「データ」タグの記事一覧

生中継ライブウェビナーを無料で実施できる「ハングアウト オンエア」

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

どうも、倉田です。

Google+の「ハングアウトオンエア」という機能をつかえば、
視聴者数の上限はなく、無料で、生放送のウェビナーを実施することができます。

(注: ウェビナー = ウェブセミナー)

(ただ、ウェビナー内の会話に参加できるのは10人までです。)

ハングアウトオンエアをつかえば、
iPhoneなどのスマートフォンでも、
このウェビナーを見ることができます。

ここでは、
海外マーケッターたちが、ハングアウトオンエアをつかって
生中継のライブウェビナーをおこなっている実例や、

有名人がハングアウトオンエアをつかって
生放送をおこなっている実例を紹介します。

続きを読む

ワードプレス(WordPress)の利点(SEO、機能、商用利用無料、カスタマイズ性、デザインなどなど)

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

WordPress日本公式キャラクター「わぷー」(*1)

どうも、倉田です。

今回は、ワードプレス(WordPress)の利点についてお話しようとおもいます。

ワードプレスは、ただ単に、ブログやウェブサイトを無料でかんたんに作成・運営できるというだけのツールではありません。

ワードプレスは、

インターネット上で情報発信をするための総合的なプラットフォーム

です。

かんたんにいえば、あなたの「情報発信基地」になるものです。

ブログをつかって本気で情報発信をするのであれば、ワードプレス以外の選択肢はあり得ないと言っても過言ではありません

ビジネスのためのブログであるにもかかわらず、アメブロやFC2ブログ、シーサーブログなどをつかっている人を見ると、本気でビジネスをやる気があるのかどうかとても心配になります。

「私はネットビジネスのプロです」と言いながら、こうしたブログをつかっている人は信用できないと、個人的にはおもいます。

もし、あなたがブログをつかって情報発信をしたいとおもっているのならワードプレス(WordPress)が最良の選択です。

このことを証明するために、ここからはワードプレスをつかうことの利点についてお話したいとおもいます。

ちなみに、ぼくは、自分でサーバーに設置するタイプのワードプレスを、2006年からずっとつかっていて、その間、ワードプレスをつかって自分のブログをつくったり、仕事でお客さんのブログやホームページをつくるためにワードプレスをつかってきました。

ここでお話することは、その7年間の経験から、ぼくが実際に肌で感じていることです。

続きを読む

  1. (ワードプレス(WordPress)の日本公式キャラクター「わぷー」) [↩ Back]

自動ウェビナー販売法(エバーグリーンウェビナー)で、毎日365日、自動的に販売をおこない、購入者を増やし続け、売上をあげ続ける方法

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

どうも、倉田幸暢です。

ここでは、ウェビナーを自動化して、毎日365日、売上をあげ続けることができる自動ウェビナー販売法オートウェビナー)(エバーグリーンウェビナーマーケティング)という販売手法を紹介します。(*1)

(ウェビナーとは、ウェブセミナーや、オンラインセミナーのことです。)

クリックして拡大する
EWM概略図 B図

ウェビナーを自動化して継続的に売上をあげ続ける手法」としては、海外では、つぎの2つの販売手法が有名です。

  • エバーグリーンイベントドリブンマーケティング」(EEDM(*2)
  • エバーグリーンプロダクトローンチ」(EPL(*3)(*4)

この「エバーグリーンイベントドリブンマーケティング」(EEDM)と「エバーグリーンプロダクトローンチ」(EPL)の2つは、異なる販売手法ではあるものの、その内容は似ています

そこで、「ウェビナーを自動化して継続的に売上げをあげ続ける手法」というくくりで、この2つの販売手法をまとめて、「エバーグリーンウェビナーマーケティング」(EWM)という総称で呼ぶことにします。

ここからは、
「エバーグリーンイベントドリブンマーケティング」(EEDM)と、
「エバーグリーンプロダクトローンチ」(EPL)の
2つの手法についての話を織りまぜながら、
「ウェビナーを自動化して継続的に売上げをあげ続ける手法」である
「エバーグリーンウェビナーマーケティング」(EWM)について
お話していきます。

(以下では、「エバーグリーンウェビナーマーケティング」(EWM)のことを、
「エバーグリーンウェビナー」と略して呼びます。)

ちなみに、こうした自動化されたマーケティングのプロセスは、マーケティングオートメーション(マーケティング自動化)とも呼ばれます。

▲ もくじへもどる

自動ウェビナー販売法(エバーグリーンウェビナー)をやるならマイスピー!

