自主制作3Dアニメ「最大の恐怖は自分の計り知れない力だ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket
  • Feedlyでブログの常連さんになる
    118

「最大の恐怖は無力と知ることではない
 最大の恐怖は自分の計り知れない力だ」

・・・という出だしで始まる有名な一節を引用して、自主制作アニメ(3Dアニメーション)として、3種類の映像で表現してみました!
(o≧ω≦)O


星空の下で

大画面&高画質で見るには、コチラをクリック!

YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=ZMdkZeCzj44

 


図書館にて

大画面&高画質で見るには、コチラをクリック!

YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=tQroTplYWqg

 


星空とともに

大画面&高画質で見るには、コチラをクリック!

YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=mSRDQ8Sja3I

 

この有名な一節の引用元について

今回、これらの映像のなかでつかわせていただいた言葉は、映画「コーチ・カーター」(「Coach Carter」)で、チモ・クルーズがカーターコーチにお礼を言う場面で引用されていた言葉です。

最大の恐怖は無力と知ることではない

最大の恐怖は自分の計り知れない力だ

恐ろしいのは自分の闇ではなく光

自分の力を隠し、
周囲の者たちを不安にさせないよう縮こまっていては
世界を照らすことはできない

小さな子供らと同じように輝こう

すべての人の内に光がある

自分自身を輝かせれば、
まわりの者たちも自然と輝きはじめる

恐怖から解き放たれさえすれば、
まわりの者達も解き放つことになる

(チモ・クルーズがケン・カーターにお礼を言う際に引用した言葉、映画『コーチ・カーター』)(*1)

 

この言葉の出典元は、マリアン・ウイリアムソン(Marianne Williamson)が書いた『愛への帰還―光への道「奇跡の学習コース」』という自己啓発(セルフヘルプ)の本だそうです。
(原題は、『Return to Love: Reflections on the Principles of "A Course in Miracles"』です。)

Our deepest fear is not that we are inadequate. Our deepest fear is that we are powerful beyond measure. It is our light, not our darkness, that most frightens us. We ask ourselves, who am I to be brilliant, gorgeous, talented, fabulous? Actually, who are you not to be? You are a child of God. Your playing small doesn't serve the world. There's nothing enlightened about shrinking so that other people won't feel insecure around you. We are all meant to shine, as children do. We were born to make manifest the glory of God that is within us. It's not just in some of us; it's in everyone. And as we let our own light shine, we unconsciously give other people permission to do the same. As we're liberated from our own fear, our presence automatically liberates others.

(Marianne Williamson, 『Return to Love』)(*2)
(マリアン・ウイリアムソン、『愛への帰還―光への道「奇跡の学習コース」

 

ちなみに、映画「コーチ・カーター」のなかで、この言葉が引用されている場面については、下記の記事でくわしくご紹介しています。

関連記事: 「最大の恐怖は無力と知ることではない 最大の恐怖は自分の計り知れない力だ」 "Our deepest fear is not that we are inadequate. Our deepest fear is that we are powerful beyond measure." (映画『コーチ・カーター』より)

 

Español(スペイン語)

Nuestro mayor miedo, no es que no encajemos
Nuestro mayor miedo es que tenemos una fuerza desmesurada,

es nuestra luz y no nuestra oscuridad lo que más nos asusta,

empequeñecerse no ayuda al mundo, no hay nada inteligente en encogerse para que otros no se sientan inseguros a tu alrededor,

todos deberíamos brillar como hacen los niños,

no es cosa de unos pocos, sino de todos,

y al dejar brillar nuestra propia luz, insconcientemente damos permiso a otros para hacer lo mismo,

al liberarnos de nuestro propio miedo, nuestra presencia libera automáticamente a otros

((Español(スペイン語))チモ・クルーズがケン・カーターにお礼を言う際に引用した言葉、
『コーチ・カーター』)(*3)

 

Deutsch(ドイツ語)

Unsere tiefste Angst ist nicht, dass wir unzulänglich sind.
Unsere tiefste Angst ist, dass wir unermesslich machtvoll sind.

Es ist unser Licht, nicht unsere Dunkelheit,
das uns am meisten erschreckt.

Dein dich selbst Kleinmachen dient der Welt nicht!
Da ist nichts Erleuchtendes daran zu Schrumpfen,
damit andere sich in deiner Gegenwart nicht unsicher fühlen.

