「効率的な学習法」タグの記事一覧

片手ですばやく使えるノック式蛍光マーカー ぺんてる 「ハンディラインS」

ぺんてる-新商品情報・・・ハンディラインS

このハンディラインSがあれば、マーカーを使うたびにいちいち
キャップをつけたりはずしたりする必要がありません。
マーカーを使いたいときにすばやく使えます。

私は蛍光マーカーで線を引きながら本を読みます。

(その理由は、マーカーだと、
線を太くしてマーカーとして使うだけでなく、
線を細くしてアンダーライン(あるいは傍線)を引くときにも使えるからです)

しかし、これまではキャップ式のマーカーを使っていました。

そのため、マーカーを使うたびに
いちいちキャップをつけたりはずしたりしなければなりませんでした。
そして、この動作に気をとられて集中できないことがずっと不満でした。

しかし、その不満はこのノック式蛍光マーカーを使うことで解消されました。
線を引きたいと思ったときにすぐに引けるので大変便利です。

書いた文字を消せるボールペン(水性)&蛍光マーカー PILOT 「FRIXION(フリクション)」シリーズ

PILOT|消えるを変える。フリクション

もう消しゴムで筆跡をこすって削り取る時代はおわりました。
パイロットは、温度変化で色が透明になるインキを開発。
消してもカスが出ず、何度でも書き直せる新発想の筆記具「FRIXION(フリクション)」シリーズが、“消える”の概念を変えます。

(PILOTのサイトより)



フリクションボール
(消せるボールペン、水性、8色)

フリクションライン
(消せる蛍光マーカー、6色)

このペンは、一定以上の温度になると色が消える、
独自の「フリクションインキ」を使用しています。

それによって、このペン(水性)で書いた文字を、
ペンの端についているゴムでこすると、
摩擦熱によってインクの色が無色透明になります。

消しゴムで消すのと違い、
消しても消しカスがでるわけではありません。

温度変化を利用してインキを無色にするため、消しカスが出ません。

(PILOTのサイトより)

しかし、こすって消すときに、強くこすると、ほんとうにごく微量ですが、
カスがでるときがあります。
強く摩擦させと、どうしても削れてカスがでてしまうようです。

(この消しカスが、紙が削れたカスなのか、ペン端のゴムが削れたカスなのかは、
消しカスが細かすぎて判別できませんでした)

紙の目に入り込んでしまった筆跡も温度が伝わればキレイに消えるので、消し残りがほとんどありません。

(PILOTのサイトより)

赤色などの色つきペンの場合は、
こすって消した後も筆跡がうっすらと残ることはあります。
しかし、ほとんど気にならない程度です。

こちらのブログでは、実際にフリクションボールを使用している様子を動画で見られます。

この動画を見ると、こすって消すのに時間がかかりそうな印象を受けます。
しかし、安定した机の上などでこすればここまで何回もこする必要はありません

電子辞書のすすめ ―電子辞書のメリット―

電子辞書のメリットとしては
「検索速度の速さ」
「軽くてスペースをとらないこと」
「手軽に複数の辞書を引くことができること」
などがあります。

とくにめんどくさがりの人が学習しようとするときには
電子辞書はとてもに役に立ちます。

また、「ジャンプ機能」も重要です。

何かを調べている途中で、他の言葉が気になることはよくあります。
そんなとき、また最初の画面に戻ってその言葉を打ち直すのは面倒です。
したがって、興味を持ったらすぐその言葉のページに飛んでいけるという
「ジャンプ機能」が重要なのです。

好奇心のおもむくままに「ジャンプ」を繰り返すことで、
これまで知らなかった言葉に出会えたり、
新たな発見をするということはよくあります。

それが、知識を広めるきっかけになるのです。

一つの言葉を引くだけで疲れてしまう紙の辞書ではこうはいきません。

また、辞書は、外国語学習のためだけでなく
日本語を学ぶためにも大いに役に立ちます。

わたしたちは自分が日本語を完璧に扱えると思いがちですが、
実際には、わたしたちが知らない日本語はたくさんあるものです。

しかし、「いまさら日本語を調べるのもわずらわしい」と
思ってしまうこともあるでしょう。

そんなときでも、電子辞書ならば簡単に調べることができます。

このほかにも、新しい電子辞書には次々と
便利な機能が追加されつづけています。

電子辞書のすすめ ―紙の辞書の欠点―

結論から言うと、紙の辞書ではダメです。

なにか調べものをするときに重要なのは、
目指す情報までのアクセス所要時間です。

紙の辞書の検索速度は、
どうあがいても電子辞書に勝てません。

学習を長時間つづけていると
だんだんストレスがたまり、どうしても面倒にかんじてしまうものです。

辞書は何度も何度も使うものなので、
ちょっと時間がかかるだけでも
度重なると大きなストレスになります。

したがって、少しでも検索速度が速い電子辞書を使うべきです。

さらに、何種類もの辞書を持ち歩くような必要な場合は、
紙の辞書では重いうえにスペースをとられてしまいます。

これだけでも、モチベーションが大きく下がる原因になってしまいます。

分散学習

水野 りか(中部大学人文学部教授)の著書、

学習効果の認知心理学』を読んで、
はじめて「分散学習」という言葉を知りました。

この「分散学習」は、
一定の間隔をあけて何度も同じところを復習することで
学んだことを忘れにくくなるという学習法です。

一時期だけ集中して学習する「集中学習」よりも効率的な学習法といわれています。

この「分散学習」のおもしろい特徴は、
復習の回数が増えるごとに、「次に復習するまでの間隔」が長くなっていくことです。

つまり、
学習を始めたばかりのころは復習の回数を多くし、
時間が経つごとに徐々に復習する間隔をあけていくということです。

下記のサイトにそのことをわかりやすく示した図があります。

「分散学習の学習曲線の図」
(「税理士試験コミュニティ」より)

ちなみに、上記の『学習効果の認知心理学』は
専門書であるためか、定価5,040円と大変高額です。
中古品も出回っていないようです。

したがって、この本に興味のある方には、
できる限り図書館などで借りて読むことをおすすめします。

どうしてもわからないものは後回し

教科書や問題集を解いていて、
どうしてもわからない問題にでくわしたという体験は
おそらく誰もが一度は体験していることでしょう。

また、本を読んでいてどうしても理解できない、
または腑に落ちない箇所に出くわしたという経験も少なくないでしょう。

そうした場合、どうしてもわからなければ
後回しにしてさっさと先に進むことが重要だと思います。

立ち止まって考えることは重要ですが、
あまりそこに拘泥しすぎることは時間の無駄にもなります。

なぜなら、わからない箇所のその先の部分に
解決のためのヒントがある場合もよくあるからです。

また、正確に順序よく理解していくというよりも、
全体を大雑把につかんだあとで
あとからだんだんと分かってくるという分野もあります。

また、極端な場合、そのわからなかった部分が
実は重要な部分ではなかったということもありえます。

それでも、
そのわからなかった箇所が自分にとって重要だと思えることもあるでしょう。

その場合は、
わからなかったということを自覚しつつとりあえず先に進み、
十分な情報を得たあとでわからなかった箇所に戻り、
何度も行きつ戻りつしながら考えるとよいと思います。

メルマガ登録
いろんな分野のごちゃまぜメルマガ

このページの先頭へ