目次
  1. エバーグリーンウェビナーって、要するに何なの?
    1. オプトイン登録からウェビナー(商品販売)までの流れ
    2. 毎日365日、常に販売がおこなわれる仕組み
    3. セグメント別の複数のステップメール
    4. ウェビナーをつかう理由
    5. 繰り返し改善することができる
    6. 自動化することができる
  2. エバーグリーンウェビナーの手法から学べること
  3. エバーグリーンウェビナーの手法をつかっている海外マーケターたち
    1. ジェイ・エイブラハム(Jay Abraham)
    2. リッチ・シェフレン(Rich Schefren)
    3. ジェフ・ウォーカー(Jeff Walker)
    4. フランク・カーン(Frank Kern)
    5. マイク・フィルセイム(Mike Filsaime)
    6. エベン・ペーガン(Eben Pagan)
    7. ケイシー・ジーマン(Casey Zeman)
    8. ジョエル・ピーターソン(Joel Peterson)
    9. ペリー・マーシャル(Perry Marshall)
    10. ラッセル・ブランソン(Russell Brunson)
  4. エバーグリーンウェビナーの手法の4種類のメリット
    1. あなたのビジネスにとっての利点
    2. あなたと見込み客との関係における利点
    3. あなたとアフィリエイターとの関係における利点
    4. あなた自身にとっての利点
  5. エバーグリーンウェビナー誕生秘話
    1. 「プロダクトローンチ」の手法の利点
    2. 「プロダクトローンチ」の手法の欠点
    3. 「プロダクトローンチ」の欠点を克服するために生まれた、EEDMの手法
    4. 欠点を克服して「エバーグリーン」へと進化した「プロダクトローンチフォーミュラ」
    5. エバーグリーンウェビナーマーケティングの誕生
  6. (参考)EEDMと「エバーグリーンローンチ」ってなに?
    1. EEDM(エバーグリーンイベントドリブンマーケティング)ってなに?
      1. 「エバーグリーン」ってどういう意味?
      2. 「イベントドリブン」ってどういう意味?
      3. 「マーケティング」ってどういう意味?
      4. EEDMの手法を考案した、リッチ・シェフレンってだれ?
    2. 「エバーグリーンプロダクトローンチ」(「ローリングローンチ」)ってなに?
      1. 「プロダクトローンチフォーミュラ」(PLF)の生みの親、ジェフ・ウォーカーってだれ?
  7. エバーグリーンウェビナーの手法を実施するうえでの「4つの壁」
    1. 壁1:エバーグリーンウェビナーをおこなうための専用ツール
    2. 壁2:エバーグリーンウェビナーを実践・運営してくれる担当者
    3. 壁3:エバーグリーンウェビナーをはじめるまでにかかる時間と労力
    4. 壁4:エバーグリーンウェビナーで販売するのに適した商品の種類
    5. 個々の要素をマーケティング活動にとりいれる
  8. エバーグリーンウェビナーの実施手順
    1. 「3つのステップ」と「3つのプロセス」
    2. エバーグリーンウェビナーの実施手順(詳細版)
  9. 「実施ステップ」についての詳細解説
    1. 1. 「参加者最大化プロセス」
      1. 1-1. 「招待プロセス」
      2. 1-2. 「事前登録プロセス」
        1. 「事前登録ページ」
        2. 「友達に紹介する」ページ
        3. サンキューページ(登録完了ページ)
      3. 1-3. 「出席促進プロセス」
        1. 信頼感を築く
        2. 「出席促進プロセス」で送るもの
        3. 「出席促進プロセス」の役割
    2. 2. 「ウェビナー開催プロセス」
      1. 「クッキー」(Cookie)の機能を活用する
      2. ウェビナー終了後の5種類の見込み客
    3. 3. 「購入者最大化プロセス」
      1. 「完視聴者」、「未完視聴者」、「欠席者」に働きかけるための3つのプロセス
      2. 「完視聴者への販売促進プロセス」
      3. 「未完視聴者への視聴促進プロセス」
      4. 「欠席者への視聴促進プロセス」
      5. 「購入者の満足度向上プロセス」
  10. 「準備ステップ」についての詳細解説
    1. 準備1:「ウェビナー開催プロセス」の準備をする
      1. 準備1-1:ウェビナーの題名を考えだす
        1. ウェビナーの題名を考えるための6つのヒント
          1. ヒント1:見込み客の理想と現実のギャップを埋める
          2. ヒント2:ワクワクさせる
