「比良山地」タグの記事一覧

『石山寺縁起絵巻』の詞書と絵図

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

『石山寺縁起. [1]』写_国会デジタルコレクション_ndljp_pid_2589669_PDF_コマ番号003~009_第1詞書_002
石山寺縁起絵巻いしやまでらえんぎえまき』〔模写〕〔一部分〕
第1段詞書ことばがき

『石山寺縁起. [1]』写_国会デジタルコレクション_ndljp_pid_2589669_PDF_コマ番号010~014_第1絵図_003_002
石山寺縁起絵巻いしやまでらえんぎえまき』〔模写〕〔一部分〕
第1段絵図

 

都にも人やまつらん石山の峰に残れる秋のよのつき

―― 藤原長能『新古今和歌集』 (*1)

志賀の浦や遠ざかり行く浪まより氷りて出づる有明の月

―― 藤原家隆『新古今和歌集』 (*2) (*3)

寺社縁起は、むしろ文書資料以上に過去の社会と精神生活について多くの知見をはらんだ文献であろう。それは読み方に従い、一層豊かな世界を物語りうるものである。

―― 阿部泰郎「比良山系をめぐる宗教史的考察」 (*4)

 

『石山寺縁起. [1]』写_国会デジタルコレクション_ndljp_pid_2589669_PDF_コマ番号010~014_第1段絵図_002_一部切り出し_001
比良明神ひらみょうじん(岩に座して釣り糸を垂れる老翁)と、良弁ろうべん僧正
石山寺縁起絵巻いしやまでらえんぎえまき』〔模写〕〔一部分〕
第1段絵図

ここでは、『石山寺縁起絵巻いしやまでらえんぎえまき』の詞書ことばがきと絵図を紹介します。

石山寺縁起絵巻いしやまでらえんぎえまき』には、香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことばの絵巻のなかに描かれている、酒天童子(酒呑童子)の原型のひとつとなったとおもわれる、比良明神ひらみょうじんという神が登場します。

続きを読む


脚注
  1. 出典:藤原長能『新古今和歌集』. [↩ Back]
  2. 出典:藤原家隆『新古今和歌集』. [↩ Back]
  3. 参考: 「しがのうら【滋賀浦・志賀浦】 滋賀県大津市の琵琶湖南西岸の地。⦅歌枕⦆ 「 -や遠ざかり行く浪まより氷りて出づる有明の月/新古今 冬」」, 「大辞林 第三版の解説」, 「滋賀浦・志賀浦(しがのうら)とは - コトバンク」より, 2019年12月30日閲覧. [↩ Back]
  4. 出典:阿部泰郎 (1980年) 「一節 比良明神: 東大寺縁起」, 「四章 比良山の神々」, 「一、比良山系をめぐる宗教史的考察: 寺社縁起を中心とする」, 「論文篇」, 元興寺文化財研究所(編集), 『比良山系における山岳宗教調査報告書』, 元興寺文化財研究所, 37ページ. [↩ Back]

香取本『大江山絵詞』の「平野山」と「近江国かが山」: 比叡山延暦寺による土地領有権説話としての酒呑童子譚

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

香取本『大江山絵詞』における比叡山追放後の酒天童子の移住の流れの推定図_009_w3500_80p
香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことばにおける比叡山追放後の酒天童子の移住の流れの推定図 (*1)

 

物語の真の意図は、叡山を支配していた邪悪なる在地の神を調伏し、これより叡山の支配権を天台教団が正当に譲渡されたということを、「怪物退治」の物語の中に仕組むことにあった筈である。

―― 濱中修「『伊吹童子』考:叡山開創譚の視点より」 (*2)

 山麓に中世成立した木戸・比良・小松こまつなどの諸庄園ではその共同体の精神的紐帯として鎮守社が祀られ、木戸庄の場合には樹下このもと神社であるが、十禅師じゅうぜんじ権現と南接してみね神社の小祠が祀られている。峯神社の祭神は比良明神で、かつて比良山中に祭配された社の里宮と伝えられる。この神社こそが地主神で、のち天台仏教の伸展によって庄園領主すなわち延暦寺の守護神日吉社の末社十禅師権現が勧請されたのである。

―― 「比良山地」, 「総論」, 『日本歴史地名大系 第25巻 (滋賀県の地名)』 (*3)

寺社縁起は、むしろ文書資料以上に過去の社会と精神生活について多くの知見をはらんだ文献であろう。それは読み方に従い、一層豊かな世界を物語りうるものである。比良山に関して、特に南都と叡山の縁起はそのなかで此山の神々が重要な役割を演じている。

―― 阿部泰郎「比良山系をめぐる宗教史的考察」 (*4)

志賀しがうらゆるけしきのことなるは比良ひら高嶺たかねに雪やるらん

―― 慈円じえん (慈鎮和尚じちんかしょう)『拾玉集』[歌番号35] (*5)

酒天童子しゅてんどうじ酒呑童子しゅてんどうじ)が奪われ、追い出された、「平野山ひらのやま」と「近江国おうみのくにかがやま」とは、どこなのか?

