「鬼王巡礼:酒呑童子八千箇所めぐり」の記事一覧

酒呑童子の赤い鬼瓦(?): 比叡山延暦寺の根本中堂の屋根にある酒呑童子のような色をした赤い鬼瓦

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)


(この上の動画の 1:20~ 現在の根本中堂赤い鬼瓦の映像)

ぼくはいま、酒呑童子(酒天童子)の伝説について研究しているのですが、酒呑童子(酒天童子)の伝承を構成する重要な要素のいくつかは、比叡山延暦寺に代表される天台教団(天台宗の教団)がつくったといわれています。
くわしくは、こちらの記事をご覧ください。)

そうしたこともあってか、比叡山延暦寺には、酒呑童子(酒天童子)の伝説とのつながりをかんじるモノがいろいろあります。たとえば、伝説のなかで酒天童子が変化した楠の巨木をおもわせる、比叡山延暦寺の根本中堂の本尊である薬師如来像の御衣木(造仏のために使用される霊木)やその跡地、また、まるで酒呑童子(酒天童子)のような色をした赤い鬼瓦、などがあります。

今回は、そういったもののなかから、比叡山延暦寺の根本中堂の赤い鬼瓦について、お話してみたいとおもいます。

 

この下の絵図は、江戸時代後期に制作された「延暦寺根本中堂他造営絵図えんりゃくじこんぽんちゅうどうほかぞうえいえず」という絵図です。(※この下の絵図は、元の原画を模写したものです。)

「延暦寺根本中堂他造営絵図」〔模写〕(比叡山延暦寺の東塔地区にある伽藍を描いた絵図)
延暦寺根本中堂他造営絵図えんりゃくじこんぽんちゅうどうほかぞうえいえず」〔模写〕
(比叡山延暦寺の東塔地区にある伽藍を描いた絵図)

この下の絵図は、この上の「延暦寺根本中堂他造営絵図えんりゃくじこんぽんちゅうどうほかぞうえいえず」のなかの、根本中堂の部分を拡大したものです。すこしわかりにくいですが、この根本中堂の絵図の屋根の棟木(むなぎ)の左端(ひだりはし)のところには、赤い鬼瓦が描かれています。(※この下の絵図は、元の原画を模写したものです。)

「延暦寺根本中堂他造営絵図」〔模写〕〔一部分〕(根本中堂とその廻廊が描かれている部分)
延暦寺根本中堂他造営絵図えんりゃくじこんぽんちゅうどうほかぞうえいえず」〔模写〕〔一部分〕
(根本中堂とその廻廊が描かれている部分)

この下の絵図は、この上の「延暦寺根本中堂他造営絵図えんりゃくじこんぽんちゅうどうほかぞうえいえず」のなかの、根本中堂の屋根の棟木(むなぎ)の左端(ひだりはし)のところにある、赤い鬼瓦の部分を拡大したものです。(※この下の絵図は、元の原画を模写したものです。)

根本中堂の赤い鬼瓦(南側の鬼瓦(二本角の赤鬼))
根本中堂の赤い鬼瓦
(南側の鬼瓦(二本角の赤鬼))
延暦寺根本中堂他造営絵図えんりゃくじこんぽんちゅうどうほかぞうえいえず」〔模写〕〔一部分〕
(根本中堂の赤い鬼瓦が描かれている部分)

 

ちなみに、根本中堂の屋根の赤い鬼瓦は、北側の赤い鬼瓦と、南側の赤い鬼瓦の、2つの赤い鬼瓦があります。南側の鬼瓦は、二本角の赤鬼の顔をしています。北側の鬼瓦は、一本角の赤鬼の顔をしています。

 

この上で紹介した、「延暦寺根本中堂他造営絵図えんりゃくじこんぽんちゅうどうほかぞうえいえず」の絵図は、江戸時代後期に制作されたものですが、根本中堂の赤い鬼瓦は、現在の根本中堂にもあります

