「story」タグの記事一覧

「最大の恐怖は無力と知ることではない 最大の恐怖は自分の計り知れない力だ」 "Our deepest fear is not that we are inadequate. Our deepest fear is that we are powerful beyond measure." (映画『コーチ・カーター』より)

映画『コーチ・カーター』(「Coach Carter」)

「最大の恐怖は無力と知ることではない
 最大の恐怖は自分の計り知れない力だ」

("Our deepest fear is not that we are inadequate.
  Our deepest fear is that
  we are powerful beyond measure.")

この言葉は、映画「コーチ・カーター」(「Coach Carter」)で、チモ・クルーズがカーターコーチにお礼を言う場面で引用されていた言葉です。

チモ・クルーズがカーターコーチにお礼を言う際に
「最大の恐怖は・・・」("Our deepest fear...")の言葉を引用する場面

最大の恐怖は無力と知ることではない

最大の恐怖は自分の計り知れない力だ

恐ろしいのは自分の闇ではなく光

自分の力を隠し、周囲の者たちを不安にさせないよう縮こまっていては世界を照らすことはできない

小さな子供らと同じように輝こう

すべての人の内に光がある

自分自身を輝かせれば、まわりの者たちも自然と輝きはじめる

恐怖から解き放たれさえすれば、まわりの者達も解き放つことになる

  

「コーチにお礼を言いたかったんです

 命を救ってくれた」

  

「私こそ感謝する

 君らみんなに」

(チモ・クルーズのお礼の言葉と、ケン・カーターの感謝の言葉、『コーチ・カーター』)(*1)

Our deepest fear is not that we are inadequate. Our deepest fear is that we are powerful beyond measure. It is our light, not our darkness, that most frightens us.

Your playing small doesn't serve the world. There's nothing enlightened about shrinking so that other people won't feel insecure around you. We are all meant to shine, as children do.

It's not just in some of us; it's in everyone. And as we let our own light shine, we unconsciously give other people permission to do the same. As we're liberated from our own fear, our presence automatically liberates others.

  

"Sir I just wanna say thank you...

 You saved my life."

  

"Thank you, sirs.

 All of you."

(Timo Cruz のお礼の言葉と、Ken Carter の感謝の言葉、『コーチ・カーター』)(*2)

この言葉の出典元は、 続きを読む

  1. (チモ・クルーズのお礼の言葉と、ケン・カーターの感謝の言葉、映画『コーチ・カーター』、1:45:16~1:47:37、パラマウント映画、2005年) [↩ Back]
  2. (チモ・クルーズ(Timo Cruz)のお礼の言葉と、ケン・カーター(Ken Carter)の感謝の言葉、映画『コーチ・カーター』、1:45:16~1:47:37、映画『コーチ・カーター』、2005年) [↩ Back]

『攻殻機動隊ARISE -GHOST IN THE SHELL-』 草薙素子が少佐と呼ばれる前夜の物語

Kickstarter(キックスターター)をつかったクラウドファンディングの事例: Production I.Gによるアニメーション制作資金の調達

資金調達のためにインターネット上で世界中の人たちから出資を募るクラウドファンディング」のおもしろい事例を紹介します。

下の動画で紹介している事例は、世界的に有名なアニメーション制作会社「Production I.G」が、『キックハート』というアニメの制作資金を集めるために、「Kickstarter」(キックスターター)というクラウドファンディング・サービスを利用している事例です。

(小さい画面では見にくいという場合は、動画の右下についている「歯車」のアイコンを押して画質を高画質にして、その右横の方にある「全画面」のアイコンをクリックして画面を拡大して見てください。)

(上の動画は、YouTube内の動画再生ページでも見ることができます → Kickstarter(キックスターター)をつかったクラウドファンディングの事例: Production I.Gによるアニメーション制作資金の調達

続きを読む

プロダクトローンチフォーミュラの生みの親、ジェフウォーカーの物語

ジェフウォーカー
ジェフ・ウォーカー(Jeff Walker)

こんにちは、倉田幸暢です。

「商品の発売と同時に売上げを爆発させる販売手法」

として、「プロダクトローンチフォーミュラ」というものがあります。

今回は、この「プロダクトローンチフォーミュラ」の生みの親である
ジェフウォーカーが、ズブの素人の状態から、
インターネットマーケティング業界を代表するスーパースターの地位まで
どうやって登りつめたのか
という、

