Facebookページ活用のコツ:「ウォール」への投稿をいちばん重視する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket
  • Feedlyでブログの常連さんになる
    116

下のYouTube動画では、
ダクトテープ・マーケティング・ドットコム(DuctTapeMarketing.com)の
ジョン・ジェンツさんが、Facebookページ活用のコツを教えてくれています。

(以下は、この動画の内容を意訳したものです。)

Facebookページでは、タブページなどの内容を充実させるよりも、「ウォール」への投稿をいちばん重視するべきです。

Facebookページは、ウェブサイトとおなじようなものだとおもわれていますが、じつはそうではありません。

Facebook上でひとびとが情報に接する機会がいちばん多い場所は、「ウォール」への投稿が表示される「ニュースフィード」の画面なのです。

なので、情報を発信するときは、できるかぎり「ウォール」をつかうべきです。

「ウォール」に投稿する内容は、動画やクエスチョンを投稿したり、あなたの人柄を知ってもらえるような個性をだした内容にすると効果的です。

そして、「ウォール」への投稿に対して「いいね!」ボタンが押されたり、投稿内容が「シェア」されたりすることでクチコミがひろがっていきます。

これによって、より多くのひとと接する機会がうまれることになります。

なので、もしもFacebookにつかえる時間がすくないなら、「ウォール」で情報を発信することに集中しましょう。


このページの先頭へ