「Facebook」タグの記事一覧

ソーシャルメディアでクチコミを広げるための設定方法のまとめ

Instagram and other Social Media Apps(*1)

クチコミを広げるためにつかう、ソーシャルメディアやウェブサービスなどの設定方法の情報をまとめてみました。

下記は、ここで解説しているソーシャルメディアやウェブサービスの一覧リストです。

目次
  1. 最低限、アカウントを作成しておくべきソーシャルメディアの一覧
  2. Googleアカウント
  3. YouTube(ユーチューブ)
    1. YouTubeチャンネル登録ボタン
  4. Google+(グーグルプラス)
    1. Google+ページ
      1. 「+1 ボタン」の設置方法
    2. 「プロフィールバッジ」「Google+ページバッジ」の設置方法
    3. Google Analytics(グーグルアナリティクス)
  5. Googleサーチコンソール(旧名:Googleウェブマスターツール)
  6. Facebook(フェイスブック)
    1. Facebookページ(フェイスブックページ)
    2. ソーシャルプラグイン
      1. いいね!ボタンの設置方法
      2. シェアボタンの設置方法
      3. 送るボタンの設置方法
      4. フォローボタンの設置方法
      5. 埋め込み投稿(エンベデッドポスト)の設置方法
      6. 埋め込み動画プレイヤー(エンベデッドビデオプレーヤー)の設置方法
      7. Facebookコメント欄の設置方法
      8. アクティブフィードの設置方法
      9. レコメンデーションボックスの設置方法
      10. レコメンデーションバーの設置方法
      11. ライクボックスの設置方法
      12. Facebookページプラグインの設置方法
      13. Facebook登録(レジストレーション)の設置方法
      14. Facebookログイン(Facebook Login for Apps)の設置方法
      15. フェイスパイルの設置方法
  7. Twitter(ツイッター)
    1. 開発者向けTwitter
    2. 「ツイート」ボタンの設置方法
    3. 「フォローする」ボタンの設置方法
    4. 「ハッシュ」ボタンの設置方法
    5. 「@ツイート」ボタンの設置方法
    6. 埋め込みツイートの設置方法
    7. 埋め込みタイムラインの設置方法
      1. ユーザータイムライン
      2. お気に入りタイムライン
      3. リストタイムライン
      4. 検索、ハッシュタグのタイムライン
      5. コレクションのタイムライン(カスタムタイムライン)
    8. ツイッターカードの設置方法
      1. Playerカード(プレイカード)
  8. LinkedIn(リンクトイン)
    1. LinkedInグループ
    2. 「シェア」ボタンの設置方法
  9. pinterest(ピンタレスト)
    1. 「ピン」ボタン(「Pin it」ボタン)の設置方法
      1. 「長方形」の「ピン」ボタン(「Pin it」ボタン)
      2. 「円形」の「ピン」ボタン(「Pin it」ボタン)
    2. 「フォローボタン」(Follow button)の設置方法
    3. 「ピンウィジェット」(Pin widget)(埋め込みピン)の設置方法
    4. 「プロフィールウィジェット」(Profile widget)の設置方法
    5. 「ボードウィジェット」(Board widget)の設置方法
  10. SoundCloud(サウンドクラウド)
    1. プレイリスト(playlist)の埋め込み(エンベッド)
    2. トラック(track)の埋め込み(エンベッド)
  11. LINE(ライン)
    1. 「LINEで送る」ボタン
  12. Tumblr(タンブラー)
  13. feedly(フィードリー)
    1. Feedly button(フィードリーボタン)
    2. feedlyの購読者数を確認する方法
  14. HootSuite(フートスイート)
  15. dlvr.it(デリバーイット)
  16. Pocket(ポケット)
    1. 「Pocket」ボタン
  17. Buffer(バッファー)
    1. 「Buffer」ボタン
  18. Gunosy(グノシー)
  19. ifttt(イフト)
  20. はてなブックマーク
    1. 「はてなブックマークボタン」の設置方法
  21. 人気ブログランキング
  22. にほんブログ村
  23. Flickr(フリッカー)
  24. Instagram(インスタグラム)
    1. アイコン画像、ボタン、バナー
  25. Foursquare(フォースクエア)
  26. AddThis(アッドディス)
  27. ShareThis(シェアディス)
Social Media Heart Collage(*2)

