「ブログ」タグの記事一覧

毎日20人の見込み客を無料で獲得する仕組み「オプトインブログ」

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

crowd(*1)

今回は、ブログをつかって、ファンやお客さんを集める集客の仕組みについて、お話したいとおもいます。

ちなみに、ぼくが、あるお客さんのブログにこの仕組をいれてみたところ、その方は、毎日平均20件のメルマガ読者を獲得することができるようになりました。

ですので、これからお話する仕組みは、あなたがファンやお客さんを集めるためにもきっと役に立つでしょう。

続きを読む

  1. crowd by chrissy polcino, on Flickr) [↩ Back]

マイケルフォーティン(Michel Fortin)ってだれ? 『海外マーケター列伝』

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

マイケル・フォーティン(Michel Fortin)
世界的に有名なダイレクト・レスポンス・コピーライター
マイケル・フォーティン(Michel Fortin)

マイケル・フォーティンは、一流のダイレクト・レスポンス・コピーライターであり、起業家、マーケッター、作家、講演者、コンサルタントとしても活躍しています。

日本でも広く知られている、QUESTフォーミュラ(クエストフォーミュラ)や、3x3ヘッドラインルール(スリーバイスリーヘッドラインルール)、OATHフォーミュラ(オースフォーミュラ)などのコピーライティングにおける公式(フォーミュラ)の多くも、マイケル・フォーティンが最初に考案したものです。

ほかにも、ドラムの演奏を30年以上つづけていて、プロのドラマーとしても活動しています。

また、あまり知られていませんが、マイケル・フォーティンは、自分でワードプレスサイトを作成し、画像のデザインや、プログラミングまで、すべて一人でこなしてしまうほどの、ワードプレスマスターでもあります。

目次
  1. マイケル・フォーティンのブログに掲載されているコンテンツ・イズ・キング(太っ腹だぜマイケル・フォーティン!)
  2. QUESTフォーミュラや、3x3ヘッドラインルール、OATHフォーミュラなどの生みの親は、マイケル・フォーティンです
    1. QUESTフォーミュラ(QUEST Formula)(クエストフォーミュラ)
    2. 3x3ヘッドラインルール(3 x 3 Headline Rule)(スリーバイスリーヘッドラインルール)
      1. 人がもっとも追い求めている3つの「ゴール」(目標)
      2. 人がもっとも欲しがる3つの「ディザイア」(欲望)
      3. 人をもっとも行動に駆り立てる3つの「ティーザー」(じらし)
    3. お客さんが本当に買っているものとは?: 「フィーチャー」、「アドバンテージ」、「モーティブ」、「ベネフィット」の違い
    4. コピーライティングの5つの公式(フォーミュラ)のまとめ
  3. マイケル・フォーティンのブログに掲載されているコピーライティングのテクニック集
    1. マイケル・フォーティンがセールスレターを書くときにつかっている、コピーライティングの7ステップ
    2. 磁石のようにお客さんを引きつけるヘッドライン(見出し)を書くための7つのポイント
  4. ブログの無料コンテンツ:マイケル・フォーティンと一流のコピーライターたちの対談音声
    1. ゲイリー・ハルバートとマイケル・フォーティンの対談音声(1回目)
    2. ゲイリー・ハルバートとマイケル・フォーティンの対談音声(2回目)
    3. ジョン・カールトンとマイケル・フォーティンの対談音声
  5. ブログの無料コンテンツ:目標設定についてマイケル・フォーティンが書いた本『Drop Your Goals (And Manage Your Life)』
  6. ブログの無料コンテンツ:マイケル・フォーティンへのインタビュー
  7. ブログの無料コンテンツ:「広告の神様」クロード・C・ホプキンスの名著、"Scientific Advertising"(『広告マーケティング21の原則』)
  8. ブログの無料コンテンツ:ウォレス・D・ワトルズの名著、"The Science Of Getting Rich"(『富を手にする「ただひとつ」の法則』)
  9. 「おいらはドラマー♪ ロックなドラマー♪ おいらがコピーを書けば、嵐を呼ぶぜ♪」 嵐を呼ぶコピーライター、マイケル・フォーティン
    1. 一流のコピーライターには、アーティスト的な感性が必要なようです。
  10. ワードプレスマスターとしてのマイケル・フォーティン
  11. パワフルです!!!
  12. (※追記あり)奥さんのシルヴィー・フォーティンも起業家です
  13. マイケル・フォーティンのブログ、ソーシャルメディア
  14. マイケル・フォーティンについての関連記事