たとえば、この下のYouTube動画のなかの、「1:20~」のところに、現在の根本中堂の赤い鬼瓦が映っています。

根本中堂大改修(H28年9月) - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=LZEV_8XyEb8&start=80

 

また、この下の、比叡山延暦寺の公式Twitterアカウントのツイートの動画には、根本中堂の改修工事のために、一時的に根本中堂の屋根からはずされている、根本中堂の赤い鬼瓦が映っています。

延暦寺【公式】さんのツイート
https://twitter.com/enryakuji_hiei/status/1127059661511782400

 

また、この下のYouTube動画のなかの、「9:50~10:00」のところには、光の加減で見えにくくなってはいますが、根本中堂の赤い鬼瓦が映っています。

伝教大師最澄と根本中堂 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=XG8eiZlpHlk&start=590

 

ちなみに、ここで紹介した「延暦寺根本中堂他造営絵図えんりゃくじこんぽんちゅうどうほかぞうえいえず」の内題ないだい(絵図のなかに書かれている題名)は、「比叡山ひえいざん 根本中堂こんぽんちゅうどう 廻廊かいろう 大講堂だいこうどう 文殊楼もんじゅろう 鐘楼堂しょうろうどう 食堂じきどう 法蔵ほうぞう 御造営絵図ごぞうえいえず」です (*1)

 内題ないだいに「比叡山根本中堂・廻廊かいろう大講堂だいこうどう文殊楼もんじゅろう鐘楼堂しょうろうどう食堂じきどう法蔵ほうぞう御造営絵図」とあり、根本中堂以下七棟の建物を細部まで緻密に彩色鮮やかに描く。中央に根本中堂、手前に文殊楼、背後に大講堂を描くが、この図にある大講堂と鐘楼堂は昭和三十一年(一九五六)の火災で焼失している。本図自体は、江戸時代後期の作になるが、その図様は「御造営絵図」という内題や一緒に描かれている建物、根本中堂の屋根が柿葺こけらぶきに描かれていることなどから、三代将軍徳川家光の命により寛永かんえい十一年(一六三四)に着工され同十九年に完成を見た時のものではないかと推定される。画面の大きさに比較して描かれる対象は少なく、この大きな絵図がどのような目的で制作されたか、興味がもたれる。

(「16 延暦寺根本中堂他造営絵図えんりゃくじこんぽんちゅうどうほかぞうえいえず」, 「作品解説」, 大津市歴史博物館(編集), 『古絵図が語る大津の歴史』) (*1)

 延暦寺については、織田信長の山門さんもん焼き討ちによる影響か、古い絵図は残されていないが、「比叡山三塔図」(15)は制作は江戸時代初期のものでありながら、描かれた景観は焼き討ち以前の状況であろうと考えられている。江戸時代中頃の絵図には、『近世の町と村』に展示している「山門三塔坂本惣絵図」(30)が、山上の三塔十六谷の様子を詳細に記す。また、根本中堂こんぽんちゅうどう以下の造営の状況を描いた「延暦寺根本中堂他造営絵図えんりゃくじこんぽんちゅうどうほかぞうえいえず」(16)があるが、大きな画面に対して描かれている内容があまりに少なく、どのように利用されたか興味がもたれる。

(「(三)社寺絵図の世界」, 「古絵図が語る大津の歴史」, 大津市歴史博物館(編集), 『古絵図が語る大津の歴史』) (*2)

 

以下の参考文献は、今回、紹介した、根本中堂の赤い鬼瓦が描かれている、江戸時代後期に制作された「延暦寺根本中堂他造営絵図えんりゃくじこんぽんちゅうどうほかぞうえいえず」の絵図が掲載されている参考文献です。

・参考文献: (2002年) 「2. 延暦寺根本中堂他造営絵図えんりゃくじこんぽんちゅうどうほかぞうえいえず(滋賀1)」, 『社寺境内図資料集成 2 (国立歴史民俗博物館資料調査報告書:情報資料研究部 12)』, 国立歴史民俗博物館; 〔口絵〕, 29ページ.