「ジェフ・ウォーカー物語」

をお話したいとおもいます。

ちなみに、「プロダクトローンチフォーミュラ」というのは、
かんたんに言うと、

「商品の発売と同時に売上げを爆発させるために
 踏むべき手順をこまかく体系化したマーケティング手法」

のことです。

続きを読む

ジェフ・ウォーカー(Jeff Walker)ってだれ? 『海外マーケター列伝』

ジェフウォーカー(Jeff Walker)
ジェフ・ウォーカー(Jeff Walker)

ジェフ・ウォーカーの本『ザ・ローンチ』はこちら

ジェフ・ウォーカー(Jeff Walker)ってだれ?

ジェフ・ウォーカーは、
「プロダクトローンチ・フォーミュラ」の手法を生み出した人として、
世界的に有名なマーケターです。

「プロダクトローンチ・フォーミュラ」というのは、
かんたんに言うと、

「商品の発売と同時に売上げを爆発させるために
 踏むべき手順をこまかく体系化したマーケティング手法」

のことです。

現在、彼の教えを受けて
「プロダクトローンチ・フォーミュラ」の手法を実践しているマーケターは
世界中に4,000人以上いて、それらの人々がこの手法によって
売り上げた金額を集計すると、約500億円以上(5億ドル以上)にもなります。

なお、この「500億円」という数字は、彼の教え子たちからの
自己申告によって確認できる数字だけを集計したものです。

なので、この手法によって得られた成果をまだ報告していない人や、
間接的に「プロダクトローンチ・フォーミュラ」の手法を学んで
実践している人などの売り上げはふくまれていません。

そのため、「プロダクトローンチ・フォーミュラ」の手法によって
生まれた売り上げの金額は、
実際には「500億円」よりももっと大きいだろう
と予想されています。

ジェフ・ウォーカーは、これまでにも、
「7日で1,000万円の収入を得る」ということを実現したり、
「1日で100万ドル(約1億円)を稼ぐ」ということを当たり前にするなど、
マーケティング業界の常識を塗り替えつづけてきました。

このように、現在のジェフ・ウォーカーは、マーケティング業界の常識を
大きく変えた「プロダクトローンチ・フォーミュラ」の生みの親として
スーパースターになっています。

ですが、ビジネスをはじめたばかりのころのジェフ・ウォーカーには、
将来のスーパースターを予感させるようなものは
なにひとつありませんでした。

むしろ、ビジネスをはじめたばかりの頃の彼は、 続きを読む

『先知』03:プロダクトローンチで300億円を生み出したジェフウォーカーの過去

ジェフウォーカー
ジェフ・ウォーカー(Jeff Walker)

どうも、倉田幸暢です。

これまで、

「どん底から這い上がって10億円以上稼ぐまでになった3人の海外マーケッターたち」

として、

「地球上で最も稼ぐコンサルタント兼コピーライター」
フランクカーン

と、

「情報商材で100億円以上稼いだ年商20億円のビジネスオーナー」
エベンペーガン

の2人のマーケッターの過去を
ご紹介してきました。

そして、今回は、最後の3人目、
「プロダクトローンチ・フォーミュラで300億円の売上を生み出した男」
ジェフウォーカー
のお話です。

『ザ・ローンチ(世界一効率的に億万長者になる方法)』著者:ジェフ・ウォーカー
『ザ・ローンチ (世界一効率的に億万長者になる方法)』
著者:ジェフ・ウォーカー

専業主夫が、たった7日で1000万円以上の売上を達成し、
「1日1億円の売上」を常識にした販売手法を、あなたにも。

 

ビジネスをはじめる前の彼は、

6年間ずっと専業主夫として2人の子供の世話していて
まともな職歴がなかったり、

家計が苦しくて余分な出費をする余裕がなかったり、、

マーケティングの知識もなければ、
なにかを販売した経験もなく、

アフィリエイトという言葉も知らず、

自分のウェブサイトもなく、

セールスレターの書き方も知らず、

アクセス解析の重要性も理解していない

という状態でした。

ですが、そんな彼も、
今では当たり前のように
1日で1億円以上を売り上げる
ようになりました。

ジェフウォーカーは
なぜ、ズブの素人の状態から成功できたのか?