最低限、アカウントを作成しておくべきソーシャルメディアの一覧

下記は、最低限、アカウントを作成しておくべきソーシャルメディアの一覧です。

続きを読む

  1. Instagram and other Social Media Apps by Jason A. Howie, on Flickr) [↩ Back]
  2. Social Media Heart Collage by kdonovangaddy, on Flickr) [↩ Back]

自動ウェビナー販売法(エバーグリーンウェビナー)で、毎日365日、自動的に販売をおこない、購入者を増やし続け、売上をあげ続ける方法

どうも、倉田幸暢です。

ここでは、ウェビナーを自動化して、毎日365日、売上をあげ続けることができる自動ウェビナー販売法エバーグリーンウェビナーマーケティング)(オートウェビナー)という販売手法を紹介します。(*1)

(ウェビナーとは、ウェブセミナーや、オンラインセミナーのことです。)

クリックして拡大する
EWM概略図 B図

ウェビナーを自動化して継続的に売上をあげ続ける手法」としては、海外では、つぎの2つの販売手法が有名です。

  • エバーグリーンイベントドリブンマーケティング」(EEDM(*2)
  • エバーグリーンプロダクトローンチ」(EPL(*3)(*4)

この「エバーグリーンイベントドリブンマーケティング」(EEDM)と「エバーグリーンプロダクトローンチ」(EPL)の2つは、異なる販売手法ではあるものの、その内容は似ています

そこで、「ウェビナーを自動化して継続的に売上げをあげ続ける手法」というくくりで、この2つの販売手法をまとめて、「エバーグリーンウェビナーマーケティング」(EWM)という総称で呼ぶことにします。

ここからは、
「エバーグリーンイベントドリブンマーケティング」(EEDM)と、
「エバーグリーンプロダクトローンチ」(EPL)の
2つの手法についての話を織りまぜながら、
「ウェビナーを自動化して継続的に売上げをあげ続ける手法」である
「エバーグリーンウェビナーマーケティング」(EWM)について
お話していきます。

(以下では、「エバーグリーンウェビナーマーケティング」(EWM)のことを、
「エバーグリーンウェビナー」と略して呼びます。)

ちなみに、こうした自動化されたマーケティングのプロセスは、マーケティングオートメーション(マーケティング自動化)とも呼ばれます。

▲ もくじへもどる

自動ウェビナー販売法(エバーグリーンウェビナー)をやるならマイスピー!