          3. ヒント3:商品キャンペーン全体をストーリーにする
          4. ヒント4:見込み客の視点で考える
          5. ヒント5:ウェビナーをどのように定義付けるか?
          6. ヒント6:最終チェック
        2. 定期的に題名を変更してテストをする
      2. 準備1-2:ウェビナー動画をつくる
        1. プレゼンテーション用ソフトをつかったウェビナー動画
          1. リッチ・シェフレンのウェビナー
          2. マイク・フィルセイムのウェビナー
          3. フランク・カーンのウェビナー
          4. アンディー・ジェンキンスのウェビナー
          5. ジェームズ・ウェドモアのウェビナー
          6. チャド・ムレタのウェビナー
        2. 効果の高いウェビナー動画をつくるためのヒント
        3. 撮影時期が特定できないように注意する
        4. ウェビナーの構成の例
        5. ウェビナーで見込み客に行動を起こしてもらうための仕掛け
          1. 数量限定ボーナス
          2. カウントダウンタイマー
        6. ウェビナー動画の画面内に購入ページのURLを表示している実例集
          1. フランク・カーンのウェビナー(購入ページのURL表示)
          2. アンディー・ジェンキンスのウェビナー(購入ページのURL表示)
          3. ジェームズ・ウェドモアのウェビナー(購入ページのURL表示)
          4. チャド・ムレタのウェビナー(購入ページのURL表示)
        7. プロダクトローンチのプリローンチ動画をつかったウェビナー動画の作り方
        8. 見込み客に好かれるための5つの要素
      3. 準備1-3:購入ページをつくる
        1. リッチ・シェフレンのウェビナー販売の購入ページ
        2. マイク・フィルセイムのウェビナー販売の購入ページ
        3. ジェイ・エイブラハムのウェビナー販売の購入ページ
        4. フランク・カーンのウェビナー販売の購入ページ
        5. アンディー・ジェンキンスのウェビナー販売の購入ページ
        6. チャド・ムレタのウェビナー販売の申し込みページ
    2. 準備2:「参加者最大化プロセス」の準備をする
      1. 準備2-1:「事前登録プロセス」を準備する
        1. 「事前登録ページ」
          1. (参考)「事前登録ページ」の実例集
            1. ジェイ・エイブラハムの「事前登録ページ」
            2. リッチ・シェフレンの「事前登録ページ」
            3. マイク・フィルセイムの「事前登録ページ」
            4. フランク・カーンの「事前登録ページ」
            5. エベン・ペーガンの「事前登録ページ」
            6. ラッセル・ブランソンの「事前登録ページ」
            7. ケイシー・ジーマンの「事前登録ページ」
        2. 「友達に紹介する」ページ
          1. 3つのプレゼントの内容
          2. (参考)「友達に紹介する」ページの実例集
            1. リッチ・シェフレンがつかっている「友達に紹介する」ページ
            2. マイク・フィルセイムがつかっている「友達に紹介する」ページ
            3. ジェイ・エイブラハムがつかっている「友達に紹介する」ページ
            4. ケイシー・ジーマンがつかっている「友達に紹介する」ページ
        3. サンキューページ(登録完了ページ)
        4. 成果を向上させるためのヒント
        5. 「事前登録ページ」の成果を向上させるためのヒント
          1. 「友達に紹介する」ページの成果を向上させるためのヒント
          2. サンキューページ(登録完了ページ)の成果を向上させるためのヒント
        6. 質問を受け付ける
      2. 準備2-2:「招待プロセス」を準備する
        1. 成果を向上させるためのヒント
        2. 「招待プロセス」終了時の、見込み客の種類
      3. 準備2-3:「出席促進プロセス」を準備する
        1. 「出席促進プロセス」の2つの目的
        2. 2つの目的を達成するための、3種類のメール
          1. 「登録確認メール」
          2. 「カウントダウン・メール/コンテンツ配信メール」
            1. 「出席率を高める」ためのメールの内容
