「WordPress」タグの記事一覧

マイケルフォーティン(Michel Fortin)ってだれ? 『海外マーケター列伝』

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

マイケル・フォーティン(Michel Fortin)
世界的に有名なダイレクト・レスポンス・コピーライター
マイケル・フォーティン(Michel Fortin)

マイケル・フォーティンは、一流のダイレクト・レスポンス・コピーライターであり、起業家、マーケッター、作家、講演者、コンサルタントとしても活躍しています。

日本でも広く知られている、QUESTフォーミュラ(クエストフォーミュラ)や、3x3ヘッドラインルール(スリーバイスリーヘッドラインルール)、OATHフォーミュラ(オースフォーミュラ)などのコピーライティングにおける公式(フォーミュラ)の多くも、マイケル・フォーティンが最初に考案したものです。

ほかにも、ドラムの演奏を30年以上つづけていて、プロのドラマーとしても活動しています。

また、あまり知られていませんが、マイケル・フォーティンは、自分でワードプレスサイトを作成し、画像のデザインや、プログラミングまで、すべて一人でこなしてしまうほどの、ワードプレスマスターでもあります。

目次
  1. マイケル・フォーティンのブログに掲載されているコンテンツ・イズ・キング(太っ腹だぜマイケル・フォーティン!)
  2. QUESTフォーミュラや、3x3ヘッドラインルール、OATHフォーミュラなどの生みの親は、マイケル・フォーティンです
    1. QUESTフォーミュラ(QUEST Formula)(クエストフォーミュラ)
    2. 3x3ヘッドラインルール(3 x 3 Headline Rule)(スリーバイスリーヘッドラインルール)
      1. 人がもっとも追い求めている3つの「ゴール」(目標)
      2. 人がもっとも欲しがる3つの「ディザイア」(欲望)
      3. 人をもっとも行動に駆り立てる3つの「ティーザー」(じらし)
    3. お客さんが本当に買っているものとは?: 「フィーチャー」、「アドバンテージ」、「モーティブ」、「ベネフィット」の違い
    4. コピーライティングの5つの公式(フォーミュラ)のまとめ
  3. マイケル・フォーティンのブログに掲載されているコピーライティングのテクニック集
    1. マイケル・フォーティンがセールスレターを書くときにつかっている、コピーライティングの7ステップ
    2. 磁石のようにお客さんを引きつけるヘッドライン(見出し)を書くための7つのポイント
  4. ブログの無料コンテンツ:マイケル・フォーティンと一流のコピーライターたちの対談音声
    1. ゲイリー・ハルバートとマイケル・フォーティンの対談音声(1回目)
    2. ゲイリー・ハルバートとマイケル・フォーティンの対談音声(2回目)
    3. ジョン・カールトンとマイケル・フォーティンの対談音声
  5. ブログの無料コンテンツ:目標設定についてマイケル・フォーティンが書いた本『Drop Your Goals (And Manage Your Life)』
  6. ブログの無料コンテンツ:マイケル・フォーティンへのインタビュー
  7. ブログの無料コンテンツ:「広告の神様」クロード・C・ホプキンスの名著、"Scientific Advertising"(『広告マーケティング21の原則』)
  8. ブログの無料コンテンツ:ウォレス・D・ワトルズの名著、"The Science Of Getting Rich"(『富を手にする「ただひとつ」の法則』)
  9. 「おいらはドラマー♪ ロックなドラマー♪ おいらがコピーを書けば、嵐を呼ぶぜ♪」 嵐を呼ぶコピーライター、マイケル・フォーティン
    1. 一流のコピーライターには、アーティスト的な感性が必要なようです。
  10. ワードプレスマスターとしてのマイケル・フォーティン
  11. パワフルです!!!
  12. (※追記あり)奥さんのシルヴィー・フォーティンも起業家です
  13. マイケル・フォーティンのブログ、ソーシャルメディア
  14. マイケル・フォーティンについての関連記事

続きを読む

ワードプレスのバックアップ用プラグインは BackUpWordPressを選びました(BackWPupでもなく、UpdraftPlusでもありません)