目次
  1. エバーグリーンウェビナーって、要するに何なの?
    1. オプトイン登録からウェビナー(商品販売)までの流れ
    2. 毎日365日、常に販売がおこなわれる仕組み
    3. セグメント別の複数のステップメール
    4. ウェビナーをつかう理由
    5. 繰り返し改善することができる
    6. 自動化することができる
  2. エバーグリーンウェビナーの手法から学べること
  3. エバーグリーンウェビナーの手法をつかっている海外マーケターたち
    1. ジェイ・エイブラハム(Jay Abraham)
    2. リッチ・シェフレン(Rich Schefren)
    3. ジェフ・ウォーカー(Jeff Walker)
    4. フランク・カーン(Frank Kern)
    5. マイク・フィルセイム(Mike Filsaime)
    6. エベン・ペーガン(Eben Pagan)
    7. ケイシー・ジーマン(Casey Zeman)
    8. ジョエル・ピーターソン(Joel Peterson)
    9. ペリー・マーシャル(Perry Marshall)
    10. ラッセル・ブランソン(Russell Brunson)
  4. エバーグリーンウェビナーの手法の4種類のメリット
    1. あなたのビジネスにとっての利点
    2. あなたと見込み客との関係における利点
    3. あなたとアフィリエイターとの関係における利点
    4. あなた自身にとっての利点
  5. エバーグリーンウェビナー誕生秘話
    1. 「プロダクトローンチ」の手法の利点
    2. 「プロダクトローンチ」の手法の欠点
    3. 「プロダクトローンチ」の欠点を克服するために生まれた、EEDMの手法
    4. 欠点を克服して「エバーグリーン」へと進化した「プロダクトローンチフォーミュラ」
    5. エバーグリーンウェビナーマーケティングの誕生
  6. (参考)EEDMと「エバーグリーンローンチ」ってなに?
    1. EEDM(エバーグリーンイベントドリブンマーケティング)ってなに?
      1. 「エバーグリーン」ってどういう意味?
      2. 「イベントドリブン」ってどういう意味?
      3. 「マーケティング」ってどういう意味?
      4. EEDMの手法を考案した、リッチ・シェフレンってだれ?
    2. 「エバーグリーンプロダクトローンチ」(「ローリングローンチ」)ってなに?
      1. 「プロダクトローンチフォーミュラ」(PLF)の生みの親、ジェフ・ウォーカーってだれ?
  7. エバーグリーンウェビナーの手法を実施するうえでの「4つの壁」
    1. 壁1:エバーグリーンウェビナーをおこなうための専用ツール
    2. 壁2:エバーグリーンウェビナーを実践・運営してくれる担当者
    3. 壁3:エバーグリーンウェビナーをはじめるまでにかかる時間と労力
    4. 壁4:エバーグリーンウェビナーで販売するのに適した商品の種類
    5. 個々の要素をマーケティング活動にとりいれる
  8. エバーグリーンウェビナーの実施手順
    1. 「3つのステップ」と「3つのプロセス」
    2. エバーグリーンウェビナーの実施手順(詳細版)
  9. 「実施ステップ」についての詳細解説
    1. 1. 「参加者最大化プロセス」
      1. 1-1. 「招待プロセス」
      2. 1-2. 「事前登録プロセス」
        1. 「事前登録ページ」
        2. 「友達に紹介する」ページ
        3. サンキューページ(登録完了ページ)
      3. 1-3. 「出席促進プロセス」
        1. 信頼感を築く
        2. 「出席促進プロセス」で送るもの
        3. 「出席促進プロセス」の役割
    2. 2. 「ウェビナー開催プロセス」
      1. 「クッキー」(Cookie)の機能を活用する
      2. ウェビナー終了後の5種類の見込み客
    3. 3. 「購入者最大化プロセス」
      1. 「完視聴者」、「未完視聴者」、「欠席者」に働きかけるための3つのプロセス
      2. 「完視聴者への販売促進プロセス」
      3. 「未完視聴者への視聴促進プロセス」
      4. 「欠席者への視聴促進プロセス」
      5. 「購入者の満足度向上プロセス」
  10. 「準備ステップ」についての詳細解説
    1. 準備1:「ウェビナー開催プロセス」の準備をする
      1. 準備1-1:ウェビナーの題名を考えだす
        1. ウェビナーの題名を考えるための6つのヒント
          1. ヒント1:見込み客の理想と現実のギャップを埋める
          2. ヒント2:ワクワクさせる
          3. ヒント3:商品キャンペーン全体をストーリーにする
          4. ヒント4:見込み客の視点で考える
          5. ヒント5:ウェビナーをどのように定義付けるか?
          6. ヒント6:最終チェック
        2. 定期的に題名を変更してテストをする
      2. 準備1-2:ウェビナー動画をつくる
        1. プレゼンテーション用ソフトをつかったウェビナー動画
          1. リッチ・シェフレンのウェビナー
          2. マイク・フィルセイムのウェビナー
          3. フランク・カーンのウェビナー
          4. アンディー・ジェンキンスのウェビナー
          5. ジェームズ・ウェドモアのウェビナー
          6. チャド・ムレタのウェビナー
        2. 効果の高いウェビナー動画をつくるためのヒント
        3. 撮影時期が特定できないように注意する
        4. ウェビナーの構成の例
        5. ウェビナーで見込み客に行動を起こしてもらうための仕掛け
          1. 数量限定ボーナス
          2. カウントダウンタイマー
        6. ウェビナー動画の画面内に購入ページのURLを表示している実例集
          1. フランク・カーンのウェビナー(購入ページのURL表示)
          2. アンディー・ジェンキンスのウェビナー(購入ページのURL表示)
          3. ジェームズ・ウェドモアのウェビナー(購入ページのURL表示)
          4. チャド・ムレタのウェビナー(購入ページのURL表示)
        7. プロダクトローンチのプリローンチ動画をつかったウェビナー動画の作り方
        8. 見込み客に好かれるための5つの要素
      3. 準備1-3:購入ページをつくる
        1. リッチ・シェフレンのウェビナー販売の購入ページ
        2. マイク・フィルセイムのウェビナー販売の購入ページ
        3. ジェイ・エイブラハムのウェビナー販売の購入ページ
        4. フランク・カーンのウェビナー販売の購入ページ
        5. アンディー・ジェンキンスのウェビナー販売の購入ページ