            2. 「信頼感を築く」ためのメールの内容
          3. 「リマインダー・メール」
        3. 成果を向上させるためのヒント
          1. 「カウントダウン・メール/コンテンツ配信メール」の成果を向上させるためのヒント
          2. 「リマインダー・メール」の成果を向上させるためのヒント
    3. 準備3:「購入者最大化プロセス」の準備をする
      1. 準備3-1:「完視聴者への販売促進プロセス」を準備する
        1. ウェビナー視聴後から7日目までに送るステップメールの内容
      2. 準備3-2:「未完視聴者への視聴促進プロセス」を準備する
        1. 「未完視聴者への視聴促進プロセス」でつかうコンテンツとウェブページを用意する
          1. 成果を向上させるためのヒント
        2. 「未完視聴者への視聴促進プロセス」でつかうステップメールを用意する
          1. ウェビナー終了日から7日目までに送るステップメールの内容
          2. 成果を向上させるためのヒント
      3. 準備3-3:「購入者の満足度向上プロセス」を準備する
        1. 商品購入日から7日目までに送るステップメールの内容
  11. 「分析ステップ」についての詳細解説
    1. 計測し分析すべき指標
  12. エバーグリーンウェビナーを実践するためのツール・ウェブサービス
    1. 『MyASP』(マイスピー)をつかって、自動ウェビナー販売法(エバーグリーンウェビナー)を実践する
    2. 『EverWebinar』(エバーウェビナー)
    3. 『Evergreen Business System』(エバーグリーンビジネスシステム)
      1. 『Evergreen Business System』の使用事例
    4. 『Easy Webinar』(イージーウェビナー)(旧名『Easy Webinar Plugin』)
      1. 『Easy Webinar』の使用事例
      2. 動画セミナー「自動的に6桁ドル(1000万円以上)を稼いでくれるウェビナー販売ファンネルを作る方法」
      3. 動画セミナー「イベントローンチブループリント」:ウェビナー販売の売上を10倍~20倍にするイベントローンチのための4ステップ
    5. 『Auto Webinar Player』(オートウェビナープレイヤー)
  13. (参考)「エバーグリーンプロダクトローンチ」(ウィークリーエバーグリーンモデル)を実施するためのツール
    1. 『MyASP』(マイスピー)をつかって、エバーグリーンプロダクトローンチ(ウィークリーエバーグリーンモデル)を実践する
    2. 『Kartra』(カーチュラ)
    3. 『Optimize Press』(オプティマイズ・プレス)
    4. (非推奨)『Product Launch WordPress Theme』(プロダクトローンチ・ワードプレス・テーマ)
  14. (参考)生放送のライブウェビナーでつかわれる手法や、ツール・ウェブサービスなど
    1. ライブウェビナーを実施するためのツール・ウェブサービス
      1. ハングアウトオンエア
      2. ニコニコ生放送
      3. ツイキャス
      4. USTREAM(ユーストリーム)
      5. 『Evergreen Business System』(エバーグリーンビジネスシステム)
      6. GoToWebinar(ゴートゥーウェビナー)
      7. Livestream(ライブストリーム)
      8. Instant Teleseminar(インスタントテレセミナー)
    2. ライブウェビナーの最後におこなうQ&Aコーナー
      1. フランク・カーンのライブウェビナー(Q&Aコーナー)
      2. アンディー・ジェンキンスのライブウェビナー(Q&Aコーナー)
      3. マイク・ケーニグスのウェブキャスト(Q&Aコーナー)
    3. 販売協力してくれるアフィリエイターごとに(JVパートナーごとに)ウェビナーで話す内容を変える
    4. 「ウェブキャスト」 - インターネットマーケティングの「24時間テレビ」
      1. ジェフ・ウォーカーが開催した「ウェブキャスト」
      2. アンディー・ジェンキンスが開催した「ウェブキャスト」
      3. マイク・ケーニグスが開催した「ウェブキャスト」
      4. ザック・ジョンソンが開催した「ウェブキャスト」
  15. (参考)エバーグリーンウェビナーの手法に関する参考資料について
  16. (参考)「エバーグリーンウェビナーマーケティング」という名称について
  17. おわりに

