「すずろ映し断簡」の記事一覧

PV映像の制作作業の舞台裏: 「鬼シンポジウム in ふくちやま2019」非公式PV

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)


PV映像(非公式): 「鬼シンポジウム in ふくちやま2019」のイベントの紹介用の動画
(この映像は、ぼくが個人的につくった映像なので非公式なものです。)
このPV映像で紹介しているイベントの情報はこちら

ここでは、この上にある「鬼シンポジウム in ふくちやま2019」のPV映像のなかで使用している、写真や動画や絵巻物の絵図などの出典や、古典などから引用した文章や、その引用文の出典の情報など、この映像の制作作業の舞台裏の情報を紹介します。

このPVは、北広島町の旭神楽団さんによる広島神楽の公演の映像以外にも、いろいろな文化財の絵図や、いろいろな文献の引用文などをちりばめてつくりました。ですので、もし可能なら、大きめの画面で見ていただけると、いろいろな発見があっておもしろいのではないかとおもいます。

このPVの映像は、2019年11月9日に、大江山鬼伝説の地・京都府福知山市大江町にて開催された、「鬼シンポジウム in ふくちやま2019」のイベントについて知ってもらいたくてつくった映像です。 (この映像は、ぼくが個人的につくった映像なので非公式なものです。)

(もうひとつの理由としては、北広島町の旭神楽団さんの広島神楽の公演が、めちゃくちゃかっこよくて、興奮のあまり、つくってしまった、という理由もあります(笑)。この動画は、ほとんど、旭神楽団さんの囃子のかっこよさに支えられていると言っても過言ではありません。)

このイベントは、世界鬼学会の設立25周年記念イベントとして開催されたものです。世界鬼学会(鬼学会)というのは、鬼好きな人たちや鬼に興味がある人たちが集まっている、すてきコミュニティーです☆

「鬼シンポジウム in ふくちやま2019」のイベントの紹介記事はこちら

 

このブログ記事は、まだ書きかけの状態ですが、「すずろ作法すずりんぐ」というかんがえかたにもとづいて、ある程度できたところで公開して、そのあとで、随時、内容を追加・修正する方法をとっています。更新通知をうけとるには、メールマガジンに登録していただいたり、ソーシャルメディアでフォローしていただければとおもいます。

 

続きを読む

「鬼シンポジウム in ふくちやま2019」のイベント紹介レポート(世界鬼学会設立25周年記念イベント)

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)


PV映像(非公式): 「鬼シンポジウム in ふくちやま2019」のイベントの紹介用の動画
(この映像は、ぼくが個人的につくった映像なので非公式なものです。)
このPV映像で使用している各種の素材の出典などの情報はこちら

 

IMG_190120_世界鬼学会_日本の鬼の交流博物館_0004
世界鬼学会設立25周年記念「鬼シンポジウム in ふくちやま2019」のチラシ

ここでは、2019年11月9日に、大江山鬼伝説の地・京都府福知山市大江町にて開催された、「鬼シンポジウム in ふくちやま2019」のレポートをおつたえします。

このイベントは、世界鬼学会設立25周年記念イベントとして開催されたものです。世界鬼学会(鬼学会)というのは、鬼好きな人たちや鬼に興味がある人たちが集まっているコミュニティーです。

IMG_20191109_152541
広島神楽公演(北広島町「旭神楽団」):演目「大江山」
(「鬼シンポジウム in ふくちやま2019」)


広島神楽公演(北広島町「旭神楽団」):演目「大江山」
(「鬼シンポジウム in ふくちやま2019」)


広島神楽公演(北広島町「旭神楽団」):演目「八岐大蛇やまたのおろち
(「鬼シンポジウム in ふくちやま2019」)

IMG_20191109_145528
「鬼シンポジウム in ふくちやま2019」のイベント会場
大江町総合会館 イベントホール (*1)
(京都府福知山市大江町河守)

▲ もくじへもどる

世界鬼学会ってなに?