        6. チャド・ムレタのウェビナー販売の申し込みページ
    2. 準備2:「参加者最大化プロセス」の準備をする
      1. 準備2-1:「事前登録プロセス」を準備する
        1. 「事前登録ページ」
          1. (参考)「事前登録ページ」の実例集
            1. ジェイ・エイブラハムの「事前登録ページ」
            2. リッチ・シェフレンの「事前登録ページ」
            3. マイク・フィルセイムの「事前登録ページ」
            4. フランク・カーンの「事前登録ページ」
            5. エベン・ペーガンの「事前登録ページ」
            6. ラッセル・ブランソンの「事前登録ページ」
            7. ケイシー・ジーマンの「事前登録ページ」
        2. 「友達に紹介する」ページ
          1. 3つのプレゼントの内容
          2. (参考)「友達に紹介する」ページの実例集
            1. リッチ・シェフレンがつかっている「友達に紹介する」ページ
            2. マイク・フィルセイムがつかっている「友達に紹介する」ページ
            3. ジェイ・エイブラハムがつかっている「友達に紹介する」ページ
            4. ケイシー・ジーマンがつかっている「友達に紹介する」ページ
        3. サンキューページ(登録完了ページ)
        4. 成果を向上させるためのヒント
        5. 「事前登録ページ」の成果を向上させるためのヒント
          1. 「友達に紹介する」ページの成果を向上させるためのヒント
          2. サンキューページ(登録完了ページ)の成果を向上させるためのヒント
        6. 質問を受け付ける
      2. 準備2-2:「招待プロセス」を準備する
        1. 成果を向上させるためのヒント
        2. 「招待プロセス」終了時の、見込み客の種類
      3. 準備2-3:「出席促進プロセス」を準備する
        1. 「出席促進プロセス」の2つの目的
        2. 2つの目的を達成するための、3種類のメール
          1. 「登録確認メール」
          2. 「カウントダウン・メール/コンテンツ配信メール」
            1. 「出席率を高める」ためのメールの内容
            2. 「信頼感を築く」ためのメールの内容
          3. 「リマインダー・メール」
        3. 成果を向上させるためのヒント
          1. 「カウントダウン・メール/コンテンツ配信メール」の成果を向上させるためのヒント
          2. 「リマインダー・メール」の成果を向上させるためのヒント
    3. 準備3:「購入者最大化プロセス」の準備をする
      1. 準備3-1:「完視聴者への販売促進プロセス」を準備する
        1. ウェビナー視聴後から7日目までに送るステップメールの内容
      2. 準備3-2:「未完視聴者への視聴促進プロセス」を準備する
        1. 「未完視聴者への視聴促進プロセス」でつかうコンテンツとウェブページを用意する
          1. 成果を向上させるためのヒント
        2. 「未完視聴者への視聴促進プロセス」でつかうステップメールを用意する
          1. ウェビナー終了日から7日目までに送るステップメールの内容
          2. 成果を向上させるためのヒント
      3. 準備3-3:「購入者の満足度向上プロセス」を準備する
        1. 商品購入日から7日目までに送るステップメールの内容
  11. 「分析ステップ」についての詳細解説
    1. 計測し分析すべき指標
  12. エバーグリーンウェビナーを実践するためのツール・ウェブサービス
    1. 『MyASP』(マイスピー)をつかって、自動ウェビナー販売法(エバーグリーンウェビナー)を実践する
    2. 『EverWebinar』(エバーウェビナー)
    3. 『Evergreen Business System』(エバーグリーンビジネスシステム)
      1. 『Evergreen Business System』の使用事例
    4. 『Easy Webinar』(イージーウェビナー)(旧名『Easy Webinar Plugin』)
      1. 『Easy Webinar』の使用事例
      2. 動画セミナー「自動的に6桁ドル(1000万円以上)を稼いでくれるウェビナー販売ファンネルを作る方法」
      3. 動画セミナー「イベントローンチブループリント」:ウェビナー販売の売上を10倍~20倍にするイベントローンチのための4ステップ
    5. 『Auto Webinar Player』(オートウェビナープレイヤー)
  13. (参考)「エバーグリーンプロダクトローンチ」(ウィークリーエバーグリーンモデル)を実施するためのツール
    1. 『MyASP』(マイスピー)をつかって、エバーグリーンプロダクトローンチ(ウィークリーエバーグリーンモデル)を実践する
    2. 『Optimize Press』(オプティマイズ・プレス)
    3. 『Product Launch WordPress Theme』(プロダクトローンチ・ワードプレス・テーマ)
  14. (参考)生放送のライブウェビナーでつかわれる手法や、ツール・ウェブサービスなど
    1. ライブウェビナーを実施するためのツール・ウェブサービス
      1. ハングアウトオンエア
      2. ニコニコ生放送
      3. ツイキャス
      4. USTREAM(ユーストリーム)
      5. 『Evergreen Business System』(エバーグリーンビジネスシステム)
      6. GoToWebinar(ゴートゥーウェビナー)
      7. Livestream(ライブストリーム)
      8. Instant Teleseminar(インスタントテレセミナー)
    2. ライブウェビナーの最後におこなうQ&Aコーナー
      1. フランク・カーンのライブウェビナー(Q&Aコーナー)
      2. アンディー・ジェンキンスのライブウェビナー(Q&Aコーナー)
      3. マイク・ケーニグスのウェブキャスト(Q&Aコーナー)
    3. 販売協力してくれるアフィリエイターごとに(JVパートナーごとに)ウェビナーで話す内容を変える
    4. 「ウェブキャスト」 - インターネットマーケティングの「24時間テレビ」
      1. ジェフ・ウォーカーが開催した「ウェブキャスト」
      2. アンディー・ジェンキンスが開催した「ウェブキャスト」
      3. マイク・ケーニグスが開催した「ウェブキャスト」
      4. ザック・ジョンソンが開催した「ウェブキャスト」
  15. (参考)エバーグリーンウェビナーの手法に関する参考資料について
  16. (参考)「エバーグリーンウェビナーマーケティング」という名称について
  17. おわりに