エバーグリーンウェビナーって、要するに何なの?

オプトイン登録からウェビナー(商品販売)までの流れ

下の図は、エバーグリーンウェビナーの販売の流れの全体像です。

続きを読む

  1. (ウェビナーとは(webinarとは)、ウェブブラウザをとおしてウェブページ上で開催されるウェブセミナー(web seminar)の略です。一般的には、そのとき撮影している映像をリアルタイムに配信する生放送のかたちで配信されます。生放送であることを表現する場合は「ライブウェビナー」と呼ばれることもあります。) [↩ Back]
  2. (「エバーグリーンイベントドリブンマーケティング」(EEDM、Evergreen Event-Driven Marketing)は、「イベントドリブンマーケティング」(EDM、Event-Driven Marketing)と呼ばれることもあります。) [↩ Back]
  3. (正確には、「ウェビナーを自動化して継続的に売上げをあげ続ける手法」に該当するのは、「エバーグリーンプロダクトローンチ」の手法を構成する2つの手法のうちの、「ローリングローンチ」という手法です。ですが、ここでは話をわかりやすくするために、あえて、「エバーグリーンプロダクトローンチ」という言葉をつかっています。) [↩ Back]
  4. (「エバーグリーンプロダクトローンチ」(EPL、Evergreen Product Launch)は、「エバーグリーンローンチ」(Evergreen Launch)や、「エバーグリーンプロダクトローンチフォーミュラ」(Evergreen Product Launch Formula)と呼ばれることもあります。) [↩ Back]

Facebookに関する事例集や統計データの資料一覧

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

ここでは、Facebookについての事例集統計データの資料を掲載しているページを紹介します。

Facebookに関する統計データや、ファン数ランキング、アプリランキング

Facebookページのファン数のランキング、Facebookアプリのランキング、国別のFacebook利用者数の統計データを知ることができるウェブサイトを紹介します。

 

Facebookページとウェルカム・タブ・ページの事例集(海外マーケッター版)

この事例集では、海外のマーケッターたちがつかっているFacebookページの実例と、それらのFacebookページのなかのウェルカム・タブ・ページの実例を100件以上紹介しています。

 

Facebookページとウェルカム・タブ・ページの事例集(海外ビジネス編)

この事例集では海外のビジネスで使われているFacebookページの実例と、それらのFacebookページのなかのウェルカム・タブ・ページの実例を50件以上紹介しています。

 

Facebookページでつかわれているウェルカム・タブ・ページの事例集(日本の中小企業編)

この事例集では日本の中小企業などがFacebookページでつかっている「Facebookページの訪問者をファンを変える」ということに特化したウェルカム・タブ・ページの実例を50件以上紹介しています。

 

商品販売用のFacebookアプリ(ネットショップ、ショッピングカート)などをつかったFacebookページでの商品販売の実例集

この事例集ではFacebookページでの商品販売の事例を40件以上紹介し、商品販売用アプリを10件以上紹介しています。

 

Facebook広告の実例集(PDFレポート)

