ブレンドンバーチャード(Brendon Burchard)の『トータル・プロダクト・ブループリント』(Total Product Blueprint)のオプトインページ

どうも、倉田 幸暢です。

下記のURLのページから、アメリカの大物マーケターのひとりであるブレンドンバーチャード(Brendon Burchard)が、もっとも儲かる12種類の情報商品のつくりかたと、その販売方法を語っている無料動画を見ることができます。

(なお、このページでも、Facebookの「いいね!」ボタンをクリックしてもらって
クチコミを広げるという仕組みが活用されています。)

ブレンドンバーチャードの『トータル・プロダクト・ブループリント』
http://www.totalproductblueprint.com/

ブレンドン・バーチャードってだれ?

ブレンドン・バーチャード(Brendon Burchard)

ブレンドン・バーチャード(Brendon Burchard)は、世界的に有名なモチベーショナル・トレーナー(心に火をつける指導者)であり、「The Burchard Group LLC」という会社を経営する起業家でもあります。

彼は、本の著者、講演者、コーチ、コンサルタント、セミナー講師、オンラインマーケッターなど、さまざまな分野で活躍しています。

また、彼は「エキスパート・アカデミー」という講座の創始者でもあります。この「エキスパート・アカデミー」というのは、本の著者や、講演者、コーチ、コンサルタント、セミナー講師、オンラインマーケッターが、専門知識を活かしてお金を稼ぐための方法を学ぶための講座です。

ほかにも、彼は、『ニューヨーク・タイムス』と『USAトゥデイ』で、ベストセラーとなった『ザ・ミリオネア・メッセンジャー』(The Millionaire Messenger)という本の著者として取り上げられた経験もあります。また、『ザ・ミリオネア・メッセンジャー』(The Millionaire Messenger)と、『奇跡が起こる遊園地』(Life's Golden Ticket)という本の著者でもあります。

ブレンドン・バーチャードは、ひとびとの心に火をつける指導者として、これまで何百万人ものひとびとの人生を変えてきました。

彼は、旅先の国で交通事故に巻き込まれて死の危険を体験したあと、自分の人生を、個人や組織が変化を起すことを手助けすることにささげようと決意しました。

そして、いまや、彼の取引先は、アクセンチュア(Accenture)や、イーベイ(eBay)、ベスト・バイ(Best Buy)、リーバイス(Levi's)、ゲートウェイ(Gateway)などの大企業にまでひろがっています。

また、世界中の何千人もの経営者や、起業家が、彼の講演やセミナーを受けています。

ブレンドン・バーチャードが、講演でおなじ舞台にあがったことがある著名人には、アンソニー・ロビンス、ブライアン・トレーシー、マーク・ビクター・ハンセン、ハーブ・エッカー、ジョン・グレイ、ダライ・ラマ、トニー・シェイ(ザッポスのCEO)、サー・リチャード・ブランソン(ヴァージン・グループの創設者)などがいます。

■ブレンドン・バーチャードの公式サイト
Brendon Burchard, Author The Millionaire Messenger
http://www.brendonburchard.com/

『トータル・プロダクト・ブループリント』ってなに?

ブレンドン・バーチャード(Brendon Burchard)の『トータル・プロダクト・ブループリント』(Total Product Blueprint)のロゴ画像

この『トータル・プロダクト・ブループリント』(Total Product Blueprint)というのは、ブレンドン・バーチャードが、もっとも儲かる12種類の情報商品のつくりかたと、その販売方法を、3つの無料動画をとおして明かしていくトレーニング講座のことです。

もしも、あなたが、本の著者、講演者、コーチ、コンサルタント、セミナー講師、オンラインマーケッター、などの、ひとにアドバイスをしたり、ノウハウや専門知識を教えることでお金をもらっているエキスパート(専門家)なら、この3つの動画を見ることで「自分がもっている知識をどうやって商品に変えて、どのようにそれを販売すればいいのか?」ということがわかります。

このページで名前とメールアドレスを登録すると、これらの動画を見ることができるページが表示されます

これら3つの動画では、もっとも儲かる12種類の商品を知ることができ、さらに、それらの商品をつくる方法や、それらの商品を販売する方法についても語られます。

また、それらの12種類の商品からは、それぞれ最低でも100,000ドル(約820万円)稼ぐことができるそうです。

ありがとうございました。

倉田幸暢