エバーグリーンウェビナーって、要するに何なの?

オプトイン登録からウェビナー(商品販売)までの流れ

下の図は、エバーグリーンウェビナーの販売の流れの全体像です。

続きを読む

  1. (ウェビナーとは(webinarとは)、ウェブブラウザをとおしてウェブページ上で開催されるウェブセミナー(web seminar)の略です。一般的には、そのとき撮影している映像をリアルタイムに配信する生放送のかたちで配信されます。生放送であることを表現する場合は「ライブウェビナー」と呼ばれることもあります。) [↩ Back]
  2. (「エバーグリーンイベントドリブンマーケティング」(EEDM、Evergreen Event-Driven Marketing)は、「イベントドリブンマーケティング」(EDM、Event-Driven Marketing)と呼ばれることもあります。) [↩ Back]
  3. (正確には、「ウェビナーを自動化して継続的に売上げをあげ続ける手法」に該当するのは、「エバーグリーンプロダクトローンチ」の手法を構成する2つの手法のうちの、「ローリングローンチ」という手法です。ですが、ここでは話をわかりやすくするために、あえて、「エバーグリーンプロダクトローンチ」という言葉をつかっています。) [↩ Back]
  4. (「エバーグリーンプロダクトローンチ」(EPL、Evergreen Product Launch)は、「エバーグリーンローンチ」(Evergreen Launch)や、「エバーグリーンプロダクトローンチフォーミュラ」(Evergreen Product Launch Formula)と呼ばれることもあります。) [↩ Back]

海外マーケッターのFacebookページのオプトインページ(カスタムタブ)の実例 - ライアン・ダイス、「Digital Marketer」

ライアン・ダイス(Ryan Deiss)
ライアン・ダイス(Ryan Deiss)

海外マーケッターのFacebookのオプトインページの実例

海外の有名なマーケター、ライアン・ダイス(Ryan Deiss)が、「Digital Marketer」(デジタルマーケター)のFacebookページでつかっているオプトインページの実例を紹介します。

参考:ライアン・ダイス(Ryan Deiss)ってだれ? 『海外マーケッター列伝』

(「Digital Marketer」(デジタルマーケター)というのは、彼が運営している、マーケティング情報を提供するサービスのことです。)

「フリー・トラフィック・ループホール」

カスタムタブのページ自体が、直接オプトインページになっています。

(よくある、「いいね!を押してもらってから、次のページでオプトイン登録してもらう」という方式ではありません。)

