『プラネテス』 ―人間たちの物語―

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • Pocket
  • Feedlyでブログの常連さんになる
    116

突然ですが、アニメ『プラネテス』を紹介したいと思います。

 

このアニメは、笑いあり、涙あり、シリアスありと、
アニメの域を超えたおもしろさです。

 

表題の『プラネテス』(ΠΛΑΝΗΤΕΣ、PLANETES) の意味は
古代ギリシア語で「惑う人」。
(転じて「惑星」の意味も持つ。英語で「惑星」をあらわす「planet」(プラネット)の語源)

『プラネテス』、ボルト

 

以下で紹介するURLでぜひ、実際の映像を見てみてください。

公式HPでプロモーション映像が見られます。(映像5つ)

Victor Animation Network【m-serve】- プラネテス
 オープニング曲が視聴でき、サントラの一部が聞けます。

NHKアニメワールド:プラネテス
 各回の予告ムービーが見られます。

 

ちなみに、「あらすじ」はこんなカンジです。

 時は西暦2075年。

人類は宇宙開発を推し進め、巨大な宇宙ステーションや月面都市を建設するまでになっている。

地球、ステーション、月面の間には旅客機や貨物機が行き交うようになり、人々にとって宇宙は、遠い世界ではなく日常の世界になりつつある。

 

 この時代、大きな問題となっているのは、宇宙開発にともなって発生するゴミ(デブリ)。

使われなくなった人工衛星、ステーション建造時に出た廃棄物などのデブリは、地球周回軌道上を高速でまわっている。

2068年に起きた高々度旅客機アルナイル8型とデブリの衝突事故は、多くの死傷者を出す惨事となり、デブリ問題が注目されるきっかけとなった。

 

 主人公・星野八郎太(ハチマキ)は、宇宙産業の大手・テクノーラ社の社員。

デブリ回収船トイボックスに乗り込み、仲間のフィーやユーリ、新入社員タナベとともにデブリ回収の任にあたり、そのなかで多くの人々に出会い、多くの経験をする。

 

― 惑いながらも前を向いて生きる人々の物語 ―

 

『プラネテス』、オービタルサンライズ

 

コメントを残す

(必須項目は名前とコメント内容だけです。)

コメントを投稿する前に、下の計算式の空欄を埋めて下さい。(漢数字も使われています) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このページの先頭へ