「レポート」タグの記事一覧

海外マーケッターのFacebookページのオプトインページ(カスタムタブ)の実例 - ライアン・ダイス、「Digital Marketer」

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

ライアン・ダイス(Ryan Deiss)
ライアン・ダイス(Ryan Deiss)

海外マーケッターのFacebookのオプトインページの実例

海外の有名なマーケター、ライアン・ダイス(Ryan Deiss)が、「Digital Marketer」(デジタルマーケター)のFacebookページでつかっているオプトインページの実例を紹介します。

参考:ライアン・ダイス(Ryan Deiss)ってだれ? 『海外マーケッター列伝』

(「Digital Marketer」(デジタルマーケター)というのは、彼が運営している、マーケティング情報を提供するサービスのことです。)

「フリー・トラフィック・ループホール」

カスタムタブのページ自体が、直接オプトインページになっています。

(よくある、「いいね!を押してもらってから、次のページでオプトイン登録してもらう」という方式ではありません。)

かなりシンプルなオプトインページです。海外では、このように、短い、とてもあっさりとしたオプトインページもよくつかわれています。

このカスタムタブのページを直接、Facebook広告やアフィリエイト広告などに出して、見込み客を集めているようです。

続きを読む

「動画セールスレターにはコントロールバーをつけるべきなのかどうか?」ということを、フランク・カーンと、ブレンドン・バーチャードの動画セールスレターを参考にしながら解説します

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

どうも、倉田幸暢です。

今回は、動画セールスレターの動画に「コントロールバー」をつけるかどうかという問題についての指針を示したいとおもいます。

この指針は、海外マーケッターたちのいろいろな動画セールスレターを検証してきた結果として得られたものです。

また、それらの動画セールスレターの実例として、

● 動画セールスレターをつかった1つのプロモーションだけで、350万ドル(約2億8000万円)を売上げたブレンドン・バーチャード

と、

● 動画セールスレターをつかった3つのプロモーションだけで、1300万ドル(10億円以上)の収益をあげたフランク・カーン

の2人の海外マーケッターの動画セールスレターの実例集も紹介します。

さきに結論を述べておくと、ここで紹介する指針は、つぎの2つです。

① オプトインページにつける動画や、販売前に提供する無料プレゼントのコンテンツとして、「無料動画講座」などといったかたちをとるときには、コントロールバーをつける。

② 販売プロセスの最後のセールス動画にはコントロールバーをつけない。

ただ、ひとつ注意していただきたいのは、「どんな場合でもこの指針に従わなければならない」というわけではないということです。

この指針は、これまで僕が海外のマーケッターたちの動画セールスレターをたくさん見てきた限り、一般的にこのような傾向がみられたというところから導き出したものです。

ですので、この指針を、「あくまでひとつの目安にすぎない」としてとらえてもらってもかまいません。

それでは、ここからは、この指針の背景や根拠などについてくわしく解説していきます。

続きを読む

フランクカーン(Frank Kern)がFacebook広告をつかって4倍の費用対効果をあげた実例をご紹介します

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

こんにちは、倉田幸暢です。

Facebook広告をつかって4倍の費用対効果をあげたという、アメリカの大物マーケッターのひとりであるフランクカーン(Frank Kern)の実例をご紹介したいとおもいます。

これは、2011年3月4日にフランクカーンから送られてきたメールで、彼が語っている話です。

フランク・カーン(Frank Kern)

フランク・カーンから送られてきたメール

フランク・カーンがFacebook広告をつかって4倍の費用対効果を得た実例

フランク・カーンは、2011年の1月6日にFacebook広告がどれほど効果的なものなのか確かめようとして、実験的にFacebook広告をつかってみたそうです。

広告の設定を20分ほどで終えて、44,000ドル(約360万円)の広告費をかけた結果、 続きを読む

メルマガ登録
いろんな分野のごちゃまぜメルマガ
PR