その理由をお話します。

続きを読む

『先知』02:情報商材で100億円以上稼いだエベンペーガンの過去

エベン・ペーガン(Eben Pagan)
エベン・ペーガン(Eben Pagan)

どうも、倉田幸暢です。

今回も、

「どん底から這い上がって10億円以上稼ぐまでになった3人の海外マーケッターたち」

の過去をお話したいとおもいます。

今回は、2人目、エベンペーガンのお話です。

昔の彼は、

高校を中退したり、

低賃金の肉体労働でこき使われたり、

家賃が払えず部屋を追い出されたり、

ミュージシャンになろうとして挫折したり、

ダメな不動産営業マンだったり、

生活費が足りなくて副業で肉体労働をしたり、

カードの借り入れで300万円の借金をしたり・・・

ですが、そんな彼も、今では
10以上のビジネスの
ビジネスオーナーになり、
年商は20億円を超えています。

また、彼は、これまでに
100億円以上の
情報商材を販売してきました。

エベンペーガンは
なぜ、どん底の状態から成功できたのか?

その理由をお話します。

続きを読む

『先知』01:年商10億円以上稼ぐフランクカーンの過去


フランク・カーン(Frank Kern)

どうも、倉田幸暢です。

「ゼロからはじめて10億円以上稼ぐまでになった3人の海外マーケッターたちの過去」
をお話したいとおもいます。

今回はまず、1人目、フランクカーンのお話です。

フランクカーンは、「地球上で最も稼ぐコンサルタント兼コピーライター」と呼ばれ、マーケッターやコピーライター、コンサルタントとして、さまざまな輝かしい実績をもっている人物です。

昔の彼は、

高校を追い出されたり、

ホームレスになったり、

ミュージシャンに挫折したり、

酒に溺れて体を壊したり、

ビジネスパートナーに銃で撃たれたり、

詐欺商材を買って失敗したり、

おばあちゃんに生活費を借りたり

していました。

そんな彼も、今では
年商10億円以上を稼ぐまでになっています。

彼の成功の秘密はこちら↓でお話しています。

続きを読む

『もののけ姫』に登場する「シシ神」は、なぜ「シシ神」という名前なのか?

屋久杉

(*1)
       

ヤクシカ(屋久鹿)

(*2)
       

坊主岩

(*3)

 

「おのれが、人の命を絶ち、その肉(しし)むらを食ひなどするものは、かくぞある。おのれら、承れ。たしかにしや首斬(き)りて、犬に飼ひてん」

―――「吾妻人、生贄をとどむる事」、『宇治拾遺物語』

「生きることはまことに苦しく辛い
 
 世を呪い・・・
 人を呪い・・・
 それでも生きたい」

――― 病者の長、『もののけ姫』

宮崎駿さんが脚本を担当し、
スタジオジブリが製作した、
長編アニメーション映画

『もののけ姫』

という作品があることはご存知だと思います。

この『もののけ姫』の物語のなかに、

「シシ神」

という名前の「神」が登場します。

この「神」、
すこし変わった名前だと思いませんか?

「神」であるにしては、
すこし威厳に欠ける名前のように感じられます。

これなら、猪族の長である巨猪、
「乙事主(おっことぬし)」の方が、
よほど威厳のある名前のように感じます。

この「シシ神」は、
『もののけ姫』の物語のなかで
もっとも重要な神です。

それにもかかわらず、
なぜ「シシ神」という名前が付いているのでしょうか?

今回は、このことについて、考えてみたいと思います。

続きを読む

  1. (屋久杉(Photo by Yosemite on Wikimedia Commons)) [↩ Back]
  2. (ヤクシカ(屋久鹿)(Photo by Kabacchi on Flickr)) [↩ Back]
  3. (坊主岩(Photo by Yosemite on Wikimedia Commons)) [↩ Back]

『プラネテス』 ―人間たちの物語―

突然ですが、アニメ『プラネテス』を紹介したいと思います。

 

このアニメは、笑いあり、涙あり、シリアスありと、
アニメの域を超えたおもしろさです。

 

表題の『プラネテス』(ΠΛΑΝΗΤΕΣ、PLANETES) の意味は 続きを読む

メルマガ登録
いろんな分野のごちゃまぜメルマガ

このページの先頭へ