「書きたいことを書いてみた」の記事一覧(3 / 5ページ目)

エンターテイメントマーケティング見聞録: ゲーム性=インタラクティブ性×エンターテイメント性

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

えんため(エンターテイメントマーケティング見聞録)

「何かをしようっていう原動力は、いつだって、
 初めは生存に関係していて、
 それから社会的なものへと移り、
 最後は純粋な楽しみになる。」

――― リーナス・トーバルズ、『それがぼくには楽しかったから』 (*1)

ここでは、この「エンターテイメントマーケティング見聞録」というシリーズで、どのような情報をおつたえしていくのか、ということをお話したいとおもいます。

ゲーム性=インタラクティブ性×エンターテイメント性

インターネット上でたくさんの人を集め、大きな注目を浴びるには、ゲーム性が必要不可欠です。

では、その「ゲーム性」とは、いったいなんでしょうか?

ぼくは、ゲーム性とは、 続きを読む


脚注
  1. (リーナス・トーバルズ、『それがぼくには楽しかったから』、13ページ)[↩ Back]

「最大の恐怖は無力と知ることではない 最大の恐怖は自分の計り知れない力だ」 "Our deepest fear is not that we are inadequate. Our deepest fear is that we are powerful beyond measure." (映画『コーチ・カーター』より)

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

映画『コーチ・カーター』(「Coach Carter」)

「最大の恐怖は無力と知ることではない
 最大の恐怖は自分の計り知れない力だ」

("Our deepest fear is not that we are inadequate.
  Our deepest fear is that
  we are powerful beyond measure.")

この言葉は、映画「コーチ・カーター」(「Coach Carter」)で、チモ・クルーズがカーターコーチにお礼を言う場面で引用されていた言葉です。

チモ・クルーズがカーターコーチにお礼を言う際に
「最大の恐怖は・・・」("Our deepest fear...")の言葉を引用する場面

最大の恐怖は無力と知ることではない

最大の恐怖は自分の計り知れない力だ

恐ろしいのは自分の闇ではなく光

自分の力を隠し、周囲の者たちを不安にさせないよう縮こまっていては世界を照らすことはできない

小さな子供らと同じように輝こう

すべての人の内に光がある

自分自身を輝かせれば、まわりの者たちも自然と輝きはじめる

恐怖から解き放たれさえすれば、まわりの者達も解き放つことになる

  

「コーチにお礼を言いたかったんです

 命を救ってくれた」

  

「私こそ感謝する

 君らみんなに」

(チモ・クルーズのお礼の言葉と、ケン・カーターの感謝の言葉、『コーチ・カーター』) (*1)

Our deepest fear is not that we are inadequate. Our deepest fear is that we are powerful beyond measure. It is our light, not our darkness, that most frightens us.

Your playing small doesn't serve the world. There's nothing enlightened about shrinking so that other people won't feel insecure around you. We are all meant to shine, as children do.

It's not just in some of us; it's in everyone. And as we let our own light shine, we unconsciously give other people permission to do the same. As we're liberated from our own fear, our presence automatically liberates others.

  

"Sir I just wanna say thank you...

 You saved my life."

  

"Thank you, sirs.

 All of you."

(Timo Cruz のお礼の言葉と、Ken Carter の感謝の言葉、『コーチ・カーター』) (*2)

この言葉の出典元は、 続きを読む


脚注
  1. (チモ・クルーズのお礼の言葉と、ケン・カーターの感謝の言葉、映画『コーチ・カーター』、1:45:16~1:47:37、パラマウント映画、2005年)[↩ Back]
  2. (チモ・クルーズ(Timo Cruz)のお礼の言葉と、ケン・カーター(Ken Carter)の感謝の言葉、映画『コーチ・カーター』、1:45:16~1:47:37、映画『コーチ・カーター』、2005年)[↩ Back]

HTML5と「ゲーム性」がすべてを変える: ブラウザゲームに学ぶ「インタラクティブ性」と「エンターテイメント性」

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

 

遊びをせんとや生(うま)れけむ

戲(たはぶ)れせんとや生(むま)れけん

遊ぶ子供の声聞きけば

我が身さへこそ動(ゆる)がるれ

――― 「四句神歌」、『梁塵秘抄』 (*1) (*2)

「遊ぶものは神である。
 
 神のみが、遊ぶことができた。
 
 遊は絶対の自由と、
 ゆたかな創造の世界である。
 
 それは神の世界に外ならない。
 
 この神の世界にかかわるとき、
 人もともに遊ぶことができた。」

――― 白川静、『文字逍遥』 (*3)

「石油は人間の頭のなかで見つかる」

――― ダニエル・ヤーギン、『探求』 (*4)

 