<ruby/><noscript><img src=
香取本(かとりぼん)大江山絵詞(おおえやまえことば)』の絵図のイメージ画像
(現状の絵巻の原本の「下巻 第七絵図」のイメージ画像) (*6)

鎌倉時代~南北朝時代(室町時代前半)ごろにつくられたとされている、現存最古の酒呑童子しゅてんどうじ説話をつたえる絵巻物である、香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことばという絵巻物があります。

(※参考: 香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことばの絵巻物についてのくわしいお話は、こちらの記事で紹介しています。)

その香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことばの絵巻物に記されている、酒天童子しゅてんどうじ酒呑童子しゅてんどうじ)の物語のなかに、「平野山ひらのやま」という地名と、「近江国おうみのくにかがやま」という地名の、2つの謎の地名が登場します。

ここでは、香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことばの絵巻物に記されている、「平野山ひらのやま」という地名と、「近江国おうみのくにかがやま」という地名が、いったいどこの土地を指しているのか、ということについてかんがえてみたいとおもいます。

また、それらの土地についてかんがえるにあたっては、香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことばの酒呑童子説話の成り立ちにふかくかかわったとされている比叡山延暦寺とそれらの土地とのかかわり、という観点から話をすすめていきたいとおもいます。

このブログ記事は、まだ書きかけの状態ですが、「すずろ作法」というかんがえかたにもとづいて、ある程度できたところで公開して、そのあとで、随時、内容を追加・修正する方法をとっています。更新通知をうけとるには、メールマガジンに登録していただいたり、ソーシャルメディアでフォローしていただければとおもいます。

 

