「ワードプレスの基礎知識」タグの記事一覧

ワードプレス(WordPress)の利点(SEO、機能、商用利用無料、カスタマイズ性、デザインなどなど)

WordPress日本公式キャラクター「わぷー」(*1)

どうも、倉田です。

今回は、ワードプレス(WordPress)の利点についてお話しようとおもいます。

ワードプレスは、ただ単に、ブログやウェブサイトを無料でかんたんに作成・運営できるというだけのツールではありません。

ワードプレスは、

インターネット上で情報発信をするための総合的なプラットフォーム

です。

かんたんにいえば、あなたの「情報発信基地」になるものです。

ブログをつかって本気で情報発信をするのであれば、ワードプレス以外の選択肢はあり得ないと言っても過言ではありません

ビジネスのためのブログであるにもかかわらず、アメブロやFC2ブログ、シーサーブログなどをつかっている人を見ると、本気でビジネスをやる気があるのかどうかとても心配になります。

「私はネットビジネスのプロです」と言いながら、こうしたブログをつかっている人は信用できないと、個人的にはおもいます。

もし、あなたがブログをつかって情報発信をしたいとおもっているのならワードプレス(WordPress)が最良の選択です。

このことを証明するために、ここからはワードプレスをつかうことの利点についてお話したいとおもいます。

ちなみに、ぼくは、自分でサーバーに設置するタイプのワードプレスを、2006年からずっとつかっていて、その間、ワードプレスをつかって自分のブログをつくったり、仕事でお客さんのブログやホームページをつくるためにワードプレスをつかってきました。

ここでお話することは、その7年間の経験から、ぼくが実際に肌で感じていることです。

続きを読む

  1. (ワードプレス(WordPress)の日本公式キャラクター「わぷー」) [↩ Back]

オープンソースライセンスってなに?商用でも無料で使えるの?

WordPress(ワードプレス)などの「オープンソースソフトウェア」と呼ばれるソフトウェアは、「オープンソース」というライセンス形態をとっています。

このため、WordPress(ワードプレス)のソフトウェアは、個人で利用する場合にも、商用で利用する場合にも、誰かにお金を払うことなく、無料で利用することができます

オープンソース」とは、その名のとおり、誰に対しても「開かれた」オープン(open)なものなのです。

なお、「ソース」(source)というのは、プログラムの「ソースコード」(プログラミング言語で書かれた文字の羅列)のことです。

(WordPress(ワードプレス)のオープンソース・ライセンスは、正確には「GNU General Public License (GPL)」という名前のライセンス形態です。)

ちなみに、厳密には「オープンソース = 無料」というわけではないのですが、ほとんどの場合、「オープンソースというのは、無料で利用できるソフトウェアのことだ」という理解でも問題はありません。

ここで、「なぜ、オープンソースのソフトウェアは無料なんだろう?」という疑問がわいてくるかもしれません。

続きを読む

WordPressの歴史

創始者 Matt Mullenweg(マット・マレンウェッグ)

WordPress(ワードプレス)を最初につくりはじめたのは、Matt Mullenweg(マット・マレンウェッグ)さんと、Mike Little(マイク・リトル)さんの二人です。

この二人の創始者の一人である、Matt Mullenweg(マット・マレンウェッグ)さんへのインタビューのなかで、彼がWordPress(ワードプレス)を作ろうと思い立ったきっかけと、WordPress(ワードプレス)のその後の展開について語られています。

続きを読む

ワードプレスの基礎知識

WordPressが世界一のブログソフトウェアである証拠となる統計データ

はじめて「WordPress(ワードプレス)」に触れる初心者の人に対して紹介するとき、「WordPress は世界で一番使われているブログソフトウェアです」という説明がよくされます。

ですが、「世界で一番使われているブログソフトウェアである」という根拠を、具体的な統計データを示して、ちゃんと説明している人はあまり見かけません。

そこで、ここでは、「WordPress が世界で一番使われているブログソフトウェアである」という主張の根拠を、さまざまな統計データやグラフを示しながら、お話していきます。

ただ、はじめに身もフタもないことを言ってしまうと、僕が調べたところ、「世界で最も利用者の多いブログ・ソフトウェアはWordPressである」ということを明確に示すような、主要なブログ・ソフトウェアを比較してランク付けした、公的で信頼性の高いそのものズバリな統計データは見つけられませんでした。

なので、もしかすると、「WordPress(ワードプレス)」は世界で一番多く使われているブログソフトウェアではないという可能性も、なくはないです。

「じゃあ、世界一なんて、ウソだったんだな!」

と言われても、しかたないかもしれません。

ですが、これから紹介していく数々の統計データなどを見ていただければ、「WordPress(ワードプレス)」を利用している人々がどれだけ多いか、ということがお分かりいただけると思います。

そして、世界中にいる「WordPress(ワードプレス)」の利用者の数の途方もなさを実感していただければ、「WordPress が世界で一番使われているブログソフトウェアである」という言葉が、かなりの正確さで的を射た言葉である、ということが分かっていただけると思います。

続きを読む

WordPressには2種類ある!?「WordPress.org」と「WordPress.com」の違いってなに?

ここまで、「WordPress(ワードプレス)」という一言で説明してきましたが、実は、「WordPress(ワードプレス)」を利用するためには、大きく分けて、2つの方法があります。

このことを知らないと、後で混乱してしまうことになるので、ここで説明しておきます。

ただ、はじめに言っておくと、実際は、「WordPress が2種類ある」というよりも、「WordPress(ワードプレス)」という1つのソフトウェアが、2種類の方法で提供されている、といったほうがより正確です。

続きを読む

CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)ってなに?

