ジョンカールトン(John Carlton)ってだれ? 『海外マーケッター列伝』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket
  • Feedlyでブログの常連さんになる
    116
ジョン・カールトン(John Carlton)
世界トップクラスのコピーライター
ジョン・カールトン(John Carlton)

ジョン・カールトンは、世界トップクラスのコピーライターとして世界的に有名な人です。

また、彼はトッププレーヤーであるだけでなく、数多くの優秀なコピーライターを育ててきた教育者でもあります。

ジョン・カールトンからコピーライティングを学んだことで成功したコピーライターやマーケッター、コンサルタントは、世界中にたくさんいます。


ジョン・カールトン(John Carlton)のセミナーの映像

たとえば、「地球上で最も稼ぐコンサルタント兼コピーライター」と呼ばれ、マーケッターやコピーライター、コンサルタントとして、さまざまな輝かしい実績をもっているフランク・カーンという人がいます。

このフランク・カーンも、ジョン・カールトンからコピーライティングを学んで成功した人のひとりです。

フランク・カーン(Frank Kern)
フランク・カーン(Frank Kern)

フランク・カーンは、ジョン・カールトンにコピーライティングを学んだことで、世界トップクラスのマーケッターへと成長することができました。

つまり、ジョン・カールトンは、フランク・カーンにとって、コピーライティングの師匠だということです。

また、海外だけでなく、日本にも、ジョン・カールトンからコピーライティングを学んで成功した人がたくさんいます。

参考: コピーライティングのフックってなに?どうやって読み手を引き込むの? 『みんなのコピーライティング図鑑』

目次
  1. ジョン・カールトンの一番弟子、フランク・カーン(「地球上で最も稼ぐコンサルタント兼コピーライター」)
  2. ジョン・カールトンが、「片足のゴルファー」のセールスレターについて語っている映像
  3. マイケル・フォーティンとジョン・カールトンが、コピーライティングについて語り合う対談音声
  4. 「世界一のコピーライター」ゲイリー・ハルバートの息子とジョン・カールトンがコピーライティングについて語り合う対談音声
  5. ジョン・カールトンとハーラン・キルスティンのウェビナー映像
  6. 明日の「フック」のためのその1 「探偵ものの小説を読め!」
  7. ジョン・カールトンのセールスレター(ジョン・カールトンの教材やセミナーの販売ページ)
    1. 『シンプルライティングシステム』
    2. 『キックアスコピーライティングシークレット』
    3. 『ジョン・カールトン・フリーランスコース』
    4. プライベートコンサルティング
    5. プラチナマスターマインド
    6. 『マーケティングレベル・インサイダーズクラブ』
    7. 『ザ・マーケティングレベル・アクションセミナー』
    8. ウェブサイト制作
  8. 「Stay frosty」(ステイ・フロスティー)
  9. "Truth & order amidst the chaos"(トルース&オーダー・アミッドストゥ・ザ・カオス)
  10. ジョン・カールトンのブログ、ソーシャルメディア
  11. ジョン・カールトンについての関連記事

ジョン・カールトンの一番弟子、フランク・カーン(「地球上で最も稼ぐコンサルタント兼コピーライター」)

フランク・カーン(Frank Kern)
フランク・カーン(Frank Kern)

ジョン・カールトンにコピーライティングを学んだ弟子のひとりであるフランク・カーンは、「地球上で最も稼ぐコンサルタント兼コピーライター」と呼ばれ、マーケッターやコピーライター、コンサルタントとして、さまざまな輝かしい実績をもっています。

なかでも、ジョン・カールトンから学んだコピーライティングを応用した動画マーケティングがうまいことで有名です。

その動画マーケティングによる実績だけを見ても、彼はつぎのような実績をもっています。

  • あるプロモーションでは、動画をつかって50万アクセスを集めた。
  • 動画をつかって販売開始から2時間ほどで8000個の商品完売させた。
  • とくに成功した3つの動画プロモーションを合わせただけで、そこから得られた収益は総額1300万ドル(10億円以上)にもなる。

フランク・カーンは、これ以外にもさまざまな輝かしい実績をもち、いまやマーケティング業界で圧倒的な人気を誇り、カリスマ的なブランドを確立して不動の地位を築いています。

ですが、そんな彼も、じつは、はじめから優秀なコピーライターだったわけではありあせんでした。

最初のうちは、「かんたんにすぐ儲かりますよ」という宣伝文句に踊らされて、詐欺商材を買いまくっていたせいで、おばあちゃんから生活費を借りなければならないほどでした。