・参考文献: (1955年) 〔根本中堂廻廊〕, 『国宝延暦寺根本中堂及重要文化財根本中堂廻廊修理工事報告書』, 国宝延暦寺根本中堂修理事務所, 〔口絵〕.

・参考文献: (1955年) 「四十 延暦寺根本中堂附近古図」(縮尺二十分ノ一), 『重要文化財延暦寺大講堂修理工事報告書』, 国宝延暦寺根本中堂修理事務所, 〔口絵〕.

・参考文献: (2000年) 「16 延暦寺根本中堂他造営絵図えんりゃくじこんぽんちゅうどうほかぞうえいえず」, 「三、社寺絵図の世界」, 「図版」, 大津市歴史博物館(編集), 『古絵図が語る大津の歴史: 開館10周年記念・文化財保護法50年記念』, 大津市歴史博物館, 20ページ.

 

比叡山延暦寺の根本中堂の赤い鬼瓦(南側の鬼瓦(二本角の赤鬼)(イメージ図))
比叡山延暦寺の根本中堂の赤い鬼瓦
(南側の鬼瓦(二本角の赤鬼))
(イメージ図)

比叡山延暦寺の根本中堂の赤い鬼瓦(北側の鬼瓦(一本角の赤鬼))(イメージ図))
比叡山延暦寺の根本中堂の赤い鬼瓦
(北側の鬼瓦(一本角の赤鬼))
(イメージ図)

 

以下の参考文献は、根本中堂の図面などが掲載されていて、それらの図面のなかに根本中堂の鬼瓦が描かれている参考文献などです。

・参考文献: (1968年) 「滋賀県 延暦寺根本中堂側面圖 縮尺六拾分之壹」(「延暦寺根本中堂及び廻廊 竣工 側面図」), 『国宝・重要文化財(建造物)実測図集 10 (滋賀県 2)』, 文化財保護委員会, 442ページ〔図面番号:817〕.

 

 

「これ好奇のかけらなり、となむ語り伝へたるとや。」


脚注
  1. 出典: (2000年) 「16 延暦寺根本中堂他造営絵図えんりゃくじこんぽんちゅうどうほかぞうえいえず(写真展示) 一鋪」, 「作品解説」, 大津市歴史博物館(編集), 『古絵図が語る大津の歴史: 開館10周年記念・文化財保護法50年記念』, 大津市歴史博物館, 56ページ. [↩ Back][↩ Back]
  2. 出典: (2000年) 「(三)社寺絵図の世界」, 「古絵図が語る大津の歴史」, 大津市歴史博物館(編集), 『古絵図が語る大津の歴史: 開館10周年記念・文化財保護法50年記念』, 大津市歴史博物館, 53ページ. [↩ Back]

首塚大明神(酒呑童子の首を埋めた首塚)

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

IMG_20190415_100308
首塚大明神の例祭(2019年4月15日) (*1)

 

首塚大明神の社(やしろ)の上に掲げられている扁額に書かれている和歌 (*2)

いにしえは
鬼のかしらと
いひけれど
いまは佛に
勝る首塚
  ―― 首塚大明神の扁額の和歌
           (*3) (*4) (*5)

 

 

このブログ記事は、まだ書きかけの状態ですが、「すずろ作法すずりんぐ」というかんがえかたにもとづいて、ある程度できたところで公開して、そのあとで、随時、内容を追加・修正する方法をとっています。更新通知をうけとるには、メールマガジンに登録していただいたり、ソーシャルメディアでフォローしていただければとおもいます。

 