ここでは、下の動画のような、HTML5をつかったブラウザゲームをいくつか紹介しながら、「遊び」、「学び」、「集客・販売」の未来についてお話していきます。

続きを読む


脚注
  1. (「遊びをせんとや生(うま)れけむ
      戲(たはぶ)れせんとや生(むま)れけん
      遊ぶ子供の声聞きけば
      我が身さへこそゆるがるれ」
    、編集:西郷信綱、『梁塵秘抄』、ちくま学芸文庫、筑摩書房、2004年、19ページ)[↩ Back]
  2. (「遊びをせんとや生(うま)れけむ、戲(たはぶ)れせんとや生(むま)れけん、遊ぶ子供の聲(こえ)きけば、我が身さへこそ動(ゆる)がるれ。」、校訂:佐佐木信綱、三五九(359)、「雜八十六首」(雑八十六首)、「四句神哥 百七十首」(四句神歌)(しくかみうた)、「梁塵祕抄 卷第二」(梁塵秘抄 巻第二)、『新訂 梁塵秘抄』、岩波文庫 黄 22-1、岩波書店、1941年、66ページ)[↩ Back]
  3. (白川静、「遊字論」、『文字逍遥』、平凡社ライブラリー、平凡社、1994年、10ページ)[↩ Back]
  4. (ダニエル・ヤーギン(Daniel Yergin)、(訳 伏見威蕃)、「結論−"偉大な革命"」、『探求――エネルギーの世紀(下)』、2012年、433ページ)[↩ Back]

「あの時 あなたは 僕を守ってくれなかったじゃないですか」 「あなたが正しいと言うのなら なんで守ってくれなかったんです」

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

「あの時 あなたは

 僕を守ってくれなかったじゃないですか」
 
「あなたが正しいと言うのなら

 なんで守ってくれなかったんです」

―― 瀬田宗次郎、『るろうに剣心』 (*1)

閉ざされたドアの向こうで吹きあれる戦争で、どれほど多くの子どもたちが不具にされているかということに、だれも気づかない。そしてだれも、魂を失った人々を助けるすべを知らない。

―― 『母に心を引き裂かれて』 (*2)

「これで・・・

 これでもう・・・

 戦わなくて済む

 殺し合いの螺旋から

 俺は降りる」

―― 辻風黄平、『バガボンド』 (*3)

in this waking hell I am
witnessing more than I can compute
この燃え盛る
理解をこえた地獄の目撃者

pray myself we don't forget
lies, betrayed and the oppressed
嘘や裏切り
虐げられた人々を決して忘れない

please give me the strength to be the truth
真実であるための力を私の手に

people facing the fire together
if we don't, we'll lose all we have found
この炎に立ち向かう
そうしない事は全てを失う事だから

―― ORIGA、「rise」 (*4)

これからお話する話の登場人物についてですが、あるいは、今、あなたのすぐちかくにいる、あなたがとてもよく知っているその人、ということになるかもしれません。

ですが、ここでは話の都合上、舞台となる時代と場所は、今ではないいつか、ここではないどこか、ということにしておきます。

正確には、「いつの時代でもあり得る」し、「どこの場所でもあり得る」といえます。

過去のことかもしれないし、現在のことかもしれないし、未来のことかもしれません。

地球の裏側で起こっていることかもしれないし、名前くらいは聞いたことがあるあの場所で起こっていることかもしれないし、あなたのすぐそばで起こっていることかもしれません。

ですが、とりあえずそのことはおいておいて、今ではないいつか、ここではないどこか、ということにしておきます。

そして、登場人物はその、今ではないいつか、ここではないどこかにいる、ある子どもです。

ここでは、その子がどのような名前で呼ばれているのか、ということも、その子の性別が男性か女性か、ということも、とくに重要なことではありません。

なぜなら、「どのような名前でもあり得る」し、「どちらの性別でもあり得る」といえるからです。

聞いたこともないような名前かもしれないし、あの人とおなじ名前かもしれないし、あなたとおなじ名前かもしれません。

ですが、ここではとりあえず、その子の名前を「宗次郎」と呼ぶことにします。

この「宗次郎」という子どもは、深刻な問題を抱えている「親」と、幼い頃からともにいることを強いられることになるために、自身もこころに傷を負うことになります。

これは、そんな「宗次郎」たちのお話です。

 

