「猩々」タグの記事一覧

山魈(マンドリル)の五色、大猩猩(ゴリラ)の黒色、白猿(ハヌマンラングール)の白色をあわせもつ、サイケデリックな「色々」のサルとしての酒呑童子

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

Glass Lillies
五色の鬼王サイケデリック・エイプ(*1) (*2)

 

おもえば宇宙の広大なこと、生命あるものの数は多く、陰陽はあたため養って、さまざまな種別があり、精気はいり交って、互いにはげしく湧きたつ。幽霊や怪物は物象ものに触れてけ、山川に形を現わしたり、木石にすがたをみせるなど、いちいち言うまでもない。だから互いに矛盾するところを総合して、これを一つのひびきに打ち合わせ、その変化するところを成就させて、これを一つのかたちに融合すれば、世にいう異常も、それが異常であるといいきれないし、世にいう異常でないことも、それが異常でないといいきれない。

―― 郭璞かくはく「山海経序」, 『山海経』せんがいきょう (*3)

 

このブログ記事は、まだ書きかけの状態ですが、「すずろ作法すずりんぐ」というかんがえかたにもとづいて、ある程度できたところで公開して、そのあとで、随時、内容を追加・修正する方法をとっています。更新通知をうけとるには、メールマガジンに登録していただいたり、ソーシャルメディアでフォローしていただければとおもいます。

現存最古の酒呑童子説話をつたえる絵巻物である、香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことばのなかで描写されている酒天童子(酒呑童子)のすがたには、「サル」としての要素がふくまれているところがいくつかあります。

おおまかに言うと、香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことばのなかで描写されている酒天童子(酒呑童子)のすがたには、下記の3つの「サル」の要素がふくまれている、と言えるとおもいます。

  • 山魈さんしょう(マンドリル)
  • 大猩猩おおしょうじょう(ゴリラ)
  • 白猿はくえん(ハヌマンラングール)

 

Mandrill at Singapore Zoo
五色ごしきもどろく」山魈さんしょう(マンドリル) (*4) (*5)

 

おにかしらあかく、ひだりあしくろく、みぎに、みぎあししろく、ひだりあおく、五色ごしきもどろきて、まなこ十五とお あまり いつつつのいつつぞ生ひおいたりける。

―― 鬼の姿となった酒天童子のようす, 香取本『大江山絵詞』 (*6)

 

Gorilla
むねたたしばりて、まなこいからかす」大猩猩おおしょうじょう(ゴリラ) (*7) (*8)

 

すずろにはら据ゑすえかねて、むねたたしばりて、まなこいからかしてはべなり

―― 激怒する酒天童子のすがた, 香取本『大江山絵詞』 (*9)

 

Gray Langur, Jim Corbett National Park, India.
てんひとしきおおいなるひじり」(斉天大聖せいてんたいせい孫悟空そんごくう)の原型、白猿(ハヌマンラングール) (*10) (*11)

 

丹後大江山の酒顚童子は古の盗賊なり。鬼の形をまねて、人の財をかすめ、婦女をぬすみとる。もろこしの白猿伝と云書にしるせり。白猿の所作と相似たり。

―― 貝原益軒『扶桑記勝』巻六 (*12) (*13) (*14)

 

この記事では、これらの3つの「サル」の要素と、香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことばの酒天童子(酒呑童子)との関係について、いろいろな観点からお話してみたいとおもいます。

