「WordPress」タグの記事一覧

毎日20人の見込み客を無料で獲得する仕組み「オプトインブログ」

crowd(*1)

今回は、ブログをつかって、ファンやお客さんを集める集客の仕組みについて、お話したいとおもいます。

ちなみに、ぼくが、あるお客さんのブログにこの仕組をいれてみたところ、その方は、毎日平均20件のメルマガ読者を獲得することができるようになりました。

ですので、これからお話する仕組みは、あなたがファンやお客さんを集めるためにもきっと役に立つでしょう。

続きを読む

  1. crowd by chrissy polcino, on Flickr) [↩ Back]

マイケルフォーティン(Michel Fortin)ってだれ? 『海外マーケッター列伝』

マイケル・フォーティン(Michel Fortin)
世界的に有名なダイレクト・レスポンス・コピーライター
マイケル・フォーティン(Michel Fortin)

マイケル・フォーティンは、一流のダイレクト・レスポンス・コピーライターであり、起業家、マーケッター、作家、講演者、コンサルタントとしても活躍しています。

日本でも広く知られている、QUESTフォーミュラ(クエストフォーミュラ)や、3x3ヘッドラインルール(スリーバイスリーヘッドラインルール)、OATHフォーミュラ(オースフォーミュラ)などのコピーライティングにおける公式(フォーミュラ)の多くも、マイケル・フォーティンが最初に考案したものです。

ほかにも、ドラムの演奏を30年以上つづけていて、プロのドラマーとしても活動しています。

また、あまり知られていませんが、マイケル・フォーティンは、自分でワードプレスサイトを作成し、画像のデザインや、プログラミングまで、すべて一人でこなしてしまうほどの、ワードプレスマスターでもあります。

目次
  1. マイケル・フォーティンのブログに掲載されているコンテンツ・イズ・キング(太っ腹だぜマイケル・フォーティン!)
  2. QUESTフォーミュラや、3x3ヘッドラインルール、OATHフォーミュラなどの生みの親は、マイケル・フォーティンです
    1. QUESTフォーミュラ(QUEST Formula)(クエストフォーミュラ)
    2. 3x3ヘッドラインルール(3 x 3 Headline Rule)(スリーバイスリーヘッドラインルール)
      1. 人がもっとも追い求めている3つの「ゴール」(目標)
      2. 人がもっとも欲しがる3つの「ディザイア」(欲望)
      3. 人をもっとも行動に駆り立てる3つの「ティーザー」(じらし)
    3. お客さんが本当に買っているものとは?: 「フィーチャー」、「アドバンテージ」、「モーティブ」、「ベネフィット」の違い
    4. コピーライティングの5つの公式(フォーミュラ)のまとめ
  3. マイケル・フォーティンのブログに掲載されているコピーライティングのテクニック集
    1. マイケル・フォーティンがセールスレターを書くときにつかっている、コピーライティングの7ステップ
    2. 磁石のようにお客さんを引きつけるヘッドライン(見出し)を書くための7つのポイント
  4. ブログの無料コンテンツ:マイケル・フォーティンと一流のコピーライターたちの対談音声
    1. ゲイリー・ハルバートとマイケル・フォーティンの対談音声(1回目)
    2. ゲイリー・ハルバートとマイケル・フォーティンの対談音声(2回目)
    3. ジョン・カールトンとマイケル・フォーティンの対談音声
  5. ブログの無料コンテンツ:目標設定についてマイケル・フォーティンが書いた本『Drop Your Goals (And Manage Your Life)』
  6. ブログの無料コンテンツ:マイケル・フォーティンへのインタビュー
  7. ブログの無料コンテンツ:「広告の神様」クロード・C・ホプキンスの名著、"Scientific Advertising"(『広告マーケティング21の原則』)
  8. ブログの無料コンテンツ:ウォレス・D・ワトルズの名著、"The Science Of Getting Rich"(『富を手にする「ただひとつ」の法則』)
  9. 「おいらはドラマー♪ ロックなドラマー♪ おいらがコピーを書けば、嵐を呼ぶぜ♪」 嵐を呼ぶコピーライター、マイケル・フォーティン
    1. 一流のコピーライターには、アーティスト的な感性が必要なようです。
  10. ワードプレスマスターとしてのマイケル・フォーティン
  11. パワフルです!!!
  12. (※追記あり)奥さんのシルヴィー・フォーティンも起業家です
  13. マイケル・フォーティンのブログ、ソーシャルメディア
  14. マイケル・フォーティンについての関連記事