ここでご紹介している「鬼シンポジウム in ふくちやま2019」のイベントを主催しているのは、世界鬼学会です。

世界鬼学会(鬼学会)というのは、鬼好きな人たちや、鬼に興味がある人たちが集まる、すてきコミュニティーです。鬼学会の拠点は、酒呑童子伝説の舞台である大江山の中腹にある、日本の鬼の交流博物館(愛称:鬼博おにはく)です。

日本の鬼の交流博物館(鬼博おにはく)がある京都府福知山市大江町は、鬼にまつわる3つの伝説が残る鬼伝説の地です。その3つの鬼伝説というのは、つぎの3つの伝説です。

鬼学会は、このような鬼伝説の地である福知山市大江町から、鬼にまつわる情報を発信したり、鬼についてのイベントを開催したりしています。

世界鬼学会では、鬼の伝説に興味がある人や、鬼好きな人を対象として、鬼学会の会員を募集しています。

鬼学会の会員になるための手順は、こちらでご案内しています。

 

目次
  1. 世界鬼学会ってなに?
  2. 小松和彦先生の講演「鬼のイメージの起源と変貌」
    1. 書写山 円教寺しょしゃざん えんぎょうじ修正会しゅしょうえの鬼追い
    2. 松尾寺の役行者像(前鬼・後鬼の像)
    3. 敦煌トンコウ莫高窟ばっこうくつの第428窟の「降魔変ごうまへん」の壁画
    4. トプカプ宮殿博物館の『サライ・アルバム(宮廷詩画帳)』に描かれた怪物たち(鬼?)
    5. 月岡芳年『百器夜行』
    6. 醍醐寺本『絵因果経えいんがきょう』第三上「降魔成道ごうまじょうどう
    7. 鬼とはなにか?: 「過剰な「力」の象徴的表現」「《われわれ》に恐怖や災厄を与えるもの」「ラベル」
    8. 見えない「もの」とのコミュニケーション方法
    9. 鬼はどこにいるのか?: 文化の四つの伝承母体の関係図
    10. 天上の異界、地上(人間世界)、地下の異界、山中の異界、海上の異界、水中の異界
    11. 典型化され、キャラクター化された鬼
    12. キャラクター化された鬼のはじめは?: 『北野天満宮縁起絵巻』、『春日権現験記絵巻』、『餓鬼草紙』、『紫式部日記』
    13. 百鬼夜行の絵画化: 『不動利益縁起絵巻』、『融通念仏縁起絵巻』
    14. 鬼とは、「怨霊」であり、「京都の人々にとっての災い」。「鬼というラベルを貼った側の人たちが作った物語」
  3. 広島神楽の北広島町「旭神楽団」による演目「大江山」と「八岐大蛇やまたのおろち」の公演
    1. 広島神楽の北広島町「旭神楽団」による演目「大江山」
    2. 広島神楽の北広島町「旭神楽団」による演目「八岐大蛇やまたのおろち
    3. 参考: 広島神楽や北広島町についてのパンフレットやチラシなど
  4. 「鬼シンポジウム in ふくちやま2019」のイベント情報
    1. 「鬼シンポジウム in ふくちやま2019」のイベントの、関係各位のみなさまのウェブサイトのURL
  5. 参考:日本の鬼の交流博物館の展示品
  6. 参考:「芸北石見神楽げいほくいわみかぐらの面と衣装展」日本の鬼の交流博物館 秋季特別展
  7. 参考:広島神楽の約30年間の伝統と進化の歴史がつまった一冊、『広島神楽 日本を舞う ―神楽旅―』のご紹介
    1. 印象的な言葉を、『広島神楽 日本を舞う ―神楽旅―』の本からひろい集めてみました
      1. 「「古き」をそのまま受け継ぐ「伝承的伝承」とは違った地平を歩み、時代の要請に応えようとする「信念」」: 寺本泰輔さんによる序文
      2. 「「芸北神楽」から「広島神楽」が生まれた、その約三十年の歴史を臨場感豊かに書き記した貴重な歴史書」: 新谷尚紀さんによる序文
      3. 「町づくり・人づくりのプロデューサー」「文化でメシが食える人を地域が育てる」「千代田へ行けば何か夢がもっと膨らみそう」
      4. 「スーパー神楽誕生」: 「無から有を生む」
      5. 「出来上がって、清盛が舞台でその刀を持って舞う姿に涙が出ました。刀一本に私の人生をかけた思いがしました」: 演目「厳島」の創作
      6. 社会教育としての神楽解説: 「月一の舞い」
      7. 「誠の鬼神と申するは、都において我が世の春をうたいたるけがれし人の心なり」: 演目「青葉の笛」
      8. 「【芸能】とはホンマ(事実)がハンブ(半分)、ウソ(嘘)がハンブ」: 演目「滝夜叉姫たきやしゃひめ
      9. 「保存的伝承から創造的伝承へ」: 演目「オロチ」の創作と、神楽の進化
    2. ここまでご紹介してきたのは、この本のなかのほんの一部です
  8. 鬼学会の会員になるには、どうしたらいいの?

続きを読む


脚注
  1. この写真は、2019年11月に筆者が撮影した写真です。 [↩ Back]

メルマガ登録
いろんな分野のごちゃまぜメルマガ