目次
  1. 香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことばの酒天童子(酒呑童子)がもつ3つの「サル」の要素:山魈さんしょう(マンドリル)、大猩猩おおしょうじょう(ゴリラ)、白猿はくえん(ハヌマンラングール)
  2. 五色ごしきもどろく」山魈さんしょう(マンドリル)
    1. アフリカのマンドリルの極彩色ごくさいしきの体色についての情報と、中国の山魈さんしょうなどの妖怪の伝承が混交して、香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことばの酒天童子の五色ごしきの体色に影響をあたえた可能性と、その伝承の混交と伝播の経路についての仮説
    2. 中央アフリカの西部に生息するマンドリルや、ウェスタンローランドゴリラの伝聞などが、中国を経由して日本につたわった可能性について
    3. 『荊楚歳時記』けいそさいじきなどの文献に記された「山臊さんそうの悪鬼」や、「山㺐さんそうの鬼」、「山繅さんそう」、「山𤢖さんそう」、「山魈さんしょう」、「」、「鬼魅きみ」、「狐魅こみ」などの妖怪
      1. 参考: 独脚鬼(夔、山繅、山𤢖、山魈、山精、山臊、山鬼、山都)
      2. 最澄さいちょうなどの中国に渡った天台宗関係の仏教僧などが、江南こうなん天台山てんだいさんの地域につたわっていた山魈さんしょう山臊さんそう山𤢖さんそう、山精)の伝承を、中国大陸から日本にもちかえってきた可能性について
    4. 『抱朴子』ほうぼくしに記された「五色の山精」や「一本足の山精」などの妖怪
    5. 『聊斎志異』りょうさいしいに記された山魈さんしょうの姿
    6. 山魈さんしょうは、比叡山の地主神じぬしがみ(山の神)と、酒呑童子とをむすぶ網目のなかの交点のひとつ
    7. 比叡山の最古の地主神じぬしがみ(サル神、山神)としての酒天童子(酒呑童子)
      1. 比叡山の地主神じぬしがみとしての酒天童子(酒呑童子)
      2. 比叡山・日吉大社最古の山神であるサル神(大行事権現)と、途中でやってきた大山咋神おおやまくいのかみ二宮権現にのみやごんげん)と、最後にやってきた大己貴神おおなむちのかみ大宮権現おおみやごんげん
        1. 参考:『日吉社袮宜口伝抄ひえしゃねぎくでんしょう』が偽書であることについて
        2. 双葉葵ふたばあおい二葉葵ふたばあおい)の神紋しんもんと、渡来人である秦氏はたうじと、今来いまきの神である大山咋神おおやまくいのかみと、比叡山・日吉大社の古来の地主神じぬしがみである猿神(山神)との関係
          1. 零落した猿神を信仰していた芸能者たちの没落と、香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことば田楽でんがくかなで舞い踊る鬼たち
          2. 参考:双葉葵ふたばあおい二葉葵ふたばあおい)の神紋しんもんや、秦氏はたうじにゆかりのある神社・寺院
            1. 日吉大社ひよしたいしゃ 東本宮ひがしほんぐう
            2. 松尾大社まつのおたいしゃ
            3. 賀茂別雷神社かもわけいかずちじんじゃ(通称:上賀茂神社かみがもじんじゃ
            4. 賀茂御祖神社かもみおやじんじゃ(通称:下鴨神社しもがもじんじゃ
            5. 木嶋坐天照御魂神社このしまにますあまてるみたまじんじゃ(別称:木嶋神社このしまじんじゃ)(併設:蚕養神社(蚕ノ社かいこのやしろ))
            6. 広隆寺こうりゅうじ(別称:太秦寺うずまさでら
            7. 大酒神社おおさけじんじゃ
            8. 伏見稲荷大社ふしみいなりたいしゃ
      3. 香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことばの「平野山ひらのやま」とは、比良山地ひらさんち比叡山地ひえいさんち石山いしやま石山寺いしやまでら)をふくむ一帯のことであり、酒天童子(酒呑童子)はその一帯の地主神じぬしがみである比良明神ひらみょうじんとして描かれている
      4. 相応和尚そうおうかしょうに仮託して、天台宗の教団が奪い取った、比良山地ひらさんち地主神じぬしがみ思古渕明神しこぶちみょうじん)の領地と信仰
    8. 魑魅ちみや、魍魎もうりょうは、山の精霊
      1. もう
      2. りょう
      3. 「魈」(山魈さんしょう
      4. おにがみ
      5. 「鬽」(すだま)
      6. 「䰡」(①えやみの神。②すだま。)
      7. ひでりがみ
      8. 「魌」(参考:「魌頭きとう」は、鬼っ子ハンターついなちゃんの方相氏ほうそうしのお面の「ディクソン」)
      9. 「魋」(赤熊、神獣のくま)
      10. 「魔」(おにマーラ
      11. 「魊」(子供の鬼)
      12. 「魕」(「𩴪」)(鬼を祭る風習)
      13. 「魖」(「、神きょ也」)
      14. 「魘」(うなされる)
    9. 仮説:比叡山の一つ目小僧(一眼一足法師)は、比叡山の地主神じぬしがみである山の神が落魄した姿
      1. 伝教大師最澄が唐から比叡山延暦寺にもちかえった「遊天台山賦」に記されていた「魑魅」の文字
      2. 比叡山の地主神じぬしがみである大山咋神おおやまくいのかみくい、杖、山の神
      3. 仮説:狩籠岡(狩籠丘)は、比叡山の地主神じぬしがみである山の神霊(魑魅魍魎、山鬼)を祀り、たたりをふせぐための場所
    10. 鳥山石燕とりやま せきえん『今昔画図続百鬼』こんじゃくがずぞくひゃっきに描かれた、一本足・山の精・鬼・酒呑童子
      1. 山精さんせい」と「おに
      2. 酒顚童子しゅてんどうじ(酒呑童子)」と「さとり
    11. 和漢三才図会わかんさんさいずえ』に描かれた、山の精・山鬼・サル・一本足・一つ目の妖怪
      1. 猩猩しょうじょう
      2. 狒狒ひひ
      3. 山𤢖やまわろ
      4. 山精さんせい
      5. ひでりがみ
      6. 魍魎もうりょう
      7. 彭侯こだま
    12. 鳥山石燕とりやま せきえんの『百鬼夜行』に描かれた、一つ目・山の精・サルの妖怪
      1. 山童やまわらわ
      2. 青坊主あおぼうず
      3. 彭侯ほうこう
    13. 『山海経』せんがいきょうに記されたのすがた:「頂上に獣がいる、状は牛の如く、からだあおくて角がなく、足は一つ。」
      1. は、水神であり、龍である
      2. 夔神鼓きじんこをかたどった古代中国の青銅器にみる、太鼓のかたちをしたのすがた
        1. 余談:太鼓と越後(新潟県)の酒呑童子
      3. 余談:古代中国の銅鐸どうたくにかたどられた 文様もんよう
      4. 余談:現代風にアレンジされた上古の神獸 のすがた
    14. 五色ごしきで「サイケなボディーカラー」と「竜王(水神)たる酒呑童子」
  3. むねたたしばりて、まなこいからかす」大猩猩おおしょうじょう(ゴリラ)
    1. オランウータン(猩猩しょうじょう(猩々)、赤猩猩(赤猩々)、紅猩猩フォンシンシン紅毛猩猩フォンマオシンシン
    2. チンパンジー(黒猩猩(黒猩々)、黑猩猩ヘイシンシン
  4. てんひとしきおおいなるひじり」(斉天大聖せいてんたいせい孫悟空そんごくう)の原型、白猿(ハヌマンラングール)
    1. 無支祁むしき
  5. 「これ好奇のかけらなり、となむ語り伝へたるとや。」

