教科書や問題集を解いていて、
どうしてもわからない問題にでくわしたという体験は
おそらく誰もが一度は体験していることでしょう。
また、本を読んでいてどうしても理解できない、
または腑に落ちない箇所に出くわしたという経験も少なくないでしょう。
そうした場合、どうしてもわからなければ
後回しにしてさっさと先に進むことが重要だと思います。
立ち止まって考えることは重要ですが、
あまりそこに拘泥しすぎることは時間の無駄にもなります。
なぜなら、わからない箇所のその先の部分に
解決のためのヒントがある場合もよくあるからです。
また、正確に順序よく理解していくというよりも、
全体を大雑把につかんだあとで
あとからだんだんと分かってくるという分野もあります。
また、極端な場合、そのわからなかった部分が
実は重要な部分ではなかったということもありえます。
それでも、
そのわからなかった箇所が自分にとって重要だと思えることもあるでしょう。
その場合は、
わからなかったということを自覚しつつとりあえず先に進み、
十分な情報を得たあとでわからなかった箇所に戻り、
何度も行きつ戻りつしながら考えるとよいと思います。