続きを読む

ワードプレスのバックアップ用プラグインは BackUpWordPressを選びました(BackWPupでもなく、UpdraftPlusでもありません)

データセンター(*1)

 

注記この記事を書いたあとで、別の新しいパソコンからBackWPup(バックWPアップ)をつかってみたところ、問題なくBackWPup(バックWPアップ)をつかうことができました。ですので、下記の記事でお話している「BackWPup(バックWPアップ)などのバックアップ用のプラグインがうまく機能しない場合がある」という問題は、ぼくの場合にかぎっては、どうやら、サーバーの問題ではなく、ぼくが使用していたパソコンになんらかの問題あったようです。ですので、そのことが判明したあとは、BackUpWordPress(バックアップワードプレス)ではなく、BackWPup(バックWPアップ)を使用することにしました。ただ、サーバーによっては、BackWPup(バックWPアップ)などのバックアップ用のプラグインがうまく機能しない場合がある、という現象は実際にあるようです。ですので、もしも、あなたがおつかいになっているサーバーの設定との相性などの問題で、BackWPup(バックWPアップ)などのバックアップ用のプラグインがうまく機能しない場合は、代替案として、下記の記事でお話しているように、BackUpWordPress(バックアップワードプレス)を利用するといいかもしれません。
m(_ _)m

 

ワードプレスのマルチサイト(サイトのネットワーク、複数サイト)の管理画面のなかで、
以下の両方のバックアップをおこなうことができるようにする必要がでてきたので、
いろいろなバックアップ用プラグインを見て回りました。

  • ワードプレスを構成するファイル(やフォルダ)
  • MySQL(マイエスキューエル)データベースのデータ

その結果、
たぶん、ワードプレスのバックアップ用プラグインとして
いちばん有名であろう、BackWPup(バックWPアップ)でもなく、
はたまた、UpdraftPlus(アップドラフトプラス)でもなく、
今回のぼくの場合は、最終的に、
BackUpWordPress(バックアップワードプレス)
というプラグインをつかうことにしました。

ここからは、そこにいたるまでの、
聞くも涙、語るも涙な、紆余曲折のいきさつをお話したいとおもいます。

(いやー、最終の結論にいたるまでに、ほんとうに時間がかかって大変でした(笑))
(≧ロ≦)

バックアップ用プラグインを探し求める、長い旅のはじまり・・・

ワードプレスのバックアップ用プラグインを探すにあたって、
まず、
「ワードプレス バックアップ プラグイン」
で検索をかけてみました。

その検索結果から、いくつものページを見て回りました。

その結果、どうやら、
BackWPup(バックWPアップ)というプラグインが
人気があってよくつかわれているらしいことがわかりました。

でも、いまいち確信がもてませんでした。

そこで、つぎに、
ワードプレスの公式サイトのプラグインのページで、
「backup」(バックアップ)
という単語で検索をかけてみました。

ワードプレスの公式サイトのプラグインのページ
ワードプレスの公式サイトのプラグインのページ

そうして出てきた検索結果のなかから、
ダウンロード数が飛び抜けて多いプラグインをいくつかピックアップしました。

そうしてピックアップしたプラグインは、だいたいつぎの4つです。

  • BackWPup(バックWPアップ)
  • UpdraftPlus(アップドラフトプラス)
  • BackUpWordPress(バックアップワードプレス)
  • WP-DBManager(WP-DBマネージャー)(WP-データベースマネージャー)

今回のぼくの場合は、ワードプレスのマルチサイト
(サイトのネットワーク、複数サイト)の管理画面のなかで、
ワードプレスを構成するファイル(やフォルダ)と、
MySQLデータベースのデータの、
両方のバックアップをとることができる
プラグインを探すのが目的でした。

ですので、今回は、 続きを読む

  1. BalticServers data center by Fleshas, on Wikimedia Commons) [↩ Back]

ワードプレス(WordPress)の利点(SEO、機能、商用利用無料、カスタマイズ性、デザインなどなど)

WordPress日本公式キャラクター「わぷー」(*1)