また、リセールライトとして購入した詐欺商材を販売して大失敗したこともあります。

参考:年商10億円以上稼ぐフランクカーンの過去

そんな失敗をくり返していたフランク・カーンですが、ジョン・カールトンから「販売の極意」である「販売の3ステップ」を学んだことで、だんだんと売上をあげることができるようになっていきました。

フランク・カーンは、この手法のことを、「いまだかつてないほどかんたんに商品を売る方法」や、「見込み客にいますぐに買ってもらうために必要な3ステップ」とも呼んでいます。

フランク・カーンは、これまでにこの「販売の3ステップ」をつかって、宣伝をたった1回しただけで10万ドル(約1,000万円)を売り上げたり、たった10分で年商648,000ドル(約6,480万円)もの売上を生み出したりと、何度も大きな売上をあげています。

ジョン・カールトンは、フランク・カーンに対して、この「販売の3ステップ」を、口を酸っぱくして、耳にたこができるほど、何度も何度も繰り返し言い聞かせていたそうです。

超一流のコピーライターであるジョン・カールトンがそこまで強調するほど、この「販売の3ステップ」は重要なものであり、その効果も高いということです。

フランク・カーンは、この「3ステップ」をジョン・カールトンから最初に教わったとき、あまりにもシンプルすぎるので、その効果については半信半疑だったそうです。

ですが、販売に関する知識と経験の量と深さの点で、自分よりもはるかに上をいっているジョン・カールトンの言葉を信じて、この「販売の3ステップ」を実践してみることにしたそうです。

そして、実際にこの「販売の3ステップ」をつかってみたところ、おどろくほど大きな売り上げをかんたんにあげることができました。

フランク・カーンは、この「販売の3ステップ」について、「これまで、この一見シンプルに見える3ステップを実践するだけで、商品販売はまるで魔法のように毎回うまくいった」と語っています。

そうやってジョン・カールトンからコピーライティングを学んだことで、フランク・カーンはしだいに稼げる金額が大きくなっていきました。

そして、ついに、1日で100万ドル(約1億円)を稼ぐことに成功したフランク・カーンは、はれて一流マーケッターの仲間入りをはたしました。

こうしてジョン・カールトンからコピーライティングを学んだフランク・カーンは、今やマーケティング業界を代表するような超一流のマーケッターにまで上りつめました。

参考: フランク・カーン(Frank Kern)ってだれ? 『海外マーケッター列伝』

ジョン・カールトンが、「片足のゴルファー」のセールスレターについて語っている映像

下の動画は、ジョン・カールトンが、自身が書いた「片足のゴルファー」のセールスレターについての話をしている動画です。

「片足のゴルファー」のセールスレターについての話
John Carlton on Copywriting: One Legged Golfer

マイケル・フォーティンとジョン・カールトンが、コピーライティングについて語り合う対談音声

ジョン・カールトンは、ほかの一流のコピーライターたちとも親交があります。

たとえば、マイケル・フォーティンも、そのひとりです。

マイケル・フォーティンは、超一流のダイレクトレスポンス・コピーライターであり、起業家、作家、講演者、コンサルタントとしても活躍している人です。

マイケル・フォーティン(Michel Fortin)
マイケル・フォーティン(Michel Fortin)

日本でも広く知られている、QUESTフォーミュラや、3x3ヘッドラインルール、OATHフォーミュラなどの、コピーライティングにおける公式(フォーミュラ)の多くも、じつは、マイケル・フォーティンが最初に考案したものです。

下記のページでは、ジョン・カールトンとマイケル・フォーティンが、コピーライティングについて語り合っている4つの対談音声を、無料で聞くことができます。

4つの音声のそれぞれが、約2時間ほどの長さになっています。

ジョン・カールトンとマイケル・フォーティンの対談音声
John Carlton and Michel Fortin - The Michel Fortin Blog
http://michelfortin.com/john-carlton-and-michel-fortin-interview/

下記のページには、上記のページの対談音声の書き起こしの文章が掲載されています。

1つ目の対談音声の書き起こし
John Carlton Call Part 1 of 4 - The Michel Fortin Blog
http://michelfortin.com/john-carlton-call-part-1-of-4/

2つ目の対談音声の書き起こし
John Carlton Call Part 2 of 4 - The Michel Fortin Blog
http://michelfortin.com/john-carlton-call-part-2-of-4/