かなりシンプルなオプトインページです。海外では、このように、短い、とてもあっさりとしたオプトインページもよくつかわれています。

このカスタムタブのページを直接、Facebook広告やアフィリエイト広告などに出して、見込み客を集めているようです。

続きを読む

保護中: Facebookページを活用して集客をおこなっている不動産仲介業務のマッチングサービス「Real Estate Referral Group」

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

アンソニーロビンズも認めた「動画マーケティングの女王」の秘密

どうも、倉田です。

ちょっと下の数字を見てみてください。

ソーシャルメディアをマーケティングに活用している人なら
この数字がいかにすごいかがわかるとおもいます。

(2015年1月時点のデータ)
 ・YouTubeチャンネルの登録者数14万6000人以上
 ・YouTube動画の視聴回数: 累計1157万1300回以上
 ・Facebookページのファン: 24万8200人以上
 ・Twitterのフォロワー: 12万6000人以上

(参考)
2012年8月の過去のデータ
・YouTubeチャンネル登録者数: 1万2500人以上
・YouTube動画の視聴回数: 累計142万6000回以上
・Facebookページの「いいね!」: 3万3000人以上
・Twitterのフォロワー: 4万1000人以上

もしも、あなたがこのようにたくさんのファンを
集めることができたとしたら、どんなことが起こるでしょうか?

これだけの数のファンを集めることができれば、
たくさんの人があなたに興味をもっている状態になり、
クチコミは起こりやすく、かんたんに集客ができ、
なにか商品を紹介するだけで大きな売上があがるでしょう。

これは、実際にある女性マーケッターが
ソーシャルメディア上で集めたファンの総数なのですが、
注目すべきは、現在すでに膨大な数のファンが集まっている
という点だけではありません。

それよりも重要なのは、 続きを読む

保護中: YouTubeを活用した9種類のコール・トゥー・アクションの手法

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

Facebookページの予約投稿機能をつかって未来の日時を指定して投稿する方法

Facebookページの「予約投稿」機能をつかって未来の日付けを指定して投稿する方法を紹介します。

この「予約投稿」機能は、Facebook公式の機能なので、もう予約投稿をするために外部のサービスを利用する必要はありません

この機能がつかえるのは、Facebookページのタイムラインだけです。個人のタイムラインでも投稿の日時を指定できますが、指定できるのは過去の日時だけで、未来の日時を指定することはできません。

下の動画では、フェイスブック戦略研究会の石田宏実さんが「予約投稿」の使い方を解説してくれています。

いよいよ「投稿の予約」が - YouTube

以下は、参考サイトです。

続きを読む

「ページ投稿の広告」機能をつかってFacebookページの投稿を宣伝する方法

「ページ投稿の広告」機能をつかってFacebookページの投稿を宣伝する方法を紹介します。

Facebookの新しい広告である「ページ投稿の広告」機能をつかえば、お金をつかって広告費をかけてFacebookページの投稿の露出を増やすことができます。

この機能は、今のところ、言語設定「English (US)」(英語)にすることでつかえるようになります。近日中には、日本語の言語設定でも「ページ投稿の広告」がつかえるようになるでしょう。

下の動画では、フェイスブック戦略研究会の石田宏実さんが「ページ投稿の広告」の使い方を解説してくれています。

「投稿のプロモーション」機能が始まった! - YouTube

facebook投稿プロモーション24時間後の成果 - YouTube

なお、Facebookで使用する言語を英語に切り替えるには、 続きを読む

タイムラインムービーメーカーをつかってFacebookページの歴史を振り返る動画を作る方法

「タイムライン・ムービーメーカー」というFacebook公式ウェブサービスをつかうと、下の動画のように、自分のタイムラインや、Facebookページタイムラインの歴史を振り返る動画をかんたんにつくることができます。

この動画は、「海外ネットビジネス見聞録」のFacebookページのこれまでの歴史を一望したタイムライン・ムービーです。

タイムラインムービー Facebookページ「海外ネットビジネス見聞録」(YouTube)

「タイムライン・ムービーメーカー」をつかえば、このようなタイムラインムービーをかんたんにつくることができます。

おもしろいので、ぜひつかってみてください!

