クロードホプキンスの『広告マーケティング21の原則』がコピーライターたちに読み継がれてきた本当の理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket
  • Feedlyでブログの常連さんになる
    115

本書を七回読むまでは、誰も広告に手を出すべきではない。

―――「広告の父」デイヴィッド・オグルヴィ(*1)

「広告の神様」クロード・C・ホプキンス(Claude C. Hopkins)
「広告の神様」
クロード・C・ホプキンス(Claude C. Hopkins)

広告の神様」と呼ばれるクロード・C・ホプキンス(Claude C. Hopkins)が書いた、『広告マーケティング21の原則』という本があります。(*2)

この『広告マーケティング21の原則』という本は、広告・コピーライティングについての古典として、いまでもたくさんのコピーライターやマーケターたちのあいだで読み継がれつづけている名著です。

「レジェンド」(伝説的存在)と呼ばれている過去の偉大なコピーライターたちも、現在、活躍している一流のコピーライターや大物マーケターたちも、みんな口をそろえて、クロード・C・ホプキンスの『広告マーケティング21の原則』を絶賛しています。

たとえば、「広告の父」と呼ばれているデイヴィッド・オグルヴィや、ジェイ・エイブラハムダン・ケネディなどの大物マーケターたちにビジネス戦略を教え、たくさんの億万長者を生み出してきた「マーケティング界のグル(大先生)」リッチ・シェフレンなども、この本を絶賛しています。

ここでは、「ビジネスを拡大させるうえで、『広告マーケティング21の原則』の本がどれだけ役に立ったか」ということについて、一流のコピーライターやマーケターたちが語っている絶賛の声を紹介します。

「広告の父」デイヴィッド・オグルヴィからの推薦の声

「広告の父」デイヴィッド・オグルヴィ(David Ogilvy)
「広告の父」
デイヴィッド・オグルヴィ(David Ogilvy)

「広告の父」と呼ばれているデイヴィッド・オグルヴィ(David Ogilvy)は、クロード・C・ホプキンスの名著『広告マーケティング21の原則』を賞賛して、つぎのように語っています。

本書を七回読むまでは、誰も広告に手を出すべきではない。
この本はわたしの人生の進路を変えた。

デイヴィッド・オグルヴィ

『広告マーケティング21の原則』の巻頭句より)(*3)

このように、「広告の父」と呼ばれるデイヴィッド・オグルヴィも、クロード・C・ホプキンス『広告マーケティング21の原則』をおすすめしています。

「マーケティング界のグル(大先生)」リッチ・シェフレンの推薦の声


「マーケティング界のグル(大先生)」
リッチ・シェフレン(Rich Schefren)

リッチ・シェフレン(Rich Schefren)は、ジェイ・エイブラハムダン・ケネディなど、世界中の起業家たちにビジネス戦略を教え、たくさんの億万長者を生み出してきたマーケターです。

海外のマーケターのなかには、リッチ・シェフレンから教えを受けたことで成功し、のちにほかの人にマーケティングを教えるようになった人が多いことから、リッチ・シェフレンは、

インターネットマーケティングのグルたち(先生たち)を育てたグル(大先生)
  (「Guru's Guru」(グルズ・グル))
  (「The Guru to the Gurus」(ザ・グル・トゥー・ザ・グルズ))

と呼ばれています。

そのリッチ・シェフレンが、「マーケティングに関する伝説的な本」としてあげている4冊の本のなかに、クロード・C・ホプキンスの名著『広告マーケティング21の原則』もはいっています。

リッチ・シェフレンは、朝に読書をすることを習慣にしていて、そのことについての話のなかで、「マーケティングに関する伝説的な本」について話しています。

「たとえば、マーケティングについての仕事をする日であれば、朝にマーケティングに関する伝説的な本を5冊~6冊ほど読み、それらの本から得られた知恵をどうやったら今日のマーケティングの仕事に活かせるのかということを考えます。」

A Peek Into My Reading Process - YouTube より)

ここでリッチ・シェフレンがあげている「マーケティングに関する伝説的な本」は、つぎの4冊です。

 

『Breakthrough Advertising』
(ブレイクスルー・アドバタイジング)
著者:ユージン・シュワルツ(Eugene Schwartz)

 

 

 

『How to Write a Good Advertisement』
(ハウトゥー・ライト・ア・グッド・アドバタイズメント)
著者:ヴィクター・O・シュワブ(Victor O. Schwab)

 

このように、「マーケティング界のグル(大先生)」と呼ばれるリッチ・シェフレンも、クロード・C・ホプキンス『広告マーケティング21の原則』をおすすめしています。

 

 

マイケル・フォーティンのブログの無料コンテンツ:「広告の神様」クロード・C・ホプキンスの名著、"Scientific Advertising"(『広告マーケティング21の原則』)

マイケル・フォーティン(Michel Fortin)
超一流のダイレクト・レスポンス・コピーライター
マイケル・フォーティン(Michel Fortin)

マイケル・フォーティンは、超一流のダイレクト・レスポンス・コピーライターであり、起業家、作家、講演者、コンサルタントとしても活躍しています。

日本でも広く知られている、QUESTフォーミュラ(クエストフォーミュラ)や、3x3ヘッドラインルール(スリーバイスリーヘッドラインルール)、OATHフォーミュラ(オースフォーミュラ)などのコピーライティングにおける公式(フォーミュラ)の多くも、マイケル・フォーティンが最初に考案したものです。

そのマイケル・フォーティンのブログには、「広告の神様」クロード・C・ホプキンスの名著、『広告マーケティング21の原則』の、英語の原著である"Scientific Advertising"(サイエンティフィック・アドバタイジング)(「科学的な広告手法」)の全文が掲載されています

(『広告マーケティング21の原則』という題名は、日本語訳された本につけられた邦題です。原著である英語版の本の原題は、"Scientific Advertising"(サイエンティフィック・アドバタイジング)(「科学的な広告手法」)です。)

マイケル・フォーティンが、わざわざ自分のブログのページ数を割いてまで、『広告マーケティング21の原則』の本の内容を紹介している理由は、この本の内容が、コピーライティングやマーケティングを学ぶ人にとって、とても役に立つからです。

このように、超一流のダイレクト・レスポンス・コピーライターであるマイケル・フォーティンも、クロード・C・ホプキンス『広告マーケティング21の原則』をおすすめしています。

「ビジネスを拡大させるうえで、この本はとても役に立った」

このように、一流のコピーライターや大物マーケターたちは、みんな異口同音に、「ビジネスを拡大させるうえで、この本はとても役に立った」と言っています。

あなたも、このクロード・C・ホプキンス『広告マーケティング21の原則』を読んで、ビジネスを拡大させるためのヒントをもらってみてください。

『Scientific Advertising』
(邦題:『広告マーケティング21の原則』
著者:クロード・ホプキンス(Claude C. Hopkins)

クロード・ホプキンスについての関連記事

  1. 『広告マーケティング21の原則』の巻頭句より) [↩ Back]
  2. (『広告マーケティング21の原則』の英語の原題は、『Scientific Advertising
    です。) [↩ Back]
  3. 『広告マーケティング21の原則』の巻頭句より。原文:"Nobody, at any level, should be allowed to have anything to do with advertising until he has read this book seven times."、「Scientific Advertising / Michel Fortin」より) [↩ Back]

このページの先頭へ