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

データセンター (*1)

 

注記この記事を書いたあとで、別の新しいパソコンからBackWPup(バックWPアップ)をつかってみたところ、問題なくBackWPup(バックWPアップ)をつかうことができました。ですので、下記の記事でお話している「BackWPup(バックWPアップ)などのバックアップ用のプラグインがうまく機能しない場合がある」という問題は、ぼくの場合にかぎっては、どうやら、サーバーの問題ではなく、ぼくが使用していたパソコンになんらかの問題あったようです。ですので、そのことが判明したあとは、BackUpWordPress(バックアップワードプレス)ではなく、BackWPup(バックWPアップ)を使用することにしました。ただ、サーバーによっては、BackWPup(バックWPアップ)などのバックアップ用のプラグインがうまく機能しない場合がある、という現象は実際にあるようです。ですので、もしも、あなたがおつかいになっているサーバーの設定との相性などの問題で、BackWPup(バックWPアップ)などのバックアップ用のプラグインがうまく機能しない場合は、代替案として、下記の記事でお話しているように、BackUpWordPress(バックアップワードプレス)を利用するといいかもしれません。
m(_ _)m

 

ワードプレスのマルチサイト(サイトのネットワーク、複数サイト)の管理画面のなかで、
以下の両方のバックアップをおこなうことができるようにする必要がでてきたので、
いろいろなバックアップ用プラグインを見て回りました。

  • ワードプレスを構成するファイル(やフォルダ)
  • MySQL(マイエスキューエル)データベースのデータ

その結果、
たぶん、ワードプレスのバックアップ用プラグインとして
いちばん有名であろう、BackWPup(バックWPアップ)でもなく、
はたまた、UpdraftPlus(アップドラフトプラス)でもなく、
今回のぼくの場合は、最終的に、
BackUpWordPress(バックアップワードプレス)
というプラグインをつかうことにしました。

ここからは、そこにいたるまでの、
聞くも涙、語るも涙な、紆余曲折のいきさつをお話したいとおもいます。

(いやー、最終の結論にいたるまでに、ほんとうに時間がかかって大変でした(笑))
(≧ロ≦)

バックアップ用プラグインを探し求める、長い旅のはじまり・・・

ワードプレスのバックアップ用プラグインを探すにあたって、
まず、
「ワードプレス バックアップ プラグイン」
で検索をかけてみました。

その検索結果から、いくつものページを見て回りました。

その結果、どうやら、
BackWPup(バックWPアップ)というプラグインが
人気があってよくつかわれているらしいことがわかりました。

でも、いまいち確信がもてませんでした。

そこで、つぎに、
ワードプレスの公式サイトのプラグインのページで、
「backup」(バックアップ)
という単語で検索をかけてみました。

ワードプレスの公式サイトのプラグインのページ
ワードプレスの公式サイトのプラグインのページ

そうして出てきた検索結果のなかから、
ダウンロード数が飛び抜けて多いプラグインをいくつかピックアップしました。

そうしてピックアップしたプラグインは、だいたいつぎの4つです。

  • BackWPup(バックWPアップ)
  • UpdraftPlus(アップドラフトプラス)
  • BackUpWordPress(バックアップワードプレス)
  • WP-DBManager(WP-DBマネージャー)(WP-データベースマネージャー)

今回のぼくの場合は、ワードプレスのマルチサイト
(サイトのネットワーク、複数サイト)の管理画面のなかで、
ワードプレスを構成するファイル(やフォルダ)と、
MySQLデータベースのデータの、
両方のバックアップをとることができる
プラグインを探すのが目的でした。

ですので、今回は、 続きを読む


脚注
  1. BalticServers data center by Fleshas, on Wikimedia Commons)[↩ Back]

ワードプレス(WordPress)の利点(SEO、機能、商用利用無料、カスタマイズ性、デザインなどなど)

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

WordPress日本公式キャラクター「わぷー」 (*1)