3つ目の対談音声の書き起こし
John Carlton Call Part 3 of 4 - The Michel Fortin Blog
http://michelfortin.com/john-carlton-call-part-3-of-4/

4つ目の対談音声の書き起こし
John Carlton Call Part 4 of 4 - The Michel Fortin Blog
http://michelfortin.com/john-carlton-call-part-4-of-4/

マイケル・フォーティンについてもっと知りたい場合は、下記のページをご覧ください。

参考: マイケルフォーティン(Michel Fortin)ってだれ? 『海外マーケッター列伝』

「世界一のコピーライター」ゲイリー・ハルバートの息子とジョン・カールトンがコピーライティングについて語り合う対談音声

世界一のコピーライターと呼ばれた天才、ゲイリー・ハルバート(Gary Halbert)
世界一のコピーライターと呼ばれたコピーライティングの天才
ゲイリー・ハルバート(Gary Halbert)

ジョン・カールトンは、世界一のコピーライター」と呼ばれたコピーライティングの天才、ゲイリー・ハルバートとも親交がありました。

ただ、残念ながら、ゲイリー・ハルバートは、すでにこの世を去ってしまいました。

ですが、ゲイリー・ハルバートには、彼のコピーライティングの技能を受け継いだ、ボンド・ハルバートと、ケヴィン・ハルバートという、息子たちがいます。

ボンド・ハルバートと、ケヴィン・ハルバートは、ゲイリー・ハルバートから学んだコピーライティングの技能を活かして、コピーライターやコンサルタントとして活躍しています。

ジョン・カールトンは、ゲイリー・ハルバートだけでなく、この息子たちとも親交があります。

下の動画は、ゲイリー・ハルバートの息子、ケヴィン・ハルバートと、ジョン・カールトンが、コピーライティングやマーケティングについて語り合っている対談音声です。

Kevin Halbert & John Carlton.mp4

世界一のコピーライターと呼ばれたコピーライティングの天才、ゲイリー・ハルバートの息子
ケヴィン・ハルバート(Kevin Halbert)と、ジョン・カールトンとの対談音声

 

ゲイリー・ハルバートについてもっと知りたい場合は、下記のページをご覧ください。

参考: ゲイリーハルバート(Gary Halbert)ってだれ? 『海外マーケッター列伝』

ジョン・カールトンとハーラン・キルスティンのウェビナー映像

下の動画は、ジョン・カールトンが、NLPコピーライターのハーラン・キルスティン(Harlan Kilstein)が開催したウェビナーにゲストとして招かれたときの対談映像です。

明日の「フック」のためのその1 「探偵ものの小説を読め!」

コピーライティングの世界には、「フック」(hook)という言葉があります。

この「フック」という言葉は、

「セールスレター(販売ページ)の冒頭のヘッドライン(見出し)に『フック』の要素を入れて、読者を引きつけて、先を読まずにはいられなくさせる」

といったようなかんじでつかわれる専門用語です。

さきほどもお話しましたが、「ジョン・カールトンは『フック』を生み出すのがとてもうまい」といわれています。

下の文章では、ジョン・カールトンの「フック」について、コピーライターの比嘉徹さんが語ってくれています。

僕の尊敬しているジョン・カールトン(全米屈指のコピーライター)は
よくコピーライティングのセミナーで、

「探偵ものの小説を読め!」

と言っていました。

これは僕も実体験としてそう思います。

たぶん、ガチガチのビジネス書しか読んでいないような人の
メルマガやセールスレターが反応とれないのはアート的な
感覚というかエンターテイメント性がないからです。

読者を驚かせようと思っていない。

だから、読んでてつまらない。

コピーライティングの世界では“強烈なフック”が重要だ
という 話が出てきますが、

・先を読まずには夜も眠れない話の流れ。
・読んだ時に強烈なインパクトがある。

こういったフックのある文章を学ぶのに一番おすすめなのは
推理小説ですし、その中でも強烈なインパクトという意味では
アガサ・クリスティーは一押しです。

(出典:アガサ・クリスティに学ぶインパクトの極意 | 比嘉 徹〜オフィシャルサイト〜

読み手を引きつけて読まずにはいられなくする「フック」についてもっと知りたい場合は、下記のページをご覧ください。

参考: コピーライティングのフックってなに?どうやって読み手を引き込むの? 『みんなのコピーライティング図鑑』

ジョン・カールトンのセールスレター(ジョン・カールトンの教材やセミナーの販売ページ)

