ゲーミフィケーションの3要素で広告の反応率を80%増加させた「金の箱」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket
  • Feedlyでブログの常連さんになる
    115

ゲーミフィケーション3つの要素を取り入れることで、広告の反応率80%増加させた「金の箱」という手法を紹介します。

「金の箱」

この手法は、「ダイレクトマーケティングの父」と呼ばれているレスター・ワンダーマンLester Wunderman)が1978年におこなった広告キャンペーンでつかわれた手法です。

「ダイレクトマーケティングの父」レスター・ワンダーマンの写真
「ダイレクトマーケティングの父」
レスター・ワンダーマン

この動画を見てもらえば、じつは、ゲーミフィケーションの手法は、ダイレクトレスポンス・マーケティングの業界で30年以上も前からつかわれていた手法だということがわかります。

つまり、ゲーミフィケーションの手法は、時代が変わってもその効果が失われることがない人間の本質に訴えかけるマーケティング手法だということです。

「ダイレクトマーケティングの父」と呼ばれるレスター・ワンダーマンがゲーミフィケーションの手法をつかっていたのは、こうした人間の本質に訴えかける効果があるということを知っていたからです。

この動画で紹介している3つの要素だけでなく、ゲーミフィケーションの手法は全部で48個あります。

この48個のゲーミフィケーションの手法についてのくわしい情報は、下のリンクから見ることができます。

 

「新しアイデアを想像してテストし、その効果を測定する方法を知らなければ正しい方向へ進めない。」、「ダイレクトマーケティングの父」レスター・ワンダーマン

 
 
 
ゲーミフィケーションで広告効果を80%増加させた「金の箱」 - YouTube


このページの先頭へ