Wir sind geboren, um die Herrlichkeit Gottes in uns zu manifestieren.

Sie ist nicht nur in einigen von uns; sie ist in jedem.

Dadurch, dass wir unser Licht scheinen lassen,
geben wir anderen Menschen unbewusst die Erlaubnis das Gleiche zu tun.

Dadurch, dass wir uns befreien von unser eigenen Angst,
befreit unsere Gegenwart automatisch andere.

((Deutsch(ドイツ語))チモ・クルーズがケン・カーターにお礼を言う際に引用した言葉、
『コーチ・カーター』)(*3)

 

Italiano(イタリア語)

La nostra più grande paura non è quella di essere inadeguati,
la nostra più grande paura è quella di essere potenti al di là di ogni misura,

è la nostra luce non la nostra oscurità che più ci spaventa.

Agire da piccolo uomo non aiuta il mondo non c'è nulla di illuminante nel rinchiudersi in sé stessi così che le persone intorno a noi si sentiranno insicure.

Noi siamo nati per rendere manifesta la gloria che c'è dentro di noi,

non è solo in alcuni di noi è in tutti noi

se noi lasciamo la nostra luce splendere inconsciamente diamo alle altre persone il permesso di fare lo stesso,

appena ci liberiamo dalla nostra paura, la nostra presenza automaticamente libera gli altri.

((Italiano(イタリア語))チモ・クルーズがケン・カーターにお礼を言う際に引用した言葉、
『コーチ・カーター』)(*3)

 

Polski(ポーランド語)

Naszym największym strachem nie jest to, że jesteśmy słabi.
Nasz największy strach stanowi siła,
której nie można przyjść z odsieczą.

To nasze światło a nie nasza mroczność nas przeraża.

Uważając się za nic nie wartego nie działasz na korzyść świata.
Nie ma w sobie nic światłego, wspaniałomyślnego,
postawa pomniejszania siebie, po to tylko,
aby inni nie czuli się zagrożeni w twojej obecności.

Urodziliśmy się po to, by przejawić chwałę Boga,

który jest w nas.
Jest ona we wszystkich!

Kiedy pozwolimy własnemu światłu zabłysnąć,
mimowolnie pozwalamy innym ludziom na zrobienie tego samego.

Kiedy uwalniamy się od swojego strachu,
nasza obecność automatycznie wyzwala innych!

((Polski(ポーランド語))チモ・クルーズがケン・カーターにお礼を言う際に引用した言葉、
『コーチ・カーター』)(*3)

動画のチャンネル登録は、こちらからどうぞ

YouTube(ユーチューブ)

YouTube(ユーチューブ)
YouTubeのチャンネル登録は、こちらをクリック!

 

Vimeo(ヴィメオ)

Vimeo(ヴィメオ)
Vimeoのチャンネル登録は、こちらをクリック!

 

ニコニコ動画

ニコニコ動画
ニコニコ動画のチャンネル登録は、こちらをクリック!

 

Pinterest(ピンタレスト)

Pinterest(ピンタレスト)
Pinterestのボード登録は、こちらをクリック!

つかわせていただいた素材について

この3Dアニメーション動画では、下記のBGMや映像をつかわせていただきました。

ありがとうございます!
m(_ _)m

BGMの音楽

BGMの音楽

音楽: propanmode さん

音楽素材 効果音素材 ループ素材 - propanmode[プロパンモード] mp3 wav 素材
http://propanmode.net/index.php?prc=sound&submode=add_mylist&mode=view&s_id=853&c_id=41

星空の映像

星空の映像

Author: Fernando da Rosa (Fedaro)さん

File:South Celestial Pole.ogv - Wikimedia Commons
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:South_Celestial_Pole.ogv

  1. (チモ・クルーズがケン・カーターにお礼を言う際に引用した言葉、映画『コーチ・カーター』、1:45:16~1:47:37、パラマウント映画、2005年) [↩ Back]
  2. (出典: Marianne Williamson, 『A Return to Love: Reflections on the Principles of A Course in Miracles』 ("Our deepest fear", A Return to Love - Wikipedia, the free encyclopedia)) [↩ Back]
  3. (チモ・クルーズがケン・カーターにお礼を言う際に引用した言葉、映画『コーチ・カーター』、1:45:16~1:47:37、パラマウント映画、2005年) [↩ Back] [↩ Back] [↩ Back] [↩ Back]

このページの先頭へ