WordPress(ワードプレス)は、CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)と呼ばれる種類のソフトウェアです。

では、このCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)というのは、なんのことでしょうか?

CMSとは、一言で言えば、

「さまざまな機能を持ったウェブサイトを簡単に作成し、管理することができるソフトウェア」

のことです。

さまざまな「コンテンツ」(情報)を持ったウェブサイトを、作成・管理する(「マネージメント」)ことができるソフトウェア(「システム」)なので、「CMS(コンテンツ・マネージメント・システム)」と呼ばれているのです。

「さまざまな機能を持ったウェブサイト」とは、たとえば、ブログやホームページ、掲示板サイト(BBS)、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)サイトなどのことです。

このような、さまざまな種類のウェブサイトのなかでも、WordPress(ワードプレス)は、主にブログサイトを作成し、運営するために作られたソフトウェアです。

ですので、WordPress(ワードプレス)は、一般的に「ブログソフトウェア」であるといわれます。

ほかのCMSのなかには、SNSをつくるためのCMSや、掲示板サイト(BBS)をつくるためのCMSなど、さまざまな種類のウェブサイトをつくるためのCMSがあります。

一昔前までは、CMSといえば、ある特定の機能に特化したウェブサイトを作るためのものでした。

ですが、最近ではCMSの多機能化により、ひとつのCMSだけで、複数の機能をもったウェブサイトを作ることができるようになってきています。

そして、WordPress(ワードプレス)も、多機能化によって守備範囲を広げているCMSのひとつです。

そのため、現在では、WordPress(ワードプレス)を使えば、ブログやホームページだけでなく、その気になれば、掲示板サイト(BBS)や、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)サイトなども作ることができます。

簡単にホームページが作れる

もしも、ホームページを自分で1から作るとしたら、膨大な勉強時間と、試行錯誤に費やす時間がかかるでしょう。

ブログなどの複雑な仕組みを作ろうとすれば、何年もかかるかもしれません。

ですが、CMSであるWordPress(ワードプレス)では、ブログやホームページを簡単に作成し、管理することができます。

たとえば、新しいページを作成するときでも、ワープロソフトの「Word」(ワード)を扱うような感覚で文章を書くだけで、ページを作成することができます。

すでに作成したページを修正したり、内容を追加したりするときも、同じように「Word」(ワード)を扱うような感覚で作業することができます。

また、WordPressを使っているウェブサイトでは、機能を追加していくことで多機能なウェブサイトにしてくことができます

ただ、WordPressを使ってウェブサイトを作成するためには、自分でレンタルサーバーを借りて、そのサーバーに自分でWordPressをインストールする作業が必要になります。

ですが、早ければ、1時間もかからないでしょう。

時間がかかったとしても、数時間以内にはあなたのブログを使い始めることができるはずです。

一方、もしも、自分で1から勉強してホームページを作ったり、ホームページ制作会社に作成を依頼したりしたとすれば、このようにすばやくホームページを持つことはできないでしょう。

このサイトで配布している解説書は、WordPressを使い始める際の手順を解説しているものです。

この解説書を利用すれば、まったくゼロの状態からでも、迷うことなくWordPressを使い始めることができます。

WordPressの欠点

もちろん、WordPressにもメリットばかりではなく、欠点や問題点などもあります。

ですが、それらのデメリットのなかには、対処可能はものもあります。

◎ページの表示が遅い

プラグインである程度解決できます。

◎プラグインの自由度が高い分、セキュリティーがあまいという批判がある。
◎セキュリティーがあまいという批判がある。

セキュリティーを高めるプラグインがあります。
セキュリティーを高めるための対処法もあります。

◎デフォルトの状態ではそこまで高いSEO効果があるわけではない。

WordPressには、SEOに有効なプラグインがたくさんあります。
WordPressを使っているSEOのプロたちも、そうしたプラグインを利用しています。

◎一回のインストールで複数のブログを運営することができない。
複数のブログ(ウェブサイト)を作成するためには、WordPressを複数インストールしなければならない。

WordPress MUを使うことで実現できます。
次のバージョンのWordPress3.0で改善されることになっています。

これらの問題は、世界中の優秀なプログラマーたちや、
ユーザーたちによって日々改善されています。

ですので、これから良くなることはあっても、悪くなることは考えられません。

◎オートパラグラフ(自動整形表示)機能

改善されつつある
プラグイン

◎商用サイトでは、オプション機能のひとつであるAkismetの利用が有料になる。

Akismetを使わなくても、ほかのプラグインで対処することができる。

◎無料で利用できて、自由にカスタマイズできる反面、メーカーの保証がない。

基本的に、保証がなくても問題ありません。
もしも、メーカーの保証が欲しい場合は、WordPress(ワードプレス)の開発元である、Automattic社( http://automattic.com/ )による有償サポートサービスが提供されています。

WordPressとMovable Typeの違いを比較: ワードプレスか?ムーバブルタイプか?

ブログやホームページを作ることができるCMSとしては、WordPress (ワードプレス)と Movable Type (ムーバブル・タイプ)が特に有名です。

そこで、ここでは、WordPress と Movable Type との違いを比較してみたいと思います。

続きを読む

メルマガ登録
いろんな分野のごちゃまぜメルマガ

このページの先頭へ