Timeline Movie Maker
(タイムライン・ムービーメーカー)
http://www.timelinemoviemaker.com/

新しいFacebookページの重要な変更点や、公式の紹介動画、解説動画などをご紹介します

どうも、倉田幸暢です。

ついに、「タイムライン」形式の、新しいFacebookページがつかえるようになりました

ここでは、新しいFacebookページの、重要な変更点や、公式紹介ページ公式の紹介動画公式の解説動画などをご紹介します。

新しいFacebookページについての公式の紹介動画(英語)

下の2つの動画は、新しいFacebookページについてのFacebook公式の紹介動画(英語)です。

New Pages: Customizing Your Page
http://www.youtube.com/watch?v=TMBTD0vNYqs

New Pages: Controlling Posts on your Page
http://www.youtube.com/watch?v=_yQcMBiD2yo

新しいFacebookページについての重要な変更点

新しいFacebookページについての重要な変更点には、つぎのようなものがあります。

ウェルカムタブページを初期表示させることができなくなった

ウェルカムタブページ(カスタムタブ)を初期表示ページとして設定することができなくなりました。ウェルカムタブページ(カスタムタブ)自体は、新しいFacebookページでも使い続けることができます。

ウェルカムタブページの表示幅が広がった

ウェルカムタブページ(カスタムタブ)のページが表示される枠が広がりました。これによって、ウェルカムタブページ(カスタムタブ)のデザインの可能性が広がるでしょう。

「カバー画像」が表示されるようになった

プロフィール画像(旧Facebookページの左上に表示されていた画像)がなくなり、その代わりに、「タイムライン」形式の特徴である、「カバー画像」(新しいFacebookページの上部の横長の大きな画像)がつかえるようになった。

画像や、アプリ、カスタムタブなどが表示されるボックスが中央に表示されるようになった

新しいFacebookページのページ名の右下のところ(初期表示時の中央部分)に、ウェルカムタブページ(カスタムタブ)や、アプリ、画像などの画像が表示されるようになりました。今後は、この部分に表示されるウェルカムタブページ(カスタムタブ)の画像を、おもわずクリックしたくなるような画像にすることによって、訪問者をウェルカムタブページに誘導するようにする必要があります。

投稿をタイムラインのトップに固定表示させることができるようになった

指定した投稿をタイムラインの一番上に固定表示することができるようになりました。タイムラインのトップに固定表示させたい投稿の右上にマウスをもっていき、「編集または削除」(鉛筆マーク)のボタンを押して表示されるメニューから「トップに固定」を選択すると、指定した投稿がタイムラインの一番上に固定表示されるようになります。

投稿を「ハイライト」表示させることができるようになった

指定した投稿を「ハイライト」表示にして、タイムラインの横幅いっぱいに表示させることができるようになりました。「ハイライト」表示させたい投稿の右上にマウスをもっていき、「ハイライト」(★マーク)のボタンを押すると、指定した投稿がタイムラインの横幅いっぱいに表示されるようになります。

「管理者用パネル」が追加された

「管理者用パネル」というものが追加され、ここで「お知らせ」や「新規いいね!」、「インサイト」(アクセス解析)のグラフ、ファンから送られてきた「メッセージ」などを見ることができるようになりました。また、この「管理者用パネル」のなかから、Facebookページの編集画面にアクセスすることもできます。Facebookページに友だちを招待したり、Facebookページをシェアしたり、Facebook広告で宣伝するためのページにも、ここからアクセスすることができます。

新しいメッセージ機能が追加された

Facebookページのファンが、Facebookページの管理者に直接メッセージを送ることができるという、新しいメッセージ機能が追加されました。寄せられたメッセージは、「管理者用パネル」のなかに表示されます。寄せられたメッセージに直接返信することもできます。(これによって、ファンとの新たな交流が生まれるでしょう。ま)

その他

なお、旧Facebookページにアクセスすると、Facebookページの上部に、下の画像のような、新しいFacebookページについてのメッセージが表示されます。

Facebookページの上に表示されるメッセージ
Facebookページの上に表示されるメッセージ

また、旧Facebookページから、新しいFacebookページへの移行は、3月30日にすべてのFacebookページに適用されます。

新しいFacebookページのご紹介(日本語)

新しいFacebookページのご紹介

新しいFacebookページのご紹介
http://www.facebook.com/about/pages/

(以下は、上記のURLのページの抜粋です。)

