「アニメ」タグの記事一覧

Perfumeのダンスモーションと楽曲をつかってBlenderでつくった3Dモデルをアニメーションさせてみました

この動画では、Perfume(パフューム)の公式サイトで、「global site project #001」として配布されている、Perfumeのダンスのモーションデータと楽曲を利用させていただいて、Blenderでモデリングしてつくった3Dモデルをアニメーションさせてみました!

ほんとは、Perfume(パフューム)のお三方の三人分のモーションデータが利用できるのですが、今回は、大人の事情があったりなかったりで、かしゆかさんのダンスのモーションデータだけを利用させていただくことになりました。

またいつか、Perfume(パフューム)のお三方揃い踏みの3Dアニメーションをつくってみたいとおもいます。

ちなみに、この動画は、解像度が 4K(2160p(横3840ピクセル✕縦2160ピクセル))で、
フレームレートが 59.94fps という、けっこう気合の入った画質になっています。

なので、もし興味があれば、YouTube動画の画面右下の歯車のマークから「画質」を変更して、高画質の映像をお楽しみください。

続きを読む

伝説の陰陽師 安倍晴明の真実の姿がついに明らかに!

呪術と式神を操り 平安時代の京都で
闇の眷属たちと闘ったとされる伝説の陰陽師
安倍晴明真の姿がついに明らかに!

上の動画では、伝説の陰陽師 安倍晴明の実像についてお話しています。

この動画では、つぎのようなことをお話しています。

  • 晴明は、●●歳になっても仕事に就いていなかった!?
  • 晴明は、ホントはお●●さん!?
  • 始末書を書かされた晴明。
  • 晴明の力の秘密は、式神でも呪術でもなく、●●!?
  • 自作自演の自慢話ばかりする晴明!?
  • 晴明が、上司の手柄を横取り!?
  • 晴明の仕事は、●●係や、●●や●●倉庫の管理!?
  • ハングリー精神にあふれ、野望に燃える晴明。
  • 晴明のご先祖様は、かぐや姫のお知り合い!?

続きを読む

で、でけた・・・!ZBrushで3Dモデルをつくってアニメーションさせてみました

で、でけた・・・!
(o≧ω≦)O

ZBrushははじめてつかったので、めっちゃ調べまくったものの、
3Dモデルを自作してアニメーションさせることがでけました!

ZBrushおもしろい!

これまで、「モデリングが好きで好きでたまらない!」という人のことは、
「ま、まじか・・・、リスペクトするぜ!」とおもってましたが、
いやはや、ZBrushをつかってみて、
モデリングがおもしろいという気持ちがわかりました!
d(≧∀≦)b

ポリゴンモデリングで人型の3Dモデルをつくるには
あまりにクンフーが足りないので二の足を踏んでしまいますが(汗)、
ZBrushをつかったスカルプトモデリングは
粘土細工をつくるようなかんじで
直感的につくることができるので、たのしいです!

ZBrush
ZBrushでモデリングして・・・、

Photoshopで目のテクスチャを作成
Photoshopで目のテクスチャをつくったりして・・・、

Mixamo
Mixamoのオートリギング機能をつかって手足などの体のリグをつけて・・・、

今回つかったモーションデータもMixamoでゲットしました。

Mixamo
はじめは宇宙人のグレイみたいでしたが、だんだん人っぽくなりました(笑)

3DXchange
3DXchangeをつかってiCloneでつかえる形式に変換して・・・、

iClone
iCloneでアニメーションさせて動画に・・・、

上記の画像には7万ポリゴンと表示されてますが、
できるだけポリゴン数がすくなくなるようにしたはずが、
なぜかこんな数字に・・・。

このポリゴン数だとローポリとは呼べないのかな?
見た目はローポリなのですが(笑)。

ポリゴン数がすくないほうが、
いろんな処理が早く完了するので、
できるだけポリゴン数を減らして
ローポリのキャラクターをつくっていきたい。

なので、今後はもっとポリゴン数を減らせるように
いろいろと工夫してみよう!
(o≧ω≦)O


・・・、ということなどなど、あんなことやこんなことをすると、こんなかんじに。

あとは、口と、眉毛と、目と、まぶたを動くようにすれば、
つまり、表情をつけることができるようになれば、
もっと「ファビュラスマックス!」()になるはず。
d(≧∀≦)b

それらが動くようにするためには
顔にボーンを入れる必要があるとおもうので、
Blenderをつかうことになりそう。

Blenderはちゃんといろいろつかってみたいと
おもっていたのでいい機会です!
(o≧ω≦)O

人間万事 センス・オブ・ワンダー

倉田幸暢

 

自主制作3Dアニメ「最大の恐怖は自分の計り知れない力だ」

「最大の恐怖は無力と知ることではない
 最大の恐怖は自分の計り知れない力だ」

・・・という出だしで始まる有名な一節を引用して、自主制作アニメ(3Dアニメーション)として、3種類の映像で表現してみました!
(o≧ω≦)O


星空の下で

大画面&高画質で見るには、コチラをクリック!

YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=ZMdkZeCzj44

 


図書館にて

大画面&高画質で見るには、コチラをクリック!

YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=tQroTplYWqg

 


星空とともに

大画面&高画質で見るには、コチラをクリック!

YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=mSRDQ8Sja3I

 

続きを読む

「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)展〜Road to episode7〜」に行ってまいりました!

2014年5月17日から上映&配信がはじまる、アニメ『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の最終話、episode7「虹の彼方に」のプロモーションのために開催された、「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)展〜Road to episode7〜」(ロード・トゥ・エピソード7)という展示会に行ってまいりました!

『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』のメインビジュアル
「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)展〜Road to episode7〜」
『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』のメインビジュアル

ちなみに、↓これが、アニメ『機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)』の最終話、episode7「虹の彼方に」の予告映像でございます!

この動画を見るだけで、今からわくわくしてしまいますね!(笑)

機動戦士ガンダムUC episode 7 特報1 - YouTube

機動戦士ガンダムUC episode 7 特報2 [HD] [PlayStation®Store] - YouTube

機動戦士ガンダムUC episode 7 プロモーション映像01 [HD] [PlayStation®Store] - YouTube

機動戦士ガンダムUC episode 7 プロモーション映像02 [HD] [PlayStation®Store] - YouTube

epiosde1-6ダイジェスト 100秒でわかる!機動戦士ガンダムUC [HD] [PlayStation®Store] - YouTube

[英語版]epiosde1-6ダイジェスト 100秒でわかる!機動戦士ガンダムUC
MOBILE SUIT GUNDAM UC episode 1-6 Digest All in 100 Sec.! (English)

episode 7 の冒頭の7分間の映像

それでは、エピソード7「虹の彼方に」を見る前に、「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)展〜Road to episode7〜」に展示されていた、設定資料や、原画、解説文、イラスト、ガンプラなどを見ながら、ガンダムユニコーンの物語世界の予習・復習をしていきましょう!(笑)

▲ もくじへもどる

「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)展〜Road to episode7〜」の概要

「機動戦士ガンダム UC展 ~Road to episode 7」
http://www.gundam-unicorn.net/event/

概要

2010年春より映像展開がスタートした「機動戦士ガンダムUC」。
「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」から3年後の世界を描いた
この作品の魅力を、展示や映像・ガンプラ等で余すことなく紹介します。

  ・「機動戦士ガンダム」から続く〔宇宙世紀〕と、これまでに公開されたepisode 1~6を振り返ります。
  ・「機動戦士ガンダムUC」の世界を、舞台設定、キャラクター、メカニック、設定資料等、様々な側面から紹介。ガンプラも多数展示。
  ・イベント限定ガンプラをはじめ、機動戦士ガンダムUC関連商品の販売も行います。

既にファンの方から、初めてUCに触れていただく方まで、幅広く楽しんでいただけるイベントです。皆様の御来場をお待ちしております。

(「機動戦士ガンダム UC展 ~Road to episode 7」より)

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)展〜Road to episode7〜

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)展〜Road to episode7〜

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)展〜Road to episode7〜

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)展〜Road to episode7〜

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)展〜Road to episode7〜

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)展〜Road to episode7〜

続きを読む

「あの時 あなたは 僕を守ってくれなかったじゃないですか」 「あなたが正しいと言うのなら なんで守ってくれなかったんです」

「あの時 あなたは

 僕を守ってくれなかったじゃないですか」
 
「あなたが正しいと言うのなら

 なんで守ってくれなかったんです」

――― 瀬田宗次郎、『るろうに剣心』 (*1)

閉ざされたドアの向こうで吹きあれる戦争で、どれほど多くの子どもたちが不具にされているかということに、だれも気づかない。そしてだれも、魂を失った人々を助けるすべを知らない。

――― 『母に心を引き裂かれて』 (*2)

「これで・・・

 これでもう・・・

 戦わなくて済む

 殺し合いの螺旋から

 俺は降りる」

――― 辻風黄平、『バガボンド』 (*3)

in this waking hell I am
witnessing more than I can compute
この燃え盛る
理解をこえた地獄の目撃者

pray myself we don't forget
lies, betrayed and the oppressed
嘘や裏切り
虐げられた人々を決して忘れない

please give me the strength to be the truth
真実であるための力を私の手に

people facing the fire together
if we don't, we'll lose all we have found
この炎に立ち向かう
そうしない事は全てを失う事だから

――― ORIGA、「rise」 (*4) (*5) (*6)

これからお話する話の登場人物についてですが、あるいは、今、あなたのすぐちかくにいる、あなたがとてもよく知っているその人、ということになるかもしれません。

ですが、ここでは話の都合上、舞台となる時代と場所は、今ではないいつか、ここではないどこか、ということにしておきます。

正確には、「いつの時代でもあり得る」し、「どこの場所でもあり得る」といえます。

過去のことかもしれないし、現在のことかもしれないし、未来のことかもしれません。

地球の裏側で起こっていることかもしれないし、名前くらいは聞いたことがあるあの場所で起こっていることかもしれないし、あなたのすぐそばで起こっていることかもしれません。