続きを読む

ワードプレス(WordPress)の利点(SEO、機能、商用利用無料、カスタマイズ性、デザインなどなど)

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

WordPress日本公式キャラクター「わぷー」(*1)

どうも、倉田です。

今回は、ワードプレス(WordPress)の利点についてお話しようとおもいます。

ワードプレスは、ただ単に、ブログやウェブサイトを無料でかんたんに作成・運営できるというだけのツールではありません。

ワードプレスは、

インターネット上で情報発信をするための総合的なプラットフォーム

です。

かんたんにいえば、あなたの「情報発信基地」になるものです。

ブログをつかって本気で情報発信をするのであれば、ワードプレス以外の選択肢はあり得ないと言っても過言ではありません

ビジネスのためのブログであるにもかかわらず、アメブロやFC2ブログ、シーサーブログなどをつかっている人を見ると、本気でビジネスをやる気があるのかどうかとても心配になります。

「私はネットビジネスのプロです」と言いながら、こうしたブログをつかっている人は信用できないと、個人的にはおもいます。

もし、あなたがブログをつかって情報発信をしたいとおもっているのならワードプレス(WordPress)が最良の選択です。

このことを証明するために、ここからはワードプレスをつかうことの利点についてお話したいとおもいます。

ちなみに、ぼくは、自分でサーバーに設置するタイプのワードプレスを、2006年からずっとつかっていて、その間、ワードプレスをつかって自分のブログをつくったり、仕事でお客さんのブログやホームページをつくるためにワードプレスをつかってきました。

ここでお話することは、その7年間の経験から、ぼくが実際に肌で感じていることです。

続きを読む

  1. (ワードプレス(WordPress)の日本公式キャラクター「わぷー」) [↩ Back]

エベン・ペーガン(Eben Pagan)ってだれ? 『海外マーケター列伝』

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

エベン・ペーガン(Eben Pagan)
エベン・ペーガン(Eben Pagan)

エベン・ペーガン(Eben Pagan)ってだれ?

エベン・ペーガンは、恋愛関連の教材で圧倒的な地位を築いたあと、インターネットマーケティングの業界に参入してきた異色の経歴の持ち主です。

彼は、ビジネスをはじめてから10年間で、総額1億ドル(約100億円)以上の情報商品を販売してきたという実績をもっています。

彼が販売している商品には、20ドル~500ドル(約2,000円~約5万円)の低価格商品から、1万ドル~2万4000ドル(約100万円~約240万円)の高額商品まで、さまざまな価格帯の情報商品やトレーニング講座があります。

彼のビジネスは、今や10以上のブランド(商品グループ)をもち、そのそれぞれが数億円の売上をあげています。

それらのビジネスをすべてあわせると、年商20億円規模の巨大ビジネスにまでなっています。

また、彼は、たった1回のプロモーションだけで、約12万人もの見込み客を集めたこともあります。

現在、エベン・ペーガンは、このような巨大ビジネスのオーナーになっています。

▲ もくじへもどる

エベン・ペーガンの過去

エベン・ペーガンは今でこそ、年商20億円規模の巨大ビジネスのオーナーになっていますが、彼が歩んできた人生は平坦な道ではありませんでした。

エベン・ペーガンは、オレゴン州の田舎町のあまり裕福ではない家庭に生まれ、森にかこまれた環境のなかで育ちました。

彼は、高校1年生のときに学校を中退したり、そのあと入学した短期大学も中退するなど、勉強ができるようなタイプではありませんでした。

彼のはじめての仕事は、 続きを読む

WordPressが世界一のブログソフトウェアである証拠となる統計データ

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

はじめて「WordPress(ワードプレス)」に触れる初心者の人に対して紹介するとき、「WordPress は世界で一番使われているブログソフトウェアです」という説明がよくされます。

ですが、「世界で一番使われているブログソフトウェアである」という根拠を、具体的な統計データを示して、ちゃんと説明している人はあまり見かけません。

そこで、ここでは、「WordPress が世界で一番使われているブログソフトウェアである」という主張の根拠を、さまざまな統計データやグラフを示しながら、お話していきます。