この事例集ではFacebook広告の事例を400件以上紹介しています。これによって費用対効果の高いFacebook広告の特徴を知ることができます。

 

これらの事例集が、あなたのFacebookページをよりよいものにしていくための一助となればうれしいです。

倉田幸暢

Facebookページのファン数のランキング(全世界、日本)、Facebookアプリの利用者数のランキング、国別のFacebook利用者数の統計データを知ることができるウェブサイトを紹介します

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

どうも、倉田幸暢です。

今回は、下のような、Facebookについてのさまざまなデータ
知ることができるウェブサイトを紹介します。

  • ・Facebookページのファン数のランキング(全世界、日本)
  • ・Facebookアプリの利用者数のランキング
  • 国別のFacebook利用者数の統計データ
  • Facebookから公式発表されている統計データ

これらの情報を知ることで、
人気のあるFacebookページをお手本にしたり、
人気のある便利なアプリを取り入れたり、
今後、Facebookの市場規模がどのように拡大していくのかを
予想したりすることができるでしょう。

関連情報:Facebookに関する事例集や統計データの資料一覧

続きを読む

WordPressが世界一のブログソフトウェアである証拠となる統計データ

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

はじめて「WordPress(ワードプレス)」に触れる初心者の人に対して紹介するとき、「WordPress は世界で一番使われているブログソフトウェアです」という説明がよくされます。

ですが、「世界で一番使われているブログソフトウェアである」という根拠を、具体的な統計データを示して、ちゃんと説明している人はあまり見かけません。

そこで、ここでは、「WordPress が世界で一番使われているブログソフトウェアである」という主張の根拠を、さまざまな統計データやグラフを示しながら、お話していきます。

ただ、はじめに身もフタもないことを言ってしまうと、僕が調べたところ、「世界で最も利用者の多いブログ・ソフトウェアはWordPressである」ということを明確に示すような、主要なブログ・ソフトウェアを比較してランク付けした、公的で信頼性の高いそのものズバリな統計データは見つけられませんでした。

なので、もしかすると、「WordPress(ワードプレス)」は世界で一番多く使われているブログソフトウェアではないという可能性も、なくはないです。

「じゃあ、世界一なんて、ウソだったんだな!」

と言われても、しかたないかもしれません。

ですが、これから紹介していく数々の統計データなどを見ていただければ、「WordPress(ワードプレス)」を利用している人々がどれだけ多いか、ということがお分かりいただけると思います。

そして、世界中にいる「WordPress(ワードプレス)」の利用者の数の途方もなさを実感していただければ、「WordPress が世界で一番使われているブログソフトウェアである」という言葉が、かなりの正確さで的を射た言葉である、ということが分かっていただけると思います。

続きを読む

ブログに関する統計データ

By 倉田 幸暢 (Yukinobu Kurata)

ブログはどれだけの売上を生み出しているのか?

下記の『ブログ・SNSの経済効果に関する調査研究』のデータは、総務省情報通信政策研究所がおこなった、2008年度のブログ・SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)の市場規模を推計したデータです。

この調査は、ブログ・SNSに関わる活動が収益をどの程度生んでいるのかということを目的としておこなわれ、ブログ・SNSの市場規模と関連市場規模について推計されました。

また、それに加えて、2010年度の市場規模の予測もされています。

なお、ここでいう「ブログ市場」とは、ブログを利用した、アフィリエイトビジネス、広告ビジネス、有料ブログサービス、ブログコンテンツの出版、ブログソフトウェア/ASPの販売といった経済活動の総称です。

【調査結果のポイント】
・ 2008年度のブログ市場規模は、約160億円と推計。関連市場も含めると、約1961億円と推計。
(中略)
・ なお、2010年度のブログ市場規模は、約183億円、 2010年度のSNS 市場規模は、約717億円となると予測。

(出典:総務省、『ブログ・SNSの経済効果に関する調査研究』)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/16209.html

上のデータを見ていただいてもお分かりいただけるように、ブログに関連するビジネスはすでに160億円以上の市場規模になっており、今後も拡大していく傾向にあります。

これは、ブログを通じておこなわれるビジネスが、今後も伸びていくということを意味しています。

このように、ブログはビジネスの活動場所としても大きな可能性を秘めているのです。

ブログの情報を参考にして買う人はどのくらいいるのか?