続きを読む


脚注
  1. (瀬田宗次郎(声優:日髙のり子)、原作:和月伸宏(脚本:島田満、監督:古橋一浩)、第55話「嵐の夜の惨劇・宗次郎の過去」、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(アニメ))[↩ Back]
  2. (ジョアンナの日記の抜粋、クリスティーヌ・A・ローソン(Christine Ann Lawson)(翻訳:遠藤公美恵)、7章「迷える子どもたち―「完璧な」子どもと「くずの」子ども」、『母に心を引き裂かれて―娘を苦しめる“境界性人格障害”の母親』、196~197ページ)[↩ Back]
  3. (辻風黄平、作者:井上雄彦、「#125 螺旋」、第13巻、『バガボンド』)[↩ Back]
  4. (歌手:ORIGA(オリガ)、作詞:Tim Jensen(ティム・ジェンセン) / ORIGA(オリガ)、(英語とロシア語で書かれた歌詞の日本語訳:Mayu Jensen(麻由ジェンセン) / ORIGA(オリガ))、作曲:菅野よう子(Yoko Kanno)、楽曲名:「rise」(アニメ『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』オープニング主題歌)、CDの題名:『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX オープニングテーマ「GET9」』、2004年、ビクターエンタテインメント株式会社、(CDに付属しているブックレットに掲載されている「rise」の歌詞)、(CDに付属しているブックレットに掲載されているスタッフクレジット))[↩ Back]

MITライセンスってなに?どうやって使うの?商用でも無料で使えるの?

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

MITライセンス(エムアイティーライセンス)(MIT License)というのは、オープンソースソフトウェアのライセンスのひとつで、無料で自由につかうことができる(制限がほんのすこししかない)のが特徴です。 (*1)

MITライセンスのもとで配布されているものは、改変でも、再配布でも、商用利用でも、有料販売でも、どんなことにでも自由に無料でつかうことができます。

そのために守らなくてはいけない条件は、「著作権表示」と「MITライセンスの全文」を記載する、という条件だけです。(なお、「MITライセンスの全文」を記載する代わりに、MITライセンスの全文が記載されているウェブページのURLを記載することも認められています。)

下記の文章は、MITライセンスの内容を、わかりやすく意訳したものです。

「MITライセンスの全文」の意訳
下記の条件を受け入れていただけるのであれば、誰でも自由に無料で、このソフトウェアをつかっていただくことができます。

このソフトウェアをコピーしてつかったり、配布したり、変更を加えたり、変更を加えたものを配布したり、商用利用したり、有料で販売したり、なんにでも自由につかってください。

このソフトウェアの著作権表示(「Copyright (c) 年 作者名」)と、このライセンスの全文(英語の文章)を、ソースコードのなかや、ソースコードに同梱したライセンス表示用の別ファイルなどに掲載してください。

このソフトウェアにはなんの保証もついていません。たとえ、このソフトウェアを利用したことでなにか問題が起こったとしても、作者はなんの責任も負いません。

「著作権表示」と「ライセンスの全文」の掲載については、ソースコードのなかや、同梱の別ファイルなどに下記のような記述を掲載するだけでかまいません。

続きを読む


脚注
  1. (MITライセンス(MIT License)は、ほか名前で呼ばれることもあります。ほかの呼び方としては、「MIT/Xライセンス」(MIT/X license)、「MIT / Xウィンドウシステムライセンス」(MIT / X Window System License)、「Xウィンドウシステムライセンス」(X Window System license)、「X11ライセンス」(X11 License)、「Xライセンス」(X License)などと呼ばれることもあります。)[↩ Back]

3DプリンターをつかったDTM(デスクトップ・マニュファクチュアリング)によって起こる新たな産業革命

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

頭にひらめいたことを、ただちに手を通してかたちのあるものにし、そのアイデアを実証せずにはいられない人間。こういう人のことをホモ・ファーベルと呼ぶそうである。変な表現だが、『手の人』『モノをつくる人』というわけだ。

――本田宗一郎、『やりたいことをやれ』 (*1)

どうも、倉田です。
世界中でベストセラー本になっている、
『フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略』
や、
『ロングテール―「売れない商品」を宝の山に変える新戦略』
などの著者として有名な
クリス・アンダーソン(Chris Anderson)の新刊が
発売されましたね。
題名は、
『MAKERS―21世紀の産業革命が始まる』
です。
この本は、
「3Dプリンター」(立体プリンター)
をはじめとする、「DTM」関連の
新しい製造技術によって起こる、
「新たな産業革命」
について書かれています。

光によって「表出」するカブトムシ、粉から「印刷」されるモンキーレンチ

ちなみに、
「3Dプリンター」というのは、
 ↓ こんなかんじの機器です。

粉から「印刷」されるモンキーレンチ
光によって「表出」するカブトムシ

なんとも、少年ハートが高鳴っちゃう映像ですよね(笑)。

「DTM」(デスクトップ・マニュファクチュアリング)ってなに?