ただ、はじめに身もフタもないことを言ってしまうと、僕が調べたところ、「世界で最も利用者の多いブログ・ソフトウェアはWordPressである」ということを明確に示すような、主要なブログ・ソフトウェアを比較してランク付けした、公的で信頼性の高いそのものズバリな統計データは見つけられませんでした。

なので、もしかすると、「WordPress(ワードプレス)」は世界で一番多く使われているブログソフトウェアではないという可能性も、なくはないです。

「じゃあ、世界一なんて、ウソだったんだな!」

と言われても、しかたないかもしれません。

ですが、これから紹介していく数々の統計データなどを見ていただければ、「WordPress(ワードプレス)」を利用している人々がどれだけ多いか、ということがお分かりいただけると思います。

そして、世界中にいる「WordPress(ワードプレス)」の利用者の数の途方もなさを実感していただければ、「WordPress が世界で一番使われているブログソフトウェアである」という言葉が、かなりの正確さで的を射た言葉である、ということが分かっていただけると思います。

続きを読む

WordPressには2種類ある!?「WordPress.org」と「WordPress.com」の違いってなに?

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

ここまで、「WordPress(ワードプレス)」という一言で説明してきましたが、実は、「WordPress(ワードプレス)」を利用するためには、大きく分けて、2つの方法があります。

このことを知らないと、後で混乱してしまうことになるので、ここで説明しておきます。

ただ、はじめに言っておくと、実際は、「WordPress が2種類ある」というよりも、「WordPress(ワードプレス)」という1つのソフトウェアが、2種類の方法で提供されている、といったほうがより正確です。

続きを読む

サーバーインストール型ブログと、無料ブログサービスとの違い

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

サーバーインストール型ブログと、無料ブログサービスとの違いついてお話します。

無料ブログサービスとは、

  • 「アメーバブログ(アメブロ)」
  • 「livedoor Blog(ライブドアブログ)」
  • 「ココログ」
  • 「FC2ブログ」
  • 「gooブログ」
  • 「Yahoo!ブログ」
  • 「JUGEM(ジュゲム)」
  • 「忍者ブログ」
  • 「はてなダイアリー」
  • 「excite blog(エキサイトブログ)」
  • 「Seesaaブログ」
  • 「Blogger(ブロガー)」
  • 「Windows Live スペース(ウィンドウズ ライブ スペース)」

などのことです。

これまでにサービスを終了した無料ブログの実例

もしもあなたが無料ブログをお使いであれば、そのサービスもいつか終了になるかもしれません。

2005年11月30日
サイバーエージェントが運営するブログサービス「melma!blog」サービス終了

2009年1月31日
「AOLダイアリー」サービス終了

2009年3月31日
ライブドアの初心者向けブログ「nowa」サービス終了

2009年5月30日
NTTデータのブログサービス「Doblog」サービス終了

2010年3月31日
「trackback Blog」サービス終了

2010年3月31日
ブログ&SNS コミュニティ「CURURU(クルル)」サービス終了

2010年3月31日
「CAT-V SQUARE Blog」サービス終了

2010年3月31日
「ドリコムブログ」サービス終了

これまでにサービスを終了した無料メールマガジン配信スタンドの実例

ブログではありませんが、以下の無料メールマガジン配信サービスも、サービスの提供を終了した無料サービスの例です。

これらの事実は、無料で提供されているサービスは、いつか突然、サービスが打ち切られるかもしれない、ということを示しています。

2008年7月31日
「メルマガ天国」サービス終了

2010年3月29日
「BIGLOBEカプライト」サービス終了

2010年4月20日
「Yahoo!メルマガ」サービス終了

夜間や週末は、ブログの動作が重くなる

夜の時間帯は、仕事が終わって帰宅した人たちがいっせいにインターネットを使うので、回線がとても込み合います。

この状態は、イメージとしては、朝の通勤ラッシュのようなものです。

いわば、「夜のインターネット・ラッシュ」です。

通勤ラッシュのように大勢の人がいっせいにインターネットを利用するので、ページが表示されるまで普段よりも長い時間がかかってしまいます。

また、週末ごろも、インターネットをする人が多くなるときなので、同じように「インターネット・ラッシュ」現象が起こります。

さらに、週末の夜の時間帯ともなると、「週末」と「夜の時間帯」という、2つの「インターネット・ラッシュ」の条件の両方が重なるので、インターネットへの接続がとくに重くなります。