続きを読む


脚注
  1. この写真は、2019年4月に筆者が撮影した写真です。 [↩ Back]
  2. この写真は、2017年3月に筆者が撮影した写真です。 [↩ Back]
  3. 「いにしえは 鬼のかしらと いひけれど いまは佛に 勝る首塚」。この和歌は、首塚大明神のお社(おやしろ)の上に掲げられている扁額に書かれている和歌です(筆者が2017年3月1日に現地にて確認しました)。[↩ Back]
  4. この和歌の文章(釈文)のなかの「ひらがなの文字」のなかには、実際には変体仮名へんたいがなの文字として書かれている文字があります。それらの変体仮名へんたいがなについては、つぎのとおりです。「鬼のかしらと」の「と」の文字は、変体仮名へんたいがなの「登」。「いひけれど」の「い」の文字は、変体仮名へんたいがなの「以」。「いまは佛に」の「に」の文字は、変体仮名へんたいがなの「尓」。[↩ Back]
  5. この和歌のおおまかな意味は、だいたいつぎのような意味なのではないかとおもいます。「昔は人々に害悪をなした鬼の首(酒呑童子の首)ではあるが、今ではその鬼の首の霊験によって、仏よりも人々の役に立っている首塚である」[↩ Back]

Q&A:「比叡山延暦寺の酒呑童子ゆかりのおすすめ鬼スポットを教えてくださいな♬」

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

IMG_20190416_160906
比叡山遠望 (*1)
(京都市左京区の馬橋(馬橋人道橋)(高野川) より撮影 (*2)

 

わが山は 花の都のうしとらに 鬼かどを ふたぐとぞ聞く

―― 慈円『拾玉集』第四冊 [歌番号:4800] (*3) (*4)

 

先日、つぎのようなご質問をいただきましたので、この場を借りてお答えしたいとおもいます。

いただいたご質問の大意: 「比叡山延暦寺の酒呑童子ゆかりのおすすめ鬼スポットを教えてくださいな♬」

ご質問いただき、ありがとうございます!
m(_ _)m

ぼくなりの比叡山延暦寺の酒呑童子ゆかりのおすすめスポットについて、これまでにぼくが発信させていただいだ情報のなかでは、下記の2つの記事が参考になるかもしれません。

続きを読む


脚注
  1. この写真は、筆者が2019年4月に撮影した写真です。 [↩ Back]
  2. 参考:「馬橋(馬橋人道橋)(高野川)」(京都府京都市左京区松ケ崎小竹藪町)の場所の、おおまかな緯度経度:35.048489, 135.785017 . [↩ Back]
  3. 出典:慈円 (慈鎮和尚) [歌番号:4800], 「第四冊」, 慈円 (原著), 石川一, 山本一, (2011年), 『拾玉集 下』, 和歌文学大系 ; 59, 明治書院, 121ページ. [↩ Back]
  4. 引用文のなかの振り仮名の一部を、引用者が変更しました。 [↩ Back]

鬼王巡礼:酒呑童子八千箇所めぐり(酒呑童子やちかしょめぐり)

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

経巡り(へめぐり) (*1)

 巡礼者は、また文化や情報の伝播者でもあった。四国には遠方からの遍路が伝授していったという漢方的な治療法とかおきゅうといったものがいまにまで伝えられているし、中世ヨーロッパの巡礼路網がロマネスク芸術様式の伝播に大きく寄与したことはよく知られている。
 このように巡礼は、単に宗教儀礼というだけでなく、広く社会経済的・文化的影響力をもつものであるから、さまざまな角度から考察することが肝要である。

―― 星野英紀「巡礼の社会的・文化的役割」 (*2) (*3)

