本を読むときには、しおりが必要になります。

しかし、従来のたんざく形のしおりでは、
立って読むときや、本を片手でもっているときにしおりが地面に落ちてしまったり、
いつの間にかなくなってしまうこともあり、なにかと不便です。

一方、ポストイットをしおりとして使えば、
粘着力があるため、地面に落ちてしまうこともありません。

もしも、気になるページの目印としてつけたポストイットがある場合でも、
しおり用のポストイットを目印用のポストイットとはちがう向きに貼れば
両者を区別して使うことができます。

この方法を使いはじめると、きちんと装丁されている本についているしおり紐が
かえって邪魔に感じられるほどです。