たとえば、有名な無料ブログサービスであれば、そのサービスを利用している何万人という人が、一度にそのブログのシステムを利用することになります。

そのため、書いていたブログ記事が途中で消えてしまったり、ブログの内容が表示されるまでに時間がかかりすぎてしまったりすることがあります。

このような状況は、たとえるなら、バーゲンセールのときに、大勢の人がいっせいに同じ場所に群がっているような状況と同じです。

そのような混雑した状況では、その場所でなにかの作業をまともにやることは、とても難しいでしょう。

通告もなく、突然、ブログが削除されてしまう

無料ブログを利用していると、ブログが削除されてしまう危険があります。

しかも、通告もなく、突然、削除されてしまうこともあります。

実際に、ブログが削除されてしまった人はたくさんいます。

気づいたときには、これまで苦労して築きあげたブログが、水の泡になってしまうのです。

ブログが削除される原因は、規約違反です。

そもそも、無料ブログは、その無料ブログサービスを運営している会社にとっては、広告を掲載するための広告媒体なのです。

その広告媒体であるブログに掲載されている広告から収益が得られるからこそ、ブログサービスを無料で提供することができるのです。

ですから、無料ブログサービスの運営会社としては、ブログ内に自分たちの収益にならない広告が掲載されるのは、本来の目的とは異なります。

なぜなら、自分たちの広告以外の広告が掲載されることによって、自分たちの広告収入が減ってしまう可能性があるからです。

つまり、無料ブログサービスの運営会社にとってみれば、ブログサービスの利用者が掲載するアフィリエイト広告などの広告は、自分たちの収入源である広告と競合するライバルになるのです。

そのため、アフィリエイト収入を得ることを目的として、バナー広告やテキスト広告などのアフィリエイト広告を掲載しているブログは、削除される可能性が高いようです。

また、現在の利用規約を守っていたとしても、将来的に規約が変わったときに、規約違反としてブログが削除されてしまうということもあり得ます。

もともと、誰か他人のものを借りているという立場上、ブログが削除されてしまってからいくら訴えても、まったく無意味です。

無料でサービスを利用している限り、ブログが削除されてしまっても、文句は言えません。

独自ドメインでなければ、AdWords広告が出しにくい

独自ドメインを使えない無料ブログサービスでは、AdWords広告が出しにくくなります。

なぜなら、AdWords広告を使って、検索キーワードに関連する広告を表示する際には、広告のリンク先ページのURLのドメイン1つにつき、1つの広告しか表示されないからです。

無料ブログのページはすべて、広告のリンク先ページのURLのドメインが、その無料ブログサービスの運営元が管理しているドメインになってしまいます。

つまり、無料ブログを使って作ったページ上で、AdWords(アドワーズ)を通じて広告を出す場合、同じキーワードで広告を出しているブログがたくさんあったとしたら、どんなにがんばったとしても、そのなかでAdWords(アドワーズ)の広告に表示されるのは、たった一つのブログだけだということです。

このことについて、
GoogleのAdWords(アドワーズ)のヘルプには、次のように書かれています。

表示 URLに同じトップ レベル ドメインを使用する広告は、検索キーワードに対して 1 つしか表示されません。つまり、アフィリエイト プログラムに参加する他のアフィリエイトやウェブサイトが、表示 URL でお客様と同じドメインを使用している場合、1 つのキーワードに対して掲載されるのは 1 つの広告のみとなります。

たとえば、「google.com」というドメインと、次の URL や表示 URL は同じものとみなされます。

  • home.google.com
  • www.google.com
  • google.com
  • www.google.com/home
  • www.Google.com

(出典:アドワーズ 広告 ヘルプ、「Google のアフィリエイト広告の入札に関するポリシーについて教えてください。」)