ですが、とりあえずそのことはおいておいて、今ではないいつか、ここではないどこか、ということにしておきます。

そして、登場人物はその、今ではないいつか、ここではないどこかにいる、ある子どもです。

ここでは、その子がどのような名前で呼ばれているのか、ということも、その子の性別が男性か女性か、ということも、とくに重要なことではありません。

なぜなら、「どのような名前でもあり得る」し、「どちらの性別でもあり得る」といえるからです。

聞いたこともないような名前かもしれないし、あの人とおなじ名前かもしれないし、あなたとおなじ名前かもしれません。

ですが、ここではとりあえず、その子の名前を「宗次郎」と呼ぶことにします。

この「宗次郎」という子どもは、深刻な問題を抱えている「親」と、幼い頃からともにいることを強いられることになるために、自身もこころに傷を負うことになります。

これは、そんな「宗次郎」たちのお話です。

 

続きを読む

  1. (瀬田宗次郎(声優 日髙のり子)、和月伸宏(脚本 島田満、監督 古橋一浩)、第55話「嵐の夜の惨劇・宗次郎の過去」、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(アニメ)) [↩ Back]
  2. (ジョアンナの日記の抜粋、クリスティーヌ・A・ローソン(Christine Ann Lawson)(訳 遠藤公美恵)、7章「迷える子どもたち―「完璧な」子どもと「くずの」子ども」、『母に心を引き裂かれて―娘を苦しめる“境界性人格障害”の母親』、196~197ページ) [↩ Back]
  3. (辻風黄平、井上雄彦、「#125 螺旋」、第13巻、『バガボンド』) [↩ Back]
  4. 作詞 Tim Jensen、ORIGA作曲 菅野よう子、歌 ORIGA、「rise」、『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』オープニング主題歌) [↩ Back]
  5. 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG) [↩ Back]
  6. rise : 歌詞・訳詞 : CMSB) [↩ Back]

『攻殻機動隊ARISE -GHOST IN THE SHELL-』 草薙素子が少佐と呼ばれる前夜の物語

Kickstarter(キックスターター)をつかったクラウドファンディングの事例: Production I.Gによるアニメーション制作資金の調達

資金調達のためにインターネット上で世界中の人たちから出資を募るクラウドファンディング」のおもしろい事例を紹介します。

下の動画で紹介している事例は、世界的に有名なアニメーション制作会社「Production I.G」が、『キックハート』というアニメの制作資金を集めるために、「Kickstarter」(キックスターター)というクラウドファンディング・サービスを利用している事例です。

(小さい画面では見にくいという場合は、動画の右下についている「歯車」のアイコンを押して画質を高画質にして、その右横の方にある「全画面」のアイコンをクリックして画面を拡大して見てください。)

(上の動画は、YouTube内の動画再生ページでも見ることができます → Kickstarter(キックスターター)をつかったクラウドファンディングの事例: Production I.Gによるアニメーション制作資金の調達

続きを読む

『もののけ姫』に登場する「シシ神」は、なぜ「シシ神」という名前なのか?

屋久杉

(*1)
       

ヤクシカ(屋久鹿)

(*2)
       

坊主岩

(*3)

 

「おのれが、人の命を絶ち、その肉(しし)むらを食ひなどするものは、かくぞある。おのれら、承れ。たしかにしや首斬(き)りて、犬に飼ひてん」

―――「吾妻人、生贄をとどむる事」、『宇治拾遺物語』

「生きることはまことに苦しく辛い
 
 世を呪い・・・
 人を呪い・・・
 それでも生きたい」

――― 病者の長、『もののけ姫』

宮崎駿さんが脚本を担当し、
スタジオジブリが製作した、
長編アニメーション映画

『もののけ姫』

という作品があることはご存知だと思います。

この『もののけ姫』の物語のなかに、

「シシ神」

という名前の「神」が登場します。

この「神」、
すこし変わった名前だと思いませんか?

「神」であるにしては、
すこし威厳に欠ける名前のように感じられます。

これなら、猪族の長である巨猪、
「乙事主(おっことぬし)」の方が、
よほど威厳のある名前のように感じます。

この「シシ神」は、
『もののけ姫』の物語のなかで
もっとも重要な神です。

それにもかかわらず、
なぜ「シシ神」という名前が付いているのでしょうか?

今回は、このことについて、考えてみたいと思います。

続きを読む

  1. (屋久杉(Photo by Yosemite on Wikimedia Commons)) [↩ Back]
  2. (ヤクシカ(屋久鹿)(Photo by Kabacchi on Flickr)) [↩ Back]
  3. (坊主岩(Photo by Yosemite on Wikimedia Commons)) [↩ Back]

『プラネテス』 ―人間たちの物語―

突然ですが、アニメ『プラネテス』を紹介したいと思います。

 

このアニメは、笑いあり、涙あり、シリアスありと、
アニメの域を超えたおもしろさです。

 

表題の『プラネテス』(ΠΛΑΝΗΤΕΣ、PLANETES) の意味は 続きを読む

メルマガ登録
メールマガジンへのご登録は、こちらからどうぞ
PR

このページの先頭へ