ブランドや店舗、団体向けのツールが新しくなりました。

3つのポイント
●ページのブランドを構築
ユニークな写真を追加し、ページのタイムラインに大切なニュースやアップデートを掲載しましょう。

●重要な情報をハイライト
毎週、最新の投稿をページ上部に固定し、さらに多くの人に見てもらいましょう。

●すべてを1ヶ所で管理
ページ上部のツールから、最近のアクティビティを確認したり、ファンからの投稿やメッセージに応答できます。

また、このページでは、「ページの実装例」として、有名な企業による、新しいFacebookページの活用事例も紹介されています。

「ページの実装例」

新しいFacebookページの魅力をつたえる公式動画

「Introducing the New Pages」

下のURLのページでは、新しいFacebookページの魅力をつたえるための公式動画を見ることができます。

Introducing the New Pages
http://www.facebook.com/photo.php?v=10100170827846423

新しいFacebookページの使い方を解説している公式動画

「Customize Your Page」
新しいFacebookページの使い方を解説してくれるインタラクティブ動画
イボンヌさんとジェフさん
解説役の2人
イボンヌさん(プロダクト・マーケティング・チーム所属)と
ジェフさん(プロダクト・チーム所属)

下のURLのページでは、新しいFacebookページの使い方を解説している公式動画を見ることができます。

Learn About Facebook Pages
http://www.learnfacebookpages.com/

この解説動画では、新しいFacebookページの全体像から、細かい使い方まで網羅されています。

インタラクティブ動画プレゼンテーションになっているので、途中のクイズコーナーで学んだ知識をテストすることもできます。

新しいFacebookページについての公式ヘルプページ

Facebookページについての公式のヘルプページは、下記のURLのページで見ることができます。

Facebookページ - Facebook ヘルプセンター
http://www.facebook.com/help?faq=203955942973503

下記のURLの「Facebookページの新デザイン」についてのヘルプページ(日本語版)は、現在まだ準備中のようです。

Facebookページの新デザイン - Facebook ヘルプセンター
http://www.facebook.com/help/pages/new-design

ですが、Facebookで使用する言語を英語に切り替えれば、英語版のヘルプページを見ることができるようになります。

Facebookページヘルプページ(英語版)「新Facebookページのカバー画像について」
「新Facebookページのカバー画像について」
Facebookのヘルプページ(英語版)

Facebookで使用する言語を英語に切り替えるには、Facebookの画面の左下にある「日本語」と書かれたリンクをクリックして、表示されたメニューのなかから、「English (US)」(アメリカ英語)を選択します。

Facebookの言語選択リンク
Facebookの言語選択リンク
(Facebookの画面の左下)

新Facebookページのカバー画像について

下の画像は、この英語版ヘルプのなかの、「新Facebookページのカバー画像について」のページです。

「カバー画像」というのは、新しいFacebookページの画面の一番上に表示される横長の大きな画像のことです。

(英語版)「新Facebookページのカバー画像について」の本文
「新Facebookページのカバー画像について」の本文
Facebookのヘルプページ(英語版)

この「新Facebookページのカバー画像について」のヘルプページ(英語版)には、つぎのように書かれています。

「新Facebookページのカバー画像横幅サイズは、最低でも399ピクセル以上にしなければいけません」

また、このヘルプページには、「Facebookページのカバー画像のなかに、以下の内容のものを含めることは禁止されています」と書かれています。

  • 商品の値段や購入についての情報(たとえば、「40%割引」という言葉や「私たちのウェブサイトでこれをダウンロードしてください」という言葉)
  • 連絡先の情報(たとえば、ウェブサイトのアドレスや、メールアドレスなど)
  • ユーザーインターフェースに言及するもの(「いいね!」や「シェア」や、そのほかのFacebookのウェブサイトの機能のこと)
  • 行動をうながす文言(たとえば、「今すぐこれを手に入れてください」という言葉や、「友だちにも教えてあげてください」という言葉など)
全世界で100万人が読んだマニフェストが完全版で日本上陸!

リッチ・シェフレンが語る
「仕事量を減らし、労働時間を短くしながら、利益を増やしていく方法」についての
2時間のセミナー映像のDVDが付いた
2,980円の『インターネットビジネスマニフェスト』の完全版の日本語本が
今だけほぼ無料で配布されています。


『ザ・ローンチ(世界一効率的に億万長者になる方法)』著者:ジェフ・ウォーカー

『ザ・ローンチ (世界一効率的に億万長者になる方法)』
著者:ジェフ・ウォーカー


専業主夫が、たった7日で1000万円以上の売上を達成し、
「1日1億円の売上」を常識にした販売手法を、あなたにも。


メルマガ登録
いろんな分野のごちゃまぜメルマガ

このページの先頭へ