下記のページの一覧リストは、ジョン・カールトンのセールスレター(ジョン・カールトンの教材やセミナーなどの販売ページ)のページの一覧リストです。

マーケティングレベル
Marketing Rebel
http://www.marketingrebel.com/

このページでは、コピーライティングについてのジョン・カールトンのいろいろな教材やセミナーの紹介をしています。

ちなみに、「Rebel」(レベル)という言葉の意味は、「反逆者」や、「反抗者」、「謀反人」などといった意味です。

ですので、「Marketing Rebel」(マーケティングレベル)という言葉の意味は、「マーケティング界の反逆児」といったような意味になります。

この「Marketing Rebel」(マーケティングレベル)という言葉は、ジョン・カールトンのキャッチフレーズのようなものです。

ジョン・カールトンが経営している会社には、「Marketing Rebel LLC」(マーケティングレベル有限責任会社)という名前の会社もあります。

「反逆児」というのが、なんともロックでかっこいいですね!(笑)

『シンプルライティングシステム』

『シンプルライティングシステム』
John Carlton's Simple Writing System
http://www.simplewritingsystem.com/

『シンプルライティングシステム』は、「どうやって商品を売ればいいのか?」ということを学ぶことができる教材です。

『シンプルライティングシステム』には、17項目のチェックリストがあります。

この17項目のチェックリストは、ジョン・カールトンがセールスコピー(販売のための文章、言葉)を書くときにつかって、これまでに何度もくり返し大きな売上をあげてきたものです。

たいせつなことは、お客さんにあなたを信頼してもらったうえで、あなたから買ったほうがいい理由をお客さんにわかってもらったときに、はじめて、お客さんがあなたから買ってくるようになる、ということです。

『キックアスコピーライティングシークレット』

『キックアスコピーライティングシークレット』
John Carlton - Kick-Ass Copywriting Secrets | Marketing Rebel
http://www.marketingrebel.com/copywriting-salesmanship-closing-the-deal/john-carlton-kick-ass-copywriting/

ジョン・カールトンが、一流のコピーライターとしての25年間以上のキャリアをもっています。

『キックアスコピーライティングシークレット』は、その25年以上のキャリアをから導き出されたコピーライティングの秘訣を、ステップ・バイ・ステップで解説してくれるガイドブックです。

これによって、ゼロからはじめて、最速でコピーライティングを身につけることができます。

『ジョン・カールトン・フリーランスコース』

『ジョン・カールトン・フリーランスコース』
John Carlton Freelance Course | Marketing Rebel
http://www.marketingrebel.com/copywriting-salesmanship-closing-the-deal/john-carlton-freelance-course/

このフリーランスコピーライターコースでは、コピーライターが、どうやってクライアントを見つけ、仕事を管理すればいいのかということをステップ・バイ・ステップで学ぶことができます。

プライベートコンサルティング

Carlton Coaching
プライベートコンサルティング
http://www.carltoncoaching.com/private-consulting.html

プラチナマスターマインド

Carlton Coaching
プラチナマスターマインド
http://www.carltoncoaching.com/platinum-mastermind.html

『マーケティングレベル・インサイダーズクラブ』

『マーケティングレベル・インサイダーズクラブ』
Marketing Rebel Insider's Club
http://www.marketingrebelclub.com/

さきほどもありましたが、「Marketing Rebel」(マーケティングレベル)という言葉の意味は、「マーケティング界の反逆児」といったような意味です。

『ザ・マーケティングレベル・アクションセミナー』

『ザ・マーケティングレベル・アクションセミナー』
The Marketing Rebel Action Seminar
http://www.marketingrebel.com/action-seminar/

またまたですが、「Marketing Rebel」(マーケティングレベル)という言葉の意味は、「マーケティング界の反逆児」といったような意味です。

ウェブサイト制作

ウェブサイト制作
Website Development | Marketing Rebel
http://www.marketingrebel.com/website-development/

ジョン・カールトンの会社では、より多くの見込み客を集め、より多くの売上をあげるために最適化されたウェブサイトをつくるための、つぎのようなサービスを提供しています。

  • ウェブサイトのデザイン、レイアウトの制作
  • 成約率の最適化と分析
  • カスタムプログラミング
  • オプトインページ(見込み客の連絡先取得ページ)の制作
  • 販売ページ(文章、動画、文章&動画)の制作
  • 会員制サイトの制作
  • ステップメールの構築
  • CRM(顧客管理システム)
  • データマネジメント

