクのアノテーションをつけてオプトイン登録へ誘導する方法

生中継ライブウェビナーを無料で実施できる「ハングアウト オンエア」

どうも、倉田です。

Google+の「ハングアウトオンエア」という機能をつかえば、
視聴者数の上限はなく、無料で、生放送のウェビナーを実施することができます。

(注: ウェビナー = ウェブセミナー)

(ただ、ウェビナー内の会話に参加できるのは10人までです。)

ハングアウトオンエアをつかえば、
iPhoneなどのスマートフォンでも、
このウェビナーを見ることができます。

ここでは、
海外マーケッターたちが、ハングアウトオンエアをつかって
生中継のライブウェビナーをおこなっている実例や、

有名人がハングアウトオンエアをつかって
生放送をおこなっている実例を紹介します。

続きを読む

YouTube動画の画面内にオプトイン登録フォームやリンクを表示させるツール「LeadPlayer」(リードプレーヤー)

LeadPlayer(リードプレーヤー)

どうも、倉田です。

YouTube動画画面内
オプトイン登録フォームを表示させて
動画を見た人にオプトインしてもらったり、

動画内にテキストリンク(ボタン)を表示させて
セールスレターや、オプトインページに誘導する、

そんな夢のようなツールを見つけちゃいました☆
(o≧ω≦)O

ここでは、このツール「LeadPlayer」(リードプレーヤー)を紹介します。

続きを読む

全世界で100万人が読んだマニフェストが完全版で日本上陸!

リッチ・シェフレンが語る
「仕事量を減らし、労働時間を短くしながら、利益を増やしていく方法」についての
2時間のセミナー映像のDVDが付いた
2,980円の『インターネットビジネスマニフェスト』の完全版の日本語本が
今だけほぼ無料で配布されています。


『ザ・ローンチ(世界一効率的に億万長者になる方法)』著者:ジェフ・ウォーカー

『ザ・ローンチ (世界一効率的に億万長者になる方法)』
著者:ジェフ・ウォーカー


専業主夫が、たった7日で1000万円以上の売上を達成し、
「1日1億円の売上」を常識にした販売手法を、あなたにも。


メルマガ登録
メールマガジンへのご登録は、こちらからどうぞ
PR

このページの先頭へ