続きを読む


脚注
  1. 五色ごしき鬼王きおうサイケデリックエイプ)」という言葉は、この画像に筆者(倉田幸暢)がつけた言葉です。 [↩ Back]
  2. 画像の出典:"Glass Lillies" by FHG Photo on Flickr (License: CC BY 2.0). [↩ Back]
  3. 出典:郭璞かくはく「山海経序」, 高馬三良(翻訳), (1994年), 『山海経:中国古代の神話世界』, 平凡社ライブラリー, 平凡社, 9ページ. [↩ Back]
  4. 山魈さんしょうマンドリルMandrill))[↩ Back]
  5. 画像の出典:"Mandrill at Singapore Zoo" by Robert Young on Wikimedia Commons (License: CC BY 2.0). [↩ Back]
  6. 香取本『大江山絵詞』下巻 第六段 詞書ことばがき(絵巻の原本の現状). [↩ Back]
  7. 大猩猩おおしょうじょう(大猩々)(ゴリラ[↩ Back]
  8. 画像の出典:"Gorilla" by Scott Calleja on Flickr (License: CC BY 2.0). [↩ Back]
  9. 香取本『大江山絵詞』上巻 第三段 詞書ことばがき(絵巻の原本の現状). [↩ Back]
  10. 『白猿伝』の白猿のモデルとなったハヌマンラングールGray langur(Hanuman langur))(印度灰叶猴(哈努曼叶猴)[↩ Back]
  11. 画像の出典:"Gray Langur, Jim Corbett National Park, India." by _paVan_ on Flickr (License: CC BY 2.0). [↩ Back]
  12. 出典:貝原篤信(貝原益軒)(編録) 「丹波 丹後」, 「【山陰道】」, 『扶桑記勝 巻之六』, 貝原益軒(著者), 益軒会(編纂), (1911年), 『益軒全集 巻7』, 益軒全集刊行部, 480ページ. [↩ Back]
  13. この引用文では、原文のなかの「白猿傳」という漢字表記(旧字体)を、「白猿伝」という漢字表記(新字体)に直しています。[↩ Back]
  14. 童子しゅてんどうじ童子しゅてんどうじ[↩ Back]

『もののけ姫』に登場する「シシ神」は、なぜ「シシ神」という名前なのか?

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

屋久杉

(*1)
       

ヤクシカ(屋久鹿)

(*2)
       

坊主岩

(*3)

 

「おのれが、人の命を絶ち、そのししむらを食ひなどするものは、かくぞある。おのれら、承れ。たしかにしや首りて、犬に飼ひてん」

――「吾妻人、生贄をとどむる事」、『宇治拾遺物語』

「生きることはまことに苦しくつらい・・・
 
 世を呪い
 人を呪い
 それでも生きたい・・・」

―― 病者の長、『もののけ姫』

宮崎駿さんが脚本を担当し、
スタジオジブリが製作した、
長編アニメーション映画

『もののけ姫』

という作品があることはご存知だと思います。

この『もののけ姫』の物語のなかに、

「シシ神」

という名前の「神」が登場します。

この「神」、
すこし変わった名前だと思いませんか?

「神」であるにしては、
すこし威厳に欠ける名前のように感じられます。

これなら、猪族の長である巨猪、
「乙事主(おっことぬし)」の方が、
よほど威厳のある名前のように感じます。

この「シシ神」は、
『もののけ姫』の物語のなかで
もっとも重要な神です。

それにもかかわらず、
なぜ「シシ神」という名前が付いているのでしょうか?

今回は、このことについて、考えてみたいと思います。

続きを読む


脚注
  1. (屋久杉(Photo by Yosemite on Wikimedia Commons))[↩ Back]
  2. (ヤクシカ(屋久鹿)(Photo by Kabacchi on Flickr))[↩ Back]
  3. (坊主岩(Photo by Yosemite on Wikimedia Commons))[↩ Back]

メルマガ登録
いろんな分野のごちゃまぜメルマガ