「鬼王巡礼:酒呑童子八千箇所やちかしょめぐり」の地図


「鬼王巡礼:酒呑童子八千箇所やちかしょめぐり」の地図
拡大地図を表示する

〔開く〕地図上のマークの説明

以下は、この地図のなかに表示されているマーク(アイコン)の説明です。色の種類ごとに、また、マーク(アイコン)の種類ごとに、つぎのような意味をもたせています。

  • 「ピン」のマーク(通常のマーク):酒呑童子にゆかりのある名所旧跡(直接的・間接的なゆかりのある場所や、私見などもふくみます)。
  • 「★」(星)のマーク:酒呑童子にゆかりのあるとくに重要な名所旧跡。
  • 「パルテノン神殿」のマーク:博物館や、美術館、資料館、劇場、観光案内所、などの施設。
  • 「?」(はてな)のマーク:所在地不明の名所旧跡の推定地。
  • 「双眼鏡」のマーク:酒呑童子に直接的なゆかりがある場所ではないのですが、おとずれてみていただくとおもしろいかもしれない名所旧跡。
  • 「家」のマーク:観光案内所などの施設。
  • 「i」のマーク:道標や道案内の地図や看板など。
  • 「徒歩の人」のマーク:経路や、経路の入口など。
  • 「ベッド」のマーク:宿泊施設。
  • 「ナイフとフォーク」のマーク:飲食店。

  • 青色:まだ未踏査の名所旧跡。
  • オレンジ色:すでに踏査済みの名所旧跡。
  • 赤色:すでに踏査済みのとくに重要な名所旧跡。
  • 緑色:そのほかのすでに踏査済みの場所。
  • 灰色:道標や交通機関などの補助的な場所。

この記事で紹介しているさまざまな名所旧跡は、酒呑童子の説話や伝説になんらかのかかわりがあると、ぼくがかんがえている場所です。ぼくは、「酒呑童子説話」という研究テーマをできるだけ広い視野でとらえたいとおもっています。ですので、ここで紹介する名所旧跡のなかには、一見すると「酒呑童子となんの関係もないんじゃないの?」とおもえるような場所もふくまれているとおもいます。ですが、そのような場所も、じつは、 見えないところで酒呑童子とつながっていたりします。また、ここで紹介している名所旧跡の選定基準には、ぼくが研究をとおして得た独自の考えや、個人的なおもいいれが反映されているところもありますので、ご了承いただければとおもいます。

「鬼王巡礼」という言葉や、「酒呑童子八千箇所やちかしょめぐり」という言葉は、ぼくがつくった造語です。この「八千箇所めぐり」(やちかしょめぐり)という言葉のなかの、「八千」(やち)という言葉は、「とても数が多い」という意味の比喩表現です(「8000」という具体的な数字を意味しているわけではないのです)。実際に、酒呑童子ゆかりの場所は、ものすごくたくさんあります。その「たくさんある」ということをあらわすために、「八千」(やち)という言葉をつかって表現しています。ですので、「酒呑童子八千箇所やちかしょめぐり」という言葉の意味は、「酒呑童子にゆかりのあるとてもたくさんの場所をめぐる」という意味です(「8000ヶ所をめぐる」という意味ではないのです)。

これらの酒呑童子にゆかりのある各所をおとずれることは、ある意味、霊場めぐり、札所めぐり、霊地巡礼、聖地巡礼、などにちかいものなのかもしれません。もし興味があれば、これらの場所をめぐりながら、酒呑童子におもいをめぐらせる経巡りへめぐりの旅にでてみるのもいいかもしれません。

(※注:このページのなかの記述は、研究の進捗や、情報公開のための準備作業の進捗などにあわせて、随時、内容を追加・変更・修正しています。そのため、記述が増えたり減ったりすることがありますので、あらかじめご了承ください。)

続きを読む


脚注
  1. 経巡るへめぐる」(画像の出典:background photo by tycoon101 on Envato Elements). [↩ Back]
  2. 出典:星野英紀 (1986年) 「〔巡礼の社会的・文化的役割〕」, 「巡礼 じゅんれい」, 『日本大百科全書 11 (してーしようし)』, 小学館, 769~770ページ. [↩ Back]
  3. 参考:星野英紀 「巡礼の社会的・文化的役割」, 「日本大百科全書(ニッポニカ)の解説」, 「巡礼(じゅんれい)とは - コトバンク」, 2019年9月14日閲覧. [↩ Back]

メルマガ登録
いろんな分野のごちゃまぜメルマガ