目次
  1. 酒天童子しゅてんどうじ酒呑童子しゅてんどうじ)が奪われ、追い出された、「平野山ひらのやま」と「近江国おうみのくにかがやま」とは、どこなのか?
  2. 香取本『大江山絵詞』の酒天童子(酒呑童子)の昔語りのなかに、「平野山ひらのやま」と「近江国おうみのくにかがやま」が登場する場面の詞書の一節
  3. 香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことばの説話にあらわれている、比叡山延暦寺の影響
    1. 香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことばの酒呑童子説話の成り立ちにふかくかかわったとされる比叡山延暦寺の記家について
  4. 香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことばの「平野山ひらのやま」とは、比良山地ひらさんち比叡山地ひえいさんち石山いしやま石山寺いしやまでら)をふくむ一帯のことであり、酒天童子(酒呑童子)はその一帯の地主神じぬしがみである比良明神ひらみょうじんとして描かれている
    1. 平安時代の近江国の湖西地域における、北部の山門派(比叡山延暦寺)と、中部の寺門派(園城寺(三井寺))、南部の石山寺、の競立
    2. 比良明神ひらみょうじんの伝承地である湖西地域の3つの神社・仏閣と、3つの釣垂岩つりたれいわ
    3. 釣垂岩つりたれいわ その1: 白鬚神社しらひげじんじゃ釣垂岩つりたれいわ比良山地ひらさんちのふもとの釣垂岩つりたれいわ
      1. 参考: 白鬚神社しらひげじんじゃの前の道路を横断するのは、とても危険です
    4. 釣垂岩つりたれいわ その2: 比叡山延暦寺ひえいざんえんりゃくじ小比叡おびえみねの中腹の修禅峰道しゅうぜんみねみち釣垂岩つりたれいわ
      1. 参考: 比叡山延暦寺ひえいざんえんりゃくじ釣垂岩つりたれいわの別称「垂釣岩たるつりいわ」「鯛釣岩たいつりいわ
    5. 釣垂岩つりたれいわ その3: 石山寺いしやまでら釣垂岩つりたれいわ比良明神影向石ひらみょうじんようごうせき
      1. 参考: 『寺門伝記補録じもんでんきほろく』に記されている、石山いしやま石山寺いしやまでら)の比良明神ひらみょうじん白鬚明神しらひげみょうじん
      2. 参考: 「造立盧舎那仏詔ぞうりゅうるしゃなぶつのみことのり」: 「奈良の大仏」(東大寺とうだいじ盧舎那仏像るしゃなぶつぞう)を造立ぞうりゅうするために、聖武天皇しょうむてんのうによって出された命令書
    6. 参考: 釣垂岩つりたれいわ その4(?): 近江八幡市おうみはちまんし『大嶋神社・奥津嶋神社文書』おおしまじんじゃ おくつしまじんじゃ もんじょに記されている、釣垂岩つりたれいわのような岩の上で釣り糸を垂れる白鬚明神しらひげみょうじん比良明神ひらみょうじん)の末裔まつえいおきな
      1. 比叡山延暦寺ひえいざんえんりゃくじの領地であった、近江国蒲生郡おうみのくにがもうぐん奥島おくしま(近江八幡市の、円山町・島町・白王町・北津田町・中之庄町のあたりの地域)
      2. 白鬚神社しらひげじんじゃ白鬚明神しらひげみょうじん / 比良明神ひらみょうじん)は、近江国蒲生郡おうみのくにがもうぐん沖島おきのしま(滋賀県近江八幡市沖島町)にも存在した
      3. 余談: 「つわきのつちいし」と呼ばれていた、釣垂岩つりたれいわのような岩は、どこにあったのか?
    7. 参考: 『日本の神々: 神社と聖地 第5巻』に記されている、白鬚神社しらひげじんじゃや、比良明神ひらみょうじん白鬚明神しらひげみょうじん)についての記述
    8. 参考: 『近江輿地志略おうみよちしりゃく』に記されている、白鬚神社しらひげじんじゃや、比良明神ひらみょうじん白鬚明神しらひげみょうじん)についての記述
    9. 参考: 中世の比良山地の宗教は比叡山延暦寺の支配下にあった
  5. シコブチ明神みょうじんと、相応和尚そうおうかしょうと、天台修験てんだいしゅげん(天台宗の修験道)と、無動寺谷むどうじだにと、息障明王院そくしょうみょうおういん葛川明王院かつらがわみょうおういん)、などについて
    1. 相応和尚そうおうかしょうに仮託して、天台宗の教団が奪い取った、比良山地ひらさんち地主神じぬしがみ思古渕明神しこぶちみょうじん)の領地と信仰
    2. 葛川かつらがわ伊香立いかだちの相論
    3. 葛川地区の森林資源、林産物、炭竃: 木材、薪炭
  6. 三尾明神みおみょうじん水尾明神みおみょうじん)について
    1. 『長谷寺縁起絵巻』はせでらえんぎえまきに登場する、三尾明神みおみょうじんと、祟りたたりをなす霊木(御衣木みそぎ)のくすのきと、香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことばに登場する、平野山(ひらのやま)比良山地ひらさんち)の地主神じぬしがみ比良明神ひらみょうじん)としての酒天童子と、酒天童子が変化した祟りたたりをなすくすのきの巨木との、類似性について
    2. 園城寺伝記おんじょうじでんき』に記された、園城寺おんじょうじ三井寺みいでら)の地主神じぬしがみとしての、三尾明神みおみょうじんの伝承について
      1. 三尾明神みおみょうじんの御事」, 「園城寺伝記おんじょうじでんき一(一之二)」, 『園城寺伝記おんじょうじでんき
      2. 三尾明神みおみょうじんの事」, 「園城寺伝記おんじょうじでんき四(三之四)」, 『園城寺伝記おんじょうじでんき
      3. 「寄島社の事」, 「園城寺伝記おんじょうじでんき一(一之二)」, 『園城寺伝記おんじょうじでんき
      4. 「黒尾明神事」, 「園城寺伝記おんじょうじでんき一(一之二)」, 『園城寺伝記おんじょうじでんき
    3. 寺門伝記補録じもんでんきほろく』に記された、園城寺おんじょうじ三井寺みいでら)の長等山ながらやま地主神じぬしがみとしての、三尾明神みおみょうじんの伝承について
      1. 参考: 三尾明神影向石みおみょうじんようごうせき園城寺おんじょうじ三井寺みいでら)の境内にある、三尾明神みおみょうじんが姿をあらわした岩)
      2. 参考: 赤尾神、白尾神、黒尾神の、それぞれの神々が現れた時代について
      3. 参考: 三尾明神の本地ほんじ本地仏ほんじぶつ)について
      4. 参考: 三尾明神みおみょうじんを祀る普賢堂ふげんどう三尾明神みおみょうじん本地堂ほんじどう)について
    4. 『三井寺仮名縁起』に記された、園城寺おんじょうじ三井寺みいでら)の南院の鎮守神ちんじゅがみとしての三尾明神みおみょうじん(「赤白黒しゃくびゃくこくの三神」(赤尾神、白尾神、黒尾神))の伝承
      1. 参考: 「本朝四箇大寺」と呼ばれていた、かつての園城寺おんじょうじ三井寺みいでら)の広大な境内の領域について
      2. 参考: 園城寺おんじょうじ三井寺みいでら)の南院の鎮守神ちんじゅがみである、三尾明神みおみょうじん鎮守社ちんじゅしゃの現在の状況
      3. 参考: 園城寺おんじょうじ三井寺みいでら)の中院の鎮守神ちんじゅがみである、鬼子母神きしもじん哥梨帝母かりていも訶梨帝母かりていも))の鎮守社ちんじゅしゃの現在の状況
      4. 参考: 園城寺おんじょうじ三井寺みいでら)の北院の鎮守神ちんじゅがみである、新羅明神しらぎみょうじん鎮守社ちんじゅしゃの現在の状況
    5. 参考: 三尾神社みおじんじゃ(滋賀県大津市園城寺町おんじょうじちょう)について
    6. 参考: 三尾氏みおうじの一族が越前国えちぜんのくにから近江国おうみのくにへと移住したことと、水尾神社みおじんじゃの関係について
  7. 兵主明神ひょうずみょうじんなどの、甲賀三郎の物語『諏訪縁起』に登場する、老翁の姿をした神
    1. 兵主明神ひょうずみょうじん: 近江国甲賀郡の甲賀三郎の物語『諏訪縁起』に登場する、老僧の姿をした神
    2. 好美翁こうびおう: 近江国甲賀郡の甲賀三郎の物語『諏訪縁起』に登場する、地底国・維縵国ゆいまんこくの国王であり、3万歳を超える老翁
  8. 近江国おうみのくにかがやま」が、己高山こだかみやまである可能性と、白山信仰について
    1. 条件1: 白山信仰が盛んな場所である
    2. 条件2: 最澄の領地である
    3. 条件3: 交通の要衝である
    4. 条件4: 近江国の鬼門とされる場所である
    5. 近江国おうみのくにかがやま」が、伊吹山いぶきやまである可能性と、白山信仰について
    6. 近江国おうみのくにかがやま」が、比良山地ひらさんち権現山ごんげんやまである可能性と、白山信仰について