どうも、倉田です。

今回は、ワードプレス(WordPress)の利点についてお話しようとおもいます。

ワードプレスは、ただ単に、ブログやウェブサイトを無料でかんたんに作成・運営できるというだけのツールではありません。

ワードプレスは、

インターネット上で情報発信をするための総合的なプラットフォーム

です。

かんたんにいえば、あなたの「情報発信基地」になるものです。

ブログをつかって本気で情報発信をするのであれば、ワードプレス以外の選択肢はあり得ないと言っても過言ではありません

ビジネスのためのブログであるにもかかわらず、アメブロやFC2ブログ、シーサーブログなどをつかっている人を見ると、本気でビジネスをやる気があるのかどうかとても心配になります。

「私はネットビジネスのプロです」と言いながら、こうしたブログをつかっている人は信用できないと、個人的にはおもいます。

もし、あなたがブログをつかって情報発信をしたいとおもっているのならワードプレス(WordPress)が最良の選択です。

このことを証明するために、ここからはワードプレスをつかうことの利点についてお話したいとおもいます。

ちなみに、ぼくは、自分でサーバーに設置するタイプのワードプレスを、2006年からずっとつかっていて、その間、ワードプレスをつかって自分のブログをつくったり、仕事でお客さんのブログやホームページをつくるためにワードプレスをつかってきました。

ここでお話することは、その7年間の経験から、ぼくが実際に肌で感じていることです。

続きを読む

  1. (ワードプレス(WordPress)の日本公式キャラクター「わぷー」) [↩ Back]

YouTube動画の画面内にオプトイン登録フォームやリンクを表示させるツール「LeadPlayer」(リードプレーヤー)

LeadPlayer(リードプレーヤー)

どうも、倉田です。

YouTube動画画面内
オプトイン登録フォームを表示させて
動画を見た人にオプトインしてもらったり、

動画内にテキストリンク(ボタン)を表示させて
セールスレターや、オプトインページに誘導する、

そんな夢のようなツールを見つけちゃいました☆
(o≧ω≦)O

ここでは、このツール「LeadPlayer」(リードプレーヤー)を紹介します。

続きを読む

エベン・ペーガン(Eben Pagan)ってだれ? 『海外マーケター列伝』

エベン・ペーガン(Eben Pagan)
エベン・ペーガン(Eben Pagan)

エベン・ペーガン(Eben Pagan)ってだれ?

エベン・ペーガンは、恋愛関連の教材で圧倒的な地位を築いたあと、インターネットマーケティングの業界に参入してきた異色の経歴の持ち主です。

彼は、ビジネスをはじめてから10年間で、総額1億ドル(約100億円)以上の情報商品を販売してきたという実績をもっています。

彼が販売している商品には、20ドル~500ドル(約2,000円~約5万円)の低価格商品から、1万ドル~2万4000ドル(約100万円~約240万円)の高額商品まで、さまざまな価格帯の情報商品やトレーニング講座があります。

彼のビジネスは、今や10以上のブランド(商品グループ)をもち、そのそれぞれが数億円の売上をあげています。

それらのビジネスをすべてあわせると、年商20億円規模の巨大ビジネスにまでなっています。

また、彼は、たった1回のプロモーションだけで、約12万人もの見込み客を集めたこともあります。

現在、エベン・ペーガンは、このような巨大ビジネスのオーナーになっています。

▲ もくじへもどる

エベン・ペーガンの過去

エベン・ペーガンは今でこそ、年商20億円規模の巨大ビジネスのオーナーになっていますが、彼が歩んできた人生は平坦な道ではありませんでした。

エベン・ペーガンは、オレゴン州の田舎町のあまり裕福ではない家庭に生まれ、森にかこまれた環境のなかで育ちました。

彼は、高校1年生のときに学校を中退したり、そのあと入学した短期大学も中退するなど、勉強ができるようなタイプではありませんでした。

彼のはじめての仕事は、 続きを読む

第6章 WordPress(ワードプレス)をレンタルサーバーにインストールする方法: 『WordPress ことはじめ』

第5章 独自ドメインの取得方法とレンタルサーバーへの設定方法: 『WordPress ことはじめ』

第4章 WordPress(ワードプレス)のファイル群をサーバーにアップロードする方法: 『WordPress ことはじめ』

第3章 FTPソフト(ファイルジラ(FileZilla))の使い方と設定方法: 『WordPress ことはじめ』

メルマガ登録
メールマガジンへのご登録は、こちらからどうぞ
PR

このページの先頭へ