これは、いわゆる、
DTM」(デスクトップ・マニュファクチュアリング
というやつです。
これと似たような言葉で、
続きを読む


脚注
  1. (本田宗一郎、『やりたいことをやれ』、125ページより)[↩ Back]

Kickstarter(キックスターター)をつかったクラウドファンディングの事例: Production I.Gによるアニメーション制作資金の調達

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

資金調達のためにインターネット上で世界中の人たちから出資を募るクラウドファンディング」のおもしろい事例を紹介します。

下の動画で紹介している事例は、世界的に有名なアニメーション制作会社「Production I.G」が、『キックハート』というアニメの制作資金を集めるために、「Kickstarter」(キックスターター)というクラウドファンディング・サービスを利用している事例です。

(小さい画面では見にくいという場合は、動画の右下についている「歯車」のアイコンを押して画質を高画質にして、その右横の方にある「全画面」のアイコンをクリックして画面を拡大して見てください。)

(上の動画は、YouTube内の動画再生ページでも見ることができます → Kickstarter(キックスターター)をつかったクラウドファンディングの事例: Production I.Gによるアニメーション制作資金の調達

続きを読む

黒魔道士ビビ・オルニティア(Vivi Ornitier)の木彫人形の写真アルバム 「FINAL FANTASY Ⅸ」(ファイナルファンタジー9)

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

僕が高校生のときにつくった、黒魔道士ビビの木彫人形の写真をアップしてみました。(ビビは、『ファイナルファンタジー9』に登場するキャラクターです。)
もし気に入ってもらえる写真があったら、それぞれの写真の下についている、写真共有サイトPinterest(ピンタレスト)の「Pin it」(ピン・イット)ボタンを押してシェアしてみてください。
Follow Me on Pinterest

Vivi Ornitier(ビビ・オルニティア)
FINAL FANTASY Ⅸ(ファイナルファンタジー9)
Crafted by Yukinobu Kurata(製作者:倉田幸暢)
実際のビビの画像はこちら↓(Amazon.co.jp)
http://www.amazon.co.jp/dp/B002A9J5SW/
Vivi Ornitier ビビ・オルニティア UNI_2549
↑ 
続きを読む

フェイスレスの時代の終焉 - 人間性の再興 -

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

「のっぺらぼう」禁止
「のっぺらぼう」禁止 (*1)

 

「誰もお前さんたちの話なんか聴きたがりはしないよ。

 わたしたちはもう少し高望みなのさ。

 なぜって、人の心を本当に動かすのは、
 やはり心の奥底から出てきたものだけだからね。」

――ポルキュアスの言葉、ゲーテ、『ファウスト』 (*2)

天空に木霊こだませよ歓喜の歌

嘆くなかれ そは汝の音色

――「調律への扉 Twin Music」、『ラーゼフォン』 (*3) (*4) (*5) (*6)

これまでの、
没個性的で、
「顔」が見えず、
無味乾燥な、
「のっぺらぼう」な組織が
影響力を持っていた時代は終わりを告げました。

現代は、
個性にあふれていて、
「顔」が見え、
共感できる、
「表情豊か」な個人が
力を持つ時代です。

続きを読む


脚注
  1. 「のっぺらぼう」禁止(「フェイスレス(顔無し)の時代の終焉」)(作:倉田幸暢、元画像:「Masasumi Noppera-bo.jpg」 on Wikimedia Commons、元画像の作者:竜斎閑人正澄、「のっぺらぼう」、『狂歌百物語』)[↩ Back]
  2. (ポルキュアスの言葉、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(訳 高橋義孝)、第二部 第三幕、『ファウスト(二)』、新潮文庫、1997年、332ページ)[↩ Back]
  3. 「天空に木霊こだませよ歓喜の歌 嘆くなかれ そは汝の音色 次回 第25楽章 「神の不確かな音」 世は音に満ちて」(「第25楽章 神の不確かな音 Deus Ex Machina」の次回予告)、(出渕裕 (監修), アクティブコア編集部 (編集)、「第24楽章 調律への扉 Twin Music」、「TV Series episode guide ― テレビシリーズ」、『ラーゼフォンコンプリート』(Rahxephon Complete)、メディアファクトリー、2004年、65ページより)[↩ Back]
  4. 原作・監督:出渕裕、「第24楽章 調律への扉 Twin Music」、『ラーゼフォン』(RahXephon)[↩ Back]
  5. 次回予告 ラーゼフォン[↩ Back]
  6. 『ラーゼフォン』の公式サイト『ラーゼフォン』(RahXephon)(「ラーゼフォン - Wikipedia」)、劇場映画『ラーゼフォン 多元変奏曲』(「ラーゼフォン 多元変奏曲 - Wikipedia」)[↩ Back]

メルマガ登録
いろんな分野のごちゃまぜメルマガ