続きを読む


脚注
  1. 地図の出典: 国土地理院「地理院地図」の、地理院タイル「全国ランドサットモザイク画像」を、加工・編集して使用しています。地理院タイルは、「国土地理院コンテンツ利用規約」にもとづいて使用しています。地理院タイル「全国ランドサットモザイク画像」は、地理院タイル「全国最新写真(シームレス)」のズームレベル9~13で表示される画像(地理院タイル)です。地理院タイル「全国ランドサットモザイク画像」のデータソース: Landsat8画像(GSI,TSIC,GEO Grid/AIST), Landsat8画像(courtesy of the U.S. Geological Survey), 海底地形(GEBCO)。くわしくは、国土地理院のウェブサイトのなかの、「地理院タイル一覧」のページhttps://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html)のなかの、「2.基本測量成果以外で出典の記載のみで利用可能なもの」のなかの、「ベースマップ」のなかの、「写真」(衛星写真の画像)のところをご参照ください。 [↩ Back]
  2. 出典:濱中修 (1990年) 「『伊吹童子』考:叡山開創譚の視点より」, 『沖縄国際大学文学部紀要. 国文学篇』, 19(1), 沖縄国際大学, 59ページ. [↩ Back]
  3. 出典: 〔「総論」の執筆者の一覧 : 木村至宏, 大橋信弥, 井上満郎, 橋本鉄男, 網野善彦, 宇野茂樹, 嘉田由紀子, 伏見碩二, 太井子宏和, 大槻恵美, 前畑政善, 浜端悦治, 足利健亮, 八杉淳, 杉江進 〕 (1991年) 「比良山地」, 「総論」, 〔編集委員の一覧 : 木村至宏(代表), 網野善彦, 井上満郎, 吉村亨〕, 柴田實(監修), 『日本歴史地名大系 第25巻 (滋賀県の地名)』, 平凡社, 53ページ2段目. [↩ Back]
  4. 出典:阿部泰郎 (1980年) 「一節 比良明神: 東大寺縁起」, 「四章 比良山の神々」, 「一、比良山系をめぐる宗教史的考察: 寺社縁起を中心とする」, 「論文篇」, 元興寺文化財研究所(編集), 『比良山系における山岳宗教調査報告書』, 元興寺文化財研究所, 37ページ. [↩ Back]
  5. 参考文献: 「志うらゆるけしきのことなるは比良ひら高嶺たかねに雪やるらん」; 慈円じえん(慈鎮和尚じちんかしょう)(原著者), 石川一(著者), 山本一(著者), (2008年) [歌番号35], 「雪」, 「百首和歌 十題(初度百首)」, 久保田淳(監修), 『拾玉集 上 (和歌文学大系 ; 58)』, 明治書院, 8ページ. [↩ Back]
  6. この絵図のイメージ画像は、香取本(かとりぼん)大江山絵詞(おおえやまえことば)』の絵図(現状の絵巻の原本の「下巻 第七絵図」)をもとにして、筆者(倉田幸暢)が制作したものです。[↩ Back]

メルマガ登録
いろんな分野のごちゃまぜメルマガ