『石山寺縁起. [1]』写_国会デジタルコレクション_ndljp_pid_2589669_PDF_コマ番号003~009_第1詞書_002
石山寺縁起絵巻いしやまでらえんぎえまき
第1段詞書ことばがき

『石山寺縁起. [1]』写_国会デジタルコレクション_ndljp_pid_2589669_PDF_コマ番号010~014_第1絵図_003_002
石山寺縁起絵巻いしやまでらえんぎえまき
第1段絵図

 

都にも人やまつらん石山の峰に残れる秋のよのつき

―― 藤原長能『新古今和歌集』 (*1)

志賀の浦や遠ざかり行く浪まより氷りて出づる有明の月

―― 藤原家隆『新古今和歌集』 (*2) (*3)

 

『石山寺縁起. [1]』写_国会デジタルコレクション_ndljp_pid_2589669_PDF_コマ番号010~014_第1段絵図_002_一部切り出し_001
比良明神ひらみょうじん(岩に座して釣り糸を垂れる老翁)と、良弁ろうべん僧正
石山寺縁起絵巻いしやまでらえんぎえまき
第1段絵図〔一部分〕

ここでは、『石山寺縁起絵巻いしやまでらえんぎえまき』の詞書ことばがきと絵図を紹介します。

石山寺縁起絵巻いしやまでらえんぎえまき』には、香取本かとりぼん『大江山絵詞』おおえやまえことばの絵巻のなかに描かれている、酒天童子(酒呑童子)の原型となったとおもわれる、比良明神ひらみょうじんという神が登場します。

続きを読む


脚注
  1. 出典:藤原長能『新古今和歌集』. [↩ Back]
  2. 出典:藤原家隆『新古今和歌集』. [↩ Back]
  3. 参考: 「しがのうら【滋賀浦・志賀浦】 滋賀県大津市の琵琶湖南西岸の地。⦅歌枕⦆ 「 -や遠ざかり行く浪まより氷りて出づる有明の月/新古今 冬」」, 「大辞林 第三版の解説」, 「滋賀浦・志賀浦(しがのうら)とは - コトバンク」より, 2019年12月30日閲覧. [↩ Back]