「独学のすすめ」の記事一覧(5 / 8ページ目)

現代の3つの「リンガフランカ」

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

英語が自然言語のリンガフランカだとするならば、機械言語のリンガフランカというべきものがコンピューター言語であり、加えてビジネスに不可欠なリンガフランカとして国際会計基準というものがあるといえる。

山本 昌弘

(『キャリアアップの投資術』p.166)

雖成少許 不敢自軽 不有少許兮 多許奚自生

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

「雖成少許 不敢自軽 不有少許兮 多許奚自生」

(成すこと少許と雖(いへど)も敢えて自ら軽んぜず、少許有らざれば多許なにに自りてか生ぜん)

(やり遂げたことが「ちょっぴり」だからといって自己卑下しようとは思わない。「ちょっぴり」がなければ「たっぷり」はどこからも生まれてこないではないか)

梁啓超 (『奇人と異才の中国史』より)

選んだ道を……、選ばなくちゃならなかった道を、大切にしたい

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

いつだって選べる道は少なかった。時には道は1本しかなかった。その、少なかった可能性の中から自分で選んだ結果が、僕をここまで連れてきた。だからこそ僕はその選んだ道を……、選ばなくちゃならなかった道を、大切にしたい

Irvine Kinneas

「大学で学ぶ意味」

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

「大学で学ぶ意味」

自分で考え 

自分で語り 

自分の思想を創ろう 

それが大学に学ぶ意味 

それが大学に学ぶ責任

小笠原喜康. (2002). 大学生のためのレポート・論文術, (講談社現代新書1603). p.218

われわれは天才ではないので、いきなり思いついたりしない。

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

美しくて、面白くて、役に立つ本当にいいアイデアでなければ採用されません。ものすごいスピードで何百とアイデアは出していきますが、90%はゴミ箱行き。残りの10%もほとんどがゴミ箱に行きます。われわれは天才ではないので、いきなり思いついたりしない。努力に努力を積み重ねて失敗して、その中から生まれるんです。

石井裕(いしい・ひろし)
マサチューセッツ工科大学メディアラボ教授

「39歳でMIT教授!タンジブル・ビッツを生んだ石井裕」より

メルマガ登録
いろんな分野のごちゃまぜメルマガ