どうも、倉田です。

今回は、ワードプレス(WordPress)の利点についてお話しようとおもいます。

ワードプレスは、ただ単に、ブログやウェブサイトを無料でかんたんに作成・運営できるというだけのツールではありません。

ワードプレスは、

インターネット上で情報発信をするための総合的なプラットフォーム

です。

かんたんにいえば、あなたの「情報発信基地」になるものです。

ブログをつかって本気で情報発信をするのであれば、ワードプレス以外の選択肢はあり得ないと言っても過言ではありません

ビジネスのためのブログであるにもかかわらず、アメブロやFC2ブログ、シーサーブログなどをつかっている人を見ると、本気でビジネスをやる気があるのかどうかとても心配になります。

「私はネットビジネスのプロです」と言いながら、こうしたブログをつかっている人は信用できないと、個人的にはおもいます。

もし、あなたがブログをつかって情報発信をしたいとおもっているのならワードプレス(WordPress)が最良の選択です。

このことを証明するために、ここからはワードプレスをつかうことの利点についてお話したいとおもいます。

ちなみに、ぼくは、自分でサーバーに設置するタイプのワードプレスを、2006年からずっとつかっていて、その間、ワードプレスをつかって自分のブログをつくったり、仕事でお客さんのブログやホームページをつくるためにワードプレスをつかってきました。

ここでお話することは、その7年間の経験から、ぼくが実際に肌で感じていることです。

続きを読む


脚注
  1. (ワードプレス(WordPress)の日本公式キャラクター「わぷー」[↩ Back]

なんで「ワードプレスナビゲーター」をつくったの?

By Yukinobu Kurata (倉田幸暢)

僕は、たくさんの人がもっと自由に自分の思いや考えていることを表現できるようになれば、もっと楽しい社会になると思っています。

いろいろな人が、世界に対して、自分の思いや考えていることを表現することで、その人が学んだことや、経験したこと、考えていること、おもしろいと感じたことなどを世の中に還元することができると思っています。

そうすることで、他の人のわくわくする気持ちを刺激することができ、その結果として、目を輝かせてなにかに夢中になれる人を増やすことができるのだと思います。

そして、そのような世の中は、きっと、いい世の中なのだろうと、僕は思っています。

ワードプレス(WordPress)は、文章や写真や動画や音声など、さまざまな表現方法で、自分自身を表現することができる、とても便利な道具です。

ですから、WordPressは、人々が自分が学んだことや、経験したこと、考えていること、おもしろいと感じたことなどを世界に対して情報発信していくための、心強いプラットフォームになると思います。

ちなみに、僕は、ビジネスというのは、自分を表現するための方法のひとつだと思っています。

ビジネスにたずさわっている人は、誰でも、大なり小なり、なにか世の中を良くしたいという気持ちがあるものだと思います。

そのための方法、つまり、その人がたずさわっている仕事は人それぞれですが、その人がする仕事は、その人自身を反映した、その人なりの表現だと思います。

このような理由から、「ワードプレスをビジネスのために活用する」という観点からのお話もしています。

ですが、ワードプレス(WordPress)は、決してビジネスの観点からだけ、優れているわけではありません。

ビジネス以外の分野でも、きっとあなたの思いを世界に向かって表現する手助けをしてくると思います。

初心者のためのワードプレスの使い方の入門講座である『WordPress ことはじめ』を作った理由は、いくつかあるのですが、そのなかのコアといえる部分は、ワードプレス(WordPress)を自己表現のためのプラットフォームとして使う人を増やして、もっとたくさんの人に、その人が学んだことや、経験したこと、考えていること、おもしろいと感じたことなどを発信していってほしいと思ったからなのです。

僕がWordPressをおすすめする理由をいろいろとお話してきましたが、結局のところ、本当の理由は僕がWordPressが好きだということです。

あなたにも経験があると思いますが、好きで好きでしょうがないものを、ほかの人にも紹介したくなってしまった、というのが本音のところです。

WordPressに関わっているほかの人と同じように、WordPressが大好きです。

WordPressを使い始めれば、あなたもきっとWordPressを好きになると思います。

メルマガ登録
いろんな分野のごちゃまぜメルマガ