「Stay frosty」(ステイ・フロスティー)

ジョン・カールトンのメルマガの末尾には、結びの言葉として、いつも「Stay frosty」(ステイ・フロスティー)という言葉が添えられています。

この「Stay frosty」(ステイ・フロスティー)という言葉には、「冷静さを保つ」という意味もありますが、「じゃあね」「またね」といったような別れのあいさつとしての意味もあります。

ジョン・カールトンは、おそらく、「じゃあね」「またね」といったような意味で、「Stay frosty」(ステイ・フロスティー)と言っているのだとおもいます。

ちなみに、「stay cool」(ステイ・クール)という言葉もあり、こちらの言葉も、「stay frosty」(ステイ・フロスティー)とおなじように、「じゃあね」「またね」といったような別れのあいさつとしての意味があります。

「stay cool」(ステイ・クール)の「cool」(クール)という言葉には、「素晴らしい」「イケてる」といった意味があります。

ですので、「stay cool」(ステイ・クール)という言葉には、「すばらしいあなたのままでいてね」といったような意味があるそうです。

"Truth & order amidst the chaos"(トルース&オーダー・アミッドストゥ・ザ・カオス)

また、2012年の2月末ごろからは、さらに "Truth & order amidst the chaos" (トルース&オーダー・アミッドストゥ・ザ・カオス)という言葉が、ジョン・カールトンのメルマガの末尾の結びの言葉として添えられるようになりました。

この "Truth & order amidst the chaos" (トルース&オーダー・アミッドストゥ・ザ・カオス)という言葉の意味は、「真実と秩序は混沌のまっただ中にある」といったような意味です。

この "Truth & order amidst the chaos" (トルース&オーダー・アミッドストゥ・ザ・カオス)という言葉も、ずっと昔からジョン・カールトンがキャッチフレーズにしている言葉です。

(参考)
ジョン・カールトンの昔のニュースレターが掲載されているPDFファイル

ちなみに、これらのニュースレターのタイトルになっている、「Marketing Rebel Rant」(マーケティングレベルラント)という言葉の意味は、「マーケティング界の反逆児のわめきちらし」といったような意味です。

http://strategicprofits.com/3/rla/learning_acceleration/LearningAcceleration.pdf

https://s3.amazonaws.com/revolutionarychristianbusinesssuccess/Volume-One/PDF/Section-20-Newsletters.pdf

http://www.docin.com/p-62922912.html

ジョン・カールトンのブログ、ソーシャルメディア

ジョン・カールトンの公式ブログ
The RANT - John Carlton's Official Blog
http://www.john-carlton.com/

ジョン・カールトンのYouTubeチャンネル
JohnCarltonVideos - YouTube
http://www.youtube.com/user/JohnCarltonVideos

「片足のゴルファー」のセールスレターについての話
John Carlton on Copywriting: One Legged Golfer

ジョン・カールトンのYouTubeチャンネル
MarketingRebel - YouTube
https://www.youtube.com/user/MarketingRebel

ジョン・カールトンのVimeoチャンネル
VimeoJohn Carlton
https://vimeo.com/marketingrebel
VimeoJohn Carlton さんの動画
https://vimeo.com/marketingrebel/videos

ジョン・カールトンのFacebook(個人プロフィールのページ)
John Carlton
https://www.facebook.com/john.carlton

ジョン・カールトンのFacebookページ
John Carlton's Action Seminar
https://www.facebook.com/pages/John-Carltons-Action-Seminar/169628393070531

ジョン・カールトンのFacebookページ
Marketing Rebel
https://www.facebook.com/MarketingRebel/

ジョン・カールトンのTwitter
Marketing Rebel(@marketingrebel)さん | Twitter
https://twitter.com/marketingrebel

ジョン・カールトンについての関連記事




『ザ・ローンチ(世界一効率的に億万長者になる方法)』著者:ジェフ・ウォーカー

『ザ・ローンチ (世界一効率的に億万長者になる方法)』
著者:ジェフ・ウォーカー

専業主夫が、たった7日で1000万円以上の売上を達成し、
「1日1億円の売上」を常識にした販売手法を、あなたにも。



コメントを残す

(必須項目は名前とコメント内容だけです。)

コメントを投稿する前に、下の計算式の空欄を埋めて下さい。(漢数字も使われています) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