このように、独自ドメインを利用することができない無料ブログサービスでは、AdWords広告がだしにくくなってしまいます。

ただ、独自ドメインが利用できる無料ブログサービスも存在します。

ですが、それらの独自ドメインサービスのなかには、そのサービスに対して月額料金を課金している場合も多いです。

そのため、たとえ、独自ドメインが利用できる無料ブログサービスを利用していたとしても、月額料金がかかるのであれば、はじめから自分でレンタルサーバーを借りて、そこで独自ドメインを使うことをおすすめ絵します。

ソロスの父の言葉、「いつも、急いで逃げる準備をしておけ。」

あなたのブログやホームページは、あなたとあなたのビジネスにとっての大切な資産です。

そして、自分の資産は、常に自分の管理下に置いておくことがもっとも望ましいことです。

その理由は、リスクを回避するためです。

上でもお話したように、無料ブログなどのサービスは、運営会社の都合や経済環境の変化によって、いつサービス終了になるかわからないというリスクや、いつ規約が変更されて自分のブログが削除されてしまうかわからない、というリスクが付きまといます。

もしも、サービス終了や削除の憂き目にあったとしても、他人のシステムに間借りをしてブログやホームページを運営している以上、無料ブログの利用者には文句を言う権利はありません。

ですが、これとは逆に、ブログを自分で管理するようにすれば、リスクは減ります。

リスクがゼロになることはありませんが、少なくとも、なんの前触れもなく、突然、自分のブログが削除されてしまう、といったことはまずありません。

余談ですが、
ビル・ゲイツに次ぐ世界第2位の資産家である「オマハの賢人」ウォーレン・バフェットと、
「イングランド銀行を破綻させた男」ジョージ・ソロスという、
世界で最も有名な2人の投資家に共通する投資哲学と投資戦略を分析した、『バフェットとソロス 勝利の投資学』という本のなかで、著者である投資家のマーク・ティアーが以下のようなことを述べています。

企業家たちと同様に、成功している投資家たちは非常にリスク回避的であり、リスクを避け、損失を抑えるためには何でもする。

マーク・ティアー、『バフェットとソロス 勝利の投資学』、p.19

リスクを避けるのは資産を成長させる上での基本である。神話に反して、あなたが大きなリスクをとれば大きなリターンを得るよりも大きな損失を出して終わる可能性のほうが高いだろう。だから、成功している投資家は、収益を追いかけるよりも損失を避けることにより注意を払うのである。

マーク・ティアー、『バフェットとソロス 勝利の投資学』、p.20

投資家であるだけでなく、経営者としてバークシャー・ハサウェイ社の経営にも携わっているウォーレン・バフェットがその典型ですが、優れた投資家は、優れた企業家でもあります。

そして、バフェットやソロスのような優れた投資家がリスク回避的であるということは、優れたビジネスもまた、リスク回避的であるべきだ、ということでもあるのです。

ですから、もしも、あなたが自分のビジネスに役立てるためにブログを運営するのであれば、自分で管理することができない無料ブログは、リスク回避という観点からいって、避けるべきものなのです。

そして、リスクを自分で管理できるようにするためにも、自分で用意したサーバーに、WordPress(ワードプレス)のような、自分専用のブログ・ホームページを設置して運用することが望ましいのです。

ついでながら、
ソロスのリスク管理方法として、ソロスの父が彼に教えたリスク管理のルールは、以下のようなものでした。

ソロスのリスクを扱う能力は、ナチ占領下のブダペストで死ぬリスクに日々直面していた時代に「刷り込まれた」ものだ。生き残りの達人であったソロスの父が彼に教えたリスク管理の三つのルールは、今日でもソロスを導いている。

      1 リスクをとるのはかまわない。
      2 リスクをとるのはかまわないが、すべてを賭けてはいけない。
      3 いつも、急いで逃げる準備をしておけ。

マーク・ティアー、『バフェットとソロス 勝利の投資学』「第4章 ソロスはリスクをとらない?」、p.55-56

ソロスの父が言うように、「急いで逃げる」必要はないかもしれませんが、自分の資産を自分で管理することを怠ってなにかに依存しているせいで、誰かに自分の行動を妨げられる可能性があるということは、とても危険なことなのです。

このように、リスクを回避するという観点からも、無料ブログではなく、WordPress(ワードプレス)のような、自分で管理できる、自分専用のブログ・ホームページを利用することが望ましいのです。

メルマガ登録
いろんな分野のごちゃまぜメルマガ