以下の文章は、日本の内閣府が発表している、
『平成20年版国民生活白書』
に掲載されている、
「製品・サービスを購入する際にブログを参考にした人の割合」
に関する記述です。

ブログ認知者に対して、他人のブログを、製品・サービスを購入するときの参考にしたことがあるかを尋ねたところ、男性の32.4%、女性の47.1%が「参考にしたことがある」と回答している(第1-2-16図)。特に女性では、10代から20代で50.8%、30代で51.3%、40代で47.6%が「参考にしたことがある」と回答している。その使われ方も情報を収集する初期の段階からどこの店で買うのかというものまで多様な使われ方をしている。ブログやSNSは、ここ数年で普及し始めたサービスであり、今後利用が増えるにつれ、消費者の社会的価値行動にも与える影響も増加していくことが予想される。

(出典:内閣府 『平成20年版国民生活白書』
第1章 消費者市民社会に向けた消費者・生活者の役割と課題
第2節 社会変革の主体としての消費者・生活者~社会的価値行動
3.消費者・生活者の社会的価値行動などに影響を与える要因
●新しい情報収集・発信手段の影響
第 1-2-16図 「製品・サービスを購入する際にブログを参考にした人の割合」より)
http://www5.cao.go.jp/seikatsu/whitepaper/h20/01_honpen
/html/08sh010203.html#123004

マーケティングのためにブログを活用している企業はどのくらいあるのか?

以下の文章は、『平成20年通信利用動向調査報告書(企業編)』に掲載されている記述です。

ビジネスログ・SNSの開設率

 インターネットを利用している企業に自社のビジネスブログ・SNS の開設の有無を尋ねたところ、ビジネスブログ又はSNSのいずれかを開設している企業は全体の10.5%を占め、昨年末比3.7 ポイント増加した。
(中略)
 なお、ビジネスブログとSNS のそれぞれの開設率は、ビジネスブログが全体で8.6%、SNS が同じく2.8%である。

(出典:総務省、統計調査データ:通信利用動向調査、
『平成20年通信利用動向調査報告書(企業編)』、第1章 情報通信ネットワ-ク、
6 ホームページやブログ・SNAの開設、(2) ビジネスログ・SNSの開設率)
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/pdf/HR200800_002.pdf

このように、インターネットを利用している企業の約10社に1社は、すでにブログサイトを持っているということです。

そして、この割合は年々増加していく傾向にあります。

ホームページ、ビジネスブログ・SNS の開設目的・用途

 自社のホームページやビジネスブログ・SNS を開設している企業に対し、その目的ないし用途を尋ねたところ、最も多い目的・用途は「会社案内、人材募集」(85.5%)であった。次いで、「商品や催物の紹介、宣伝」(65.3%)、「定期的な情報の提供」(44.0%)などが多い。全体としては、自社からの情報発信が主たる目的・用途となっている様子がうかがえる

(出典:同上、総務省、『平成20年通信利用動向調査報告書(企業編)』、
第1章 6 (3) ホームページ、ビジネスブログ・SNS の開設目的・用途)
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/pdf/HR200800_002.pdf

消費者開設のブログ・SNS の利用

 インターネット利用企業のうち、マーケティングのために消費者が開設しているブログやSNS を利用している企業は、「よく利用している」(4.4%)、「たまに利用している」(17.0%)を合わせると全体の21.4%を占める。

(出典:同上、総務省、『平成20年通信利用動向調査報告書(企業編)』、
第1章 6 (4) 消費者開設のブログ・SNS の利用)
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/pdf/HR200800_002.pdf

このように、多くの企業がマーケティングのためにブログを活用しているのです。

これは、つまり、ブログを利用することによって、ユーザーのニーズを知ることができるということです。

メルマガ登録